スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【不思議な黒石-(妖精ミルキー)】13-7


7、同窓会

12月の中頃、シリパの会に珍しい訪問者二人が顔を出した。
ケイスケと蛯子であった。

「こんにちは」ナベが出た。

「あっはい!いらっしゃいませ」 

「蛯子と申しますが、京子ちゃんおりますか?」奥から声がした。 

「蛯子かい?」 

「そうで~~す、蛯子です」

「ナベさん、今、留守って言って、帰えってもらって・・・」

聞いていた会の全員が笑った。

奥から京子が出てきた。

「なに?詐欺師蛯子、あんたが来ると良いことないからね」

「京子ちゃん相変わらずだな・・・もう時効だよ・・・」 

「何、蛯子その馴れ馴れしい態度は・・・・で、二人揃ってどうかしたの?」

ケイスケが「今度、札幌のホテルで中学校の同窓会を予定してるんだ」 

「良かったじゃない。それで?」 

「それで、京子ちゃんに幹事やってほしいんだ」 

「良いよ。但し仕事優先だからね。それでいいならここに出欠の
ハガキ集まるようにしておいてよ。あとは誰が幹事なの?」

「僕達二人とハマさんの4人」

「ハマさんか・・・懐かしいね。今、何してるのさ?」 

「結婚して小樽で美装屋さんで働いてるって」 

「そっか・・・うん、了解したよ」 


 同窓会がジャスマックプラザで開催された。総勢85名の会だった。 

ケンタと京子は雛壇に立たされ結婚を全員に祝福された。

「ありがとうございます」ケンタがお礼を言った。 

その横では京子が目を険しくして一点を視ていた。 

ケンタが「・・・どうかした?」と言いながら寄ってきた。

「ケンタ、あのマサコの左横視て」

ケンタにはすぐ意味が解った。

「あいつ確か・・・」

「そう、B組のケンジよ、間違いないわ」 

「あいつ3年前に車の事故で死んだはず・・・どうしたんだろ?

・・・いいから、ほっておこう」 

京子は渋い顔で「うん解った」

ハルミが京子の横に来た「京子ちゃんおめでとう」 

「ありがとう、近場で手を打ったわよ・・・」 

「ほんと、でもみんなはそうなるって思ってたわよ」 

「そうなんだ。ところで話し変わるけど、ハルミはB組よね。
死んだケンジとマサコって何かあったっけ?」 

「京子知らないの?あの二人結婚寸前だったらしいのよ。
それであの事故でしょ、一時はハルミ落ち込んでしまい自殺未遂までしたとか。
それ以上の詳しいこと知らないけど今日は久々に見たわよ」 

「フ~~ん」  

蛯子とケンタが近づいてきた。

「よっ京子ちゃん飲んでるかい?」 

「飲んでるわよ。詐欺師蛯子、今日はお疲れさん」 

「あんたもまともに挨拶出来るんじゃない」

「京子ちゃん、ケンタは?」ケイスケが聞いた。 

「ケンタ?知らないわよ。戻ったら何か伝えておく?」 

「いや、俺たちで探すよ」

京子はマサコの横にいるケンジがやはり気になった。

トイレにいた京子が戻ってきた。 

会場を見渡すと、なんとケンタがマサコと話しをしていた。 

その上からケンジがケンタを睨んでいた。 

ケンタ本人もその事を知っていた。 

京子が近寄った。 

ケンタが京子に向かって「ちょっとマサコちゃんと京子話してくれる?
僕トイレに行くから」

どういう訳かケンジもケンタのあとを着いていった。 

ケンタは声にならない声でケンジと話を始めた。

「なんで彼女に付きまとう?」 

「マサコは俺の嫁だ。俺が何しようがオメエに関係ねえ」 

「そうはいかない。マサコちゃん苦しんでるぞ。解放してやれよ」 

「オメエに関係ねえ」 

「ケンジは死んだんだ。マサコちゃんと住む世界が違うんだ。
冷静に思いだしてみろよ」

「おれはこうしてここにいる。それにしてもお前誰だ?うるせえ野郎だな」 

「俺はお前のこと知ってるぞ。ケンジって言うんだよ」 

「ケンジ?ケンジ?どっかで聞いたことある・・・?けど関係ねえ」

ケンタはポケットから石を出した。

石は急に光り始めた。

ケンジは何かを思い出したようにじっとしていた。 

そして突然柔和な顔になり自分のガイドと消えた。

ケンタに「ありがとう」と伝わってきた。 

ケンタが会場に戻ると京子とマサコがにこやかに話していた。 

京子が「お疲れさん。マサコのガイドから聞いたわ、お礼言われたわよ。
マサコも急に顔色が良くなったわ」

会場内では蛯子が酒を飲み過ぎたらしく鼻水を垂らし寝ていた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。