スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Pino】10-4

4「Pino」

 ここは北海道、日高山脈の中腹。 

この世に生を受けて11歳までは麓の町で育った女の娘、
名前はピノ。彼女の数奇な生き方をちょっと覗いてみましょう。  

彼女が11歳の誕生日目前、人生を左右する悲惨な事件は起きた。 

ピノを学校まで迎えに父親の運転で弟と母親を乗せて向かった、
赤信号で停車中の車に前方からダンプカーが信号を無視して追突し、
3人とも一瞬のうちにこの世を去ったのだった。 

ピノは1人残され叔母の家に預けられたが極度のいじめに遭い、
何時も1人で山遊びをするのが唯一の安らぎだった。

山でリスや狐を観察するのがピノの日課となっていた。

そんなある日、裏山でピノが遊んでいると叔母の息子のヒデタカが
薪をピノめがけ投げつけた。 

そういう行為は日常の事でピノはもう平気だったが、 
たまたまその時は側でリスがドングリを啄んでいて
ヒデタカはそのリスめがけて投げたのだった。 

ピノはその事に気が付き、とっさに薪とリスの間に分け入った。 

薪はピノの頭を直撃しピノは意識を失いその場に倒れ込んでしまった。

その様子を見たヒデタカはピノをそのまま放置し逃げ帰ってしまった。 
 
空には月が昇り山はひんやりと冷え込んでいた、倒れたままのピノは意識を
取り戻し周りを見渡した瞬間ビックリした。 

そこには狐や野ウサギ、リスやテンといった動物が、ピノの様態を
案じているかの様にピノを中心に輪を作っていた。 

そして一匹のリスが側に寄って来た。 

ピノの視線と目があった瞬間、ピノに何かを語りかける様な仕草をした。 

「君、大丈夫なの?」ピノにはリスの言葉が理解が出来た。 

ピノは「頭が少し痛い・・・」返答した。

リスは「さっきはどうもありがとう、私はあなたに助けられたリスです。
本当に感謝してます」 

「・・・あっ・・・はい・・・」 

そう答えた瞬間ピノはまた気が遠くなった。

ピノはそのまま数日間、気を失っていた。 

目が覚めたのは東の空から太陽が昇って間もない頃だった。 

身体は毛皮に包まれる様な感触があった。
 
ピノは倒れてから3日経ってから気が付いたのだった。 

自分に何が起きたのか把握出来ていなかった。 

微かに声が聞こえた。

「気が付いたの?良かった・・・」

「もう大丈夫だ!」 

「良かった!良かった!」

ピノの周りがざわついていた。 

あの時のリスが「もう大丈夫よ、元気になって良かった!」ピノは突然飛び起きた

「あっ?」

ピノを包んでいたのは熊だった。 

熊は「驚かないで!私はあなたの味方・・・」

その他にも沢山の動物達がピノの周りに群がっていた。 

「人間さん、まずは水をお飲み」鹿とリスが何かを差し出した。 

それはフキの葉を数枚重ねた器に水が入っていた。
 
ピノはいっきに飲み干した。

さっきまで不安そうな顔をしていた動物たちは一瞬で安堵の顔になった。

次に、リスや狐などの小動物が次々と木の芽や山菜を運んで来て
ピノの周りに置いていった。 

「ありがとう」ピノはお礼を言った。

「ところで・・・みんな、どうしたの?」ピノが聞いた。 

キツネが「私達はこの山に住む仲間。君がいつもあの人間にいじめられて
いるのをずーっと見ていたんだ。今回リスさんがあの人間にやられそうに
なったのを君に助けてもらったから・・・この森の仲間がお礼したくて
集まったんだ・・・」

数十匹の動物の姿がそこにあった。 

そこには熊や狸、狐などの肉食の動物も、鹿などの草食系の動物も
みんな一緒にいた。 

「私、ピノといいます。私を救ってくれて本当にありがとう・・・それと、
ここは私の家からどのくらい離れているの?」 

熊が言った「ここは人が全く来ない山の中。私の背中に乗せて一日ほど
山奥に入った所。しばらくここに居なよ」

「ありがとうございます。でも私、食べ物とか取ってこれないから・・」 

「大丈夫だよ。君達が食べてるような動物の肉は無い・・・
けど魚と野菜と木の実は沢山あるからここに居なよ」狸が言った。

ピノはこの優しい動物達としばらく暮す事にした。
 
山の生活は夜明けと同時に始まり夜更け後眠りにつく。

食事は一日一食で完全菜食。 

水は身体が欲するままに飲む。 

自然の中で生活するというのは自然に従う事が基本となる。

雨が降れば何日も洞穴で過ごす事もある。

ピノにとって一番の楽しみは渡り鳥や地方から来た鳥達との会話だった。 

その地方や土地の変わった動物や自然の話を聞くのが楽しみだった。

中でもお気に入りはアイヌ民族と動物達の共存と交流の話や 
森の妖精達と動物との交流の話し。
 
昔はアイヌ民族と動物はお互いのテルトリーが決まっていて
境界線を越える事は希だった。 

それが日本人が南から入ってきて境界の収拾がつかなくなった話や 
動物は普通に妖精達と会話をし、今も交流が当たり前のように
なされているなど、おとぎ話しのような話を聞かされた。 

ピノが基本的に思ったことは、 

妖精も動物も自然もすべての動植物は調和を保つことを原則としており、
調和が乱れることや乱されることを極端に嫌いそして恐れた。

肉食動物と草食動物の間には制約があり、食用の為の捕食は双方合意の
もとでなされていた。 

無意味な殺生は存在しなかった。 

捕食される側も合意がなされていた。

ピノはキツネにその事で質問したことがあった。

「じゃあ、何で捕食される側は逃げるの?」 

キツネは答えた「逃げるのは生命体としての本能なんだ。
解ってはいても死は怖いのさ・・・」 

「ふ~ん」 

そんな暮らしも5年が過ぎようとした頃、ピノの目に登山者の人間二人が
目に映った。 

久々の人間であった。 

自然界には実在しない色遣いの服装とリュックを久々に見た。
 
ピノに何ともいえない懐かしさが頭に蘇ってきた。 

「ねえリスさん、あれは何?」 

リスは答えた「あれは敵よ。私達の仲間を見たら殺そうとするの。
絶対、音を立てたり見つかってはいけないのよ」 

リスは説明するも、ピノは懐かしさを拭えなかった。 

ピノはリスの制止を聞かず人間のあとを追った。

登山者の二人は倒木の上で一息ついていた。

ピノが様子を伺っていたら足下の木を踏んでしまい音をたててしまった。

二人は熊か・・・と警戒しながら音の方を振り返った。 

そこには丸裸で髪の長い少女らしき姿があった。

二人は一瞬目を疑った。 

「誰だ?」ひとりが声を掛けた。 

ピノは即、走り去っていった。

町に下山した二人は警察に通報し、見たままを説明した。

その二日後には20名ほどの救助隊が結成され山に捜索に入ってきた。

捜索が入って二日目に大きいなブナの木の下にあった洞穴から
10歳前後の少女のものと見られる白骨体が発見された。 

死因は頭部損傷の疑いがあり司法解剖に回された。

死因は頭蓋骨陥没によるものと判明され被害者のDNA鑑定の結果、
行方不明のピノと断定された。 

殺人事件と見なされ、関係者の事情聴取によりヒデタカの傷害による
殺人と死体遺棄が伝えられた。

後日、関係者に発見現場の状況報告と写真が送付された。 

ピノの白骨死体の周りにはクルミやドングリなど、さまざまな木の実と
動物の毛や鳥の羽毛が散乱した写真だった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。