スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【HisaeとSizu】10-5

5.「SizuとHisae」

 Sizuは毎日Hisaeの家に遊びに来るようになっていた。

「姉さんSizu来た・・・のだ」

「ハイどうぞ」Hisaeはオートロックを解除した。


 「Sizuあんたに、この部屋の鍵預けるよだから今度から黙って
入っていいからね。私が留守の時でも勝手に部屋に入っていいよ」

手の渡されたルームキーを見てSizuは嬉しそうにじっと見て
そして呟いた「な・の・だ・・・」

HisaeはSizuに妹のような感覚を覚えた。
Sizuも姉のように慕っていた。


 Hisaeが部屋に籠もって執筆している時は、Sizuが部屋掃除を
するか好きな絵を描くか、なにかをキーボードで打ち込んでいた。

「Sizu今日はヘアーサロンに行こう、KOHEIっていう男の子を
からかいに行こう。決定」

「決定・・・なのだ」

二人はヘアーサロンKONAにいた。

「Hisaeさんいらっしゃいませ。お久しぶりでした」

「こんにちわは、KOHEI。この娘Sizuちゃん。今日はあんたが
やってちょうだい。いいかい綺麗に可愛くネ・・・頼んだよ」

「はいお任せ下さい。こちらにどうぞ」

「??なのだ・・・」

「はい???」

「Sizuちゃんは天才なの、少し寡黙なんだ。だから話しかけないで
ほっといてやって」

「どのような感じにしたいのかと思って・・・」

Hisaeが「Sizuどんな頭にしたいの?」

Sizuが壁の写真を指を差して言った「あれ・・・」

指の先にあったのはモヒカン頭のモデルの写真だった。

「Hisaeさん、ああ言ってますけど宜しいので?」

「チョット待って。Sizuこんな頭にしたいのかい?」

「したいのだ・・・」

「う・・・さすがにモヒカンは・・あんたの場合は親の承認を
もらわないと・・う~~・・・・困った」

KOHEIは初めてHisaeの困惑している顔を見て、うっすらとにやけていた。

「KOHEIなに見てんのよ・・・」

「Sizuその頭は今度にしようよ。お前は就職活動中だからその頭は
チョットまずいかも・・・面接にいった会社の人ビックリするべ・・・」

Sizuが次に選んだのが黒柳徹子風の写真だった。

「KOHEIなんでこんな写真ばっか置いてあるのよ。ここはモデルさん
御用達の店なのかい・・・たくもう?変な写真撤去・撤去。普通の写真集ちょうだい」

「この中からどうぞ」KOHEIがSizuに渡したのはストレート
ヘアーの写真集だった。

「これなのだ・・・」次に選んだのは写真の中では地味な感じだった。

Hisaeは「これが好いのかい?」

「なのだ・・」

「じゃ、KOHEIこれで頼む」

KOHEIが「本当にこれで好いですか?」

「なにが??」

「後ろ借り上げですよ」

「な~~に。KOHEIてめ・・・俺を舐めてるのか・・・」

Sizuが「舐めてる舐めてる」大はしゃぎしていた。

結局スタイルが決まるまで一時間を要し、決まったのがHisae風
カットで二人は双子の姉妹のようになった。

「なんで私がSizuと同じカットなのよ・・・」

「これで・・・いいのだ」Sizuは大満足だった。


 後日、Hisaeは仕事で寝たのが早朝のためSizuが来ても
熟睡状態で目が醒めたら昼の2時を廻っていた。

「おう、Sizu来てた・・・」

「昼グワン(昼ご飯)作ったのだ」

「いつもありがとうね、助かるよ」

「助かるのだ・・・」

Sizuはここに通うようになってから料理や洗濯・掃除と何でも
こなすようになってきた。

Hisaeに誉めてもらうのがSizuは嬉しかった。

「Sizu今日も忙しいから相手してあげられないのよごめんね。
もう少しで終わるからそしたらエバのところに行こうか?」

「うん、エバ姉ちゃん兄ちゃんって行く」

「姉ちゃん兄ちゃんか??あんた上手いこと言うね」


 Hisaeはリビングにある古いノートパソコンに電源が
入っているのを見た。何気なくフタを開けてみた。

「何々??・・・・」しばらく見入ってしまった。

「なに?これ・・・?」

そこに書いてあった文章はSizuが書いたであろう小説だった。

なぜなら句読点が全くなく、です、ます、なのだ、の文章の
言い回しがSizuそのものだったからだ。

原稿用紙で訳約100枚程度のものだった。短編小説で3章形式と、
書き出しのが一章あった。

内容はSizuの目線から見た社会の動きを交えたファミリー小説っぽい
ものと。宮沢賢治が書くようなメルヘンチックな動物の物語と、
抽象的なHisaeでも形容しがたい世界の小説になっていた。

どれも句読点や構成がデタラメだけどそこがSizuらしい表現に思えた。

「Sizuこれあんたが書いたのかい?」

無言で首を縦に振った。

「どうしてこれ書こうと思ったの?」当然の疑問だった。

普段Sizuが話す会話は要点だけで、断片的であり会話として
成り立っていないのに、小説ではしっかりと形容詞も心理描写も交えた
会話になっていたからだ。

そして、なによりも驚いたのは、絶対にSizuが見たことがないで
あろう明治・大正・昭和の背景や当時の人の意識も書かれていたことだった。

何故なら、Sizuはテレビを見ていてもドラマやニュースなど
まったく興味を示さないし、動物が出る番組以外はまったく興味を
示さないからだった。当然本も読まない。

「姉さんが書いてるから・・・Sizuも書くのだ・・・」

もしかして、Sizuは感能力がずば抜けてるから、私のやり方に感応してる・・・?

とりあえず私の仕事を済ませたらエバに相談してこよう。


 数日後、二人は池袋のオネェの髭にやってきた。

「いらっしゃいませ~~」

Sizuが「エバ姉さん兄ちゃん~~~」

すかさず男の声で「兄ちゃんは付けなくていいから」エバが言った。

Sizuも低い声で「兄さん付けなくて好いから」店に居た全員が笑った。

Hisaeはエバに感応能力のことを話した。

「姉さん、Sizuは私達の知らない能力がもっとあるかも知れない。
チャネリングだって出来るはずよ。チャネリングで小説執筆させたらどう?」

「チャネリングか・・・・面白そう。アイデアは私が考えるとして
それをどう伝えるかよね・・・とにかく初めての事だからとりあえずやってみようかね」

「カラオケベートーベン第9」をリクエストした。

Sizuと言えば第9よね。


 それから二人は飲んで歌って店をあとにした。

「まだ10時か・・・Sizuお前の家に電話しろ。今日は姉さんの
ところにお泊まりしますって言いな。なんか言ったら私と替われ」

Sizuが「お母さん、今日姉さんが泊まれって言うのだ。
良いですか?・・・・・・はい、変わるのだ」

「もしもしHisaeですご無沙汰してます。今晩うちに
泊めますので・・・はい失礼します」

電話を切って「良いのだ。良いのだ」Sizuは嬉しい時に言葉を
二度繰り返す癖があった。

「さっ、今度は下北沢で飲むぞ・・・」

「ワーイ・・・飲むぞ、飲むぞ」

二人は下北沢のスナックに入っていった。


 翌朝「Sizuおはよ???あれ??いない??」

家の中からSizuが消えていた。

時計に目をやった。

まだ、8時じゃない、あいつ何処行った?

とりあえずSizuの携帯に電話した。

「只今電話の出来ない地域に・・・」

???何処行った???

その時ドアの鍵の音がした。

「姉さんおはようなのだ・・・」

「Sizu何処行ってたの?」

「スズメのご飯買ってきた」言い終えるとコンビニの袋から米を出した。

「そっかい・・スズメね・・・分ったよ。でも、なんで急にスズメの餌なの?」

「お腹空いたって言うのだ」

「うん、分った。質問した私が間違ってた。どうぞ、餌やってください」

二人は朝食を終えてひと息ついた。

「ところでさ、あんたもなんか書いてみない?例えば・・・スズメの
学校なんてどう?スズメはいつも群れて生活してるよね。 
その中には私みたいな変わったスズメがいるかもしれない。
そのスズメの物語なんてどう?」

「Sizuスズメさん好き・・・書くのだ」

「分った。じゃあ、そこのパソコン使っていいから書いてみなよ。
バックアップの取り方は分るかい?」

「分るのだ」

「そっかい、じゃあ書いてみな」

Sizuは食卓にパソコンを乗せて向き合った。

ここから、奇才Sizuちゃんの小説活動が始まった。

<スズメの学校>
スズメの学校に通う一羽のミミというスズメの物語。
ミミは、みんなと同じ事をするのが苦手なタイプ。
ある日、学校でお遊戯の時間に突然空からハヤブサが群れを
めがけて急降下してきました。

スズメたちは一斉に避難しました。
が、ミミだけは逃げ出さずにその場にジッとしていました。
ハヤブサは鋭い爪をミミに向けて飛びかかってきました。

ミミはたじろぎもせずに「どうぞ・・・食べて」そう言ってその場に
羽を広げて立っていました。

それを見たハヤブサはなにを思ったか、急にミミの前に舞い降りて、
威厳ある声で「お前はなんで逃げない」と聞いてきました。

ミミは「どうぞ食べて下さい」

「お前は私が怖くないのか?」

「怖いです。でも私はいいの。どうぞ食べて下さい」

ハヤブサはこんなスズメと会ったのは初めての経験

逃げまどう動物には本能が反応するけど、ジッと死を待つ動物には
会ったことがないし、なにか拍子抜けする。

「なんで?逃げない?」

「私が逃げたら、あなたは他のスズメを狙うでしょ?」

「当たり前だ・・・」

「だったら私をどうぞ・・・」

「だから・・・そこが分らないのだ。お前は確実に死ぬんだぞ。
お前の、父さん母さんや兄弟と会えなくなるんだぞ、それでもいいのか?」

「しかたありません。さぁ早く、私を食べて下さい」

「お前は頭がおかしいぞ。又来るからその時は食ってやる」

そう言い残してハヤブサは、大空めがけて飛び去って行きました。

遠くから見ていたお父さんスズメがミミに近寄てきて言った。

「ミミ、お前はどうして逃げなかった?」

「もし、殺されたらそれもミミの人生だもの。それに、みんなと
お遊戯して遊ぶのつまんないもん」

「なに言ってる。我々は昔からいやこの先もずっとこうやって生きるんだ。
それがスズメというものなんだ」


「だから、分らないの?ミミはもっと違うところを見てみたいぞ。
みんなと同じ事したくないの・・・ごめんなさいぞ」

そう言い残してミミは大空に飛んでいきました。ここからスズメの
ミミの物語が始まります。


 Hisaeが1時間程度で見に来た。

「Sizu書いてるかい?」

Sizuは真剣にパソコンに向ったまま返事もしなかった。

Hisaeは後ろに回りモニターを覗いた。

この娘ったらちゃんと文章になってるし句読点も打ち始めてる。
これってどういうこと?・・・Sizuのチャネリング能力は凄い。

これを書けるのにキーボードから手を離すといつもの「なのだネェチャン」
に戻るんだからなんだろうね??


 Hisaeが「Sizu今日お泊まりしなよ。吉祥寺に連れてってあげるから。
家に電話しな・・・」

「吉祥寺ですか?」

「うん吉祥寺だ」

「吉祥寺にエバ姉さんいますか?」

「今日はエバはいないけど花子姉さんがおります」

「花子??」

「そう花子姉さんです」

原稿料が振り込まれると、二人で食事に出かけることがすっかり習慣となった。

「今日はホームレス花子っていう友達に会いに行くよ。
三人で酒を飲むべし・・・」

「花子・花子・花子・・・なのだ」

「お前は九官鳥か?」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。