スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【HisaeとSizu】10-1


1.「チャネリング小説家」

 私は、請負小説家Hisaeです。但しこれは表の顔。

実はもうひとつ仕事をやってるの・・・聞きたい?

えっ・・・別に聞かなくていいですって???

なんで?・・・興味ないの?

どっちでもいい

ねぇ・・・そんなこと言わないで聞いてみたら?

・・・やっぱ、どちらでもいい

そこまで話したら話さないわけにいかないわね・・・

だから、どっちでもいい

いや、話す・・・話させてちょうだい。聞いてちょうだい。

だから、どっちでもいいですって。Hisaeさんしつこい。

わかった・・・お願い聞いてやって下さい。

じゃぁどうぞ。


 私は、裏の仕事もしてるの。

それ・・さっき聞いた

あっ・・・わかった・・・ごめん。話しには勢いというか
話し始めが肝心だから・・・そこんところよろしく。

その裏の仕事とは・・・チャネリング小説なの。

チャネリング小説っていうのは私の造語なんだけど・・・
小説請負人っていうのは依頼者の要望に添って書くのが原則。

チャネリング小説は、チャネリングして執筆するの。どう?

そのまんまでしょっ・・・

まぁ・まぁ・・・そう焦らないで聞いてちょうだい。

焦ってないけど・・・

そうよね・・・わかった。ゴメン・・・説明する。

依頼者がやってみたい職業や、思い描いた人生など心にあるものは
パラレルワールドの自分が既にやっている場合が多いの。

それを、私がパラレルのもう一人の依頼者にチャネリングして人生や
生き方を小説風に書くの。

それがHisae流チャネリング小説。

だからフィクションなんだけど・・・本当はパラレル・ワールド
ではノンフィクションなの。わかる?

わからないけど・・・

う~~ん、架空の物語として書いてるけど本当は実話なのよ。パラレル
ワールドのもう一人の自分の生活を出来るだけ忠実に書いてるから。

その辺がわかりにくい・・・

う~~ん・・パラレル・ワールドってわかるよね?

その世界の依頼者の事を小説風に私が書くの。

どういう風に・・・?

チャネリングよ。

長い人生をチャネリングするって大変では?・・・

気を遣っていただいてありがとう。

でも、チャネリングっていうのは基本的に時間が存在しないもの。
全てが瞬間たえず今しかないの。

パラレの自分の性格はどんなんかな?と思った瞬間、刹那的に
性格がわかる。

時間が存在しないってそういうことなの。

いつも今しかないのよ。

時間だけじゃなく当然距離も存在しない。

それがチャネリングの世界なの。もっというと、チャネリングという
概念も本当は無い。チャネリングをするという私と、される相手とは
チャネリングをした段階で二元性から一元性に統一されてしまうのね
だからチャネリングという相対性の概念は本来、無い。
それは究極だけど、でもそれが真実なの。わかってもらえた?

・・・めんどくさい

そっかぁ・・・忘れてちょうだい。

早い話が、依頼者のもうひとつの世界の依頼者に重なって、
その人の人生を小説にするの。

それ、わかりやすい。

・・・・・・Hisaeに沈黙した。

あのね、名前は云えないけどこんな依頼があったのよ。聞く?

聞きたい・・・

今度は素直ね・・・じゃぁ話す。


 Sさんという方から一通のメールが届いたの。その内容は・・・

Hisaeさんのブログ見ました。
私も依頼したいのですがチョット普通と違うので、
先に確認したいと思いメールを差し上げました。

私、パラレルセルフの小説を書いて欲しいんです。

パラレの私は何をやってるのか、興味があるんです。
とても知りたいです・・・

そういう文面だったのね。私も初めての事だったから、正直、
不安だった。私に出来るんだろうかって・・・で、こんなメールを返したの。

 パラレルの小説は正直、経験ありません・・・でも挑戦してみたい
気持ちはあります。もしよろしければSさんの写真と自分がなってみたい
職業なり表現したい自分を感じてみて下さい。まとまったら簡単な
文章にしてメール下さい。

 Sさんのパラレル・セルフにチャネリングして、私が実際に視てきます。
それをあらすじにしてメールしますから、それで好ければご依頼ください。

追伸 写真は私が依頼者にリアルに重なる為、重要なアイテムです。
出来れば添付して下さい。ってね。 

そしたら返信があったの。

内容は子供の頃から芸術が好きで、自分でも色々な作品を作っていました。
でも実際は生活に追われ芸術とは遠い世界におります。

なのでパラレセルフに、それを職業としてやってる自分がいたら是非、
チャネリングして欲しいんです。

そこまでいわれたら、私もチョット本気になっちゃってさ・・・

行きつけの美容室に行ってカットしてもらい、風呂入って身を清め、
パソコンの前に座って写真に集中してみた。

5分くらい集中したら、視えた!もう一人のSさんが。

ここからは、Sさんに送ったあらすじをそのまま伝えます。


あらすじ

 ここは長崎県佐世保市、主人公のSは子供の頃から手先が器用で、
高校在学中、美術部所属の彼女はある作品を文部科学省主催のアート
コンクールに応募しました。

作品は人間の潜在意識から湧出してくるワクワク感をイメージした
木の3次元造形と、絵の2次元的平面空間を融合させた作品。

これが文部科学大臣賞に入選した。それを期に将来芸術の分野で働こうと
意を決し上京。

美大では絵に描いたような貧しい生活。

同じ大学生でも綺麗な服を着て遊びほうけるようなお坊ちゃん生徒と違い、
Sは少ない仕送りで質素な生活をし、アルバイトで稼いだ少ないお金で、
アクリルペンやその他諸々の芸術に必要な工具や材料を工面するという
貧困な生活を続けた。

そんな彼女が大学を卒業し就職したのは某大手デザイン会社。

入社前からこのような大手の会社は企業受けする仕事専門になるから、
自分の目指すものとは違うと云う事は承知の上で入社した。


 父母に世話になった手前入社はしてみたが、やはり納得いかず3年で
依願退社してしまう。

自分の目指す世界を突き詰めてみたい一心からの行動だった。

退社してからは出来るだけ出費を抑えた生活が5年ほど続いた。
生活は苦しかったが楽しく充実した日々。結果的にその5年間が今後の
基礎をつくる事に繫がった。

ある時、御茶ノ水駅前のカフェでコーヒーを飲んでいたら声を掛けられた。

「君、Sさんだよね・・・」その声の主は以前勤めていた大手会社の同僚だった。
話しから彼は規格デザイン室のチーフに抜擢され、ひとつの大きな
プロジェクトを任されているとのこと。

そしてSの独創的な発想を認めていた彼は、そのプロジェクトに使う
あるデザインを発注してきた。そのデザインが採用になれば今後も
継続して取引したいという申し出である。

それは大成功をおさめその会社から引き続き仕事が入るようになり、
やがて全てが順調に運び、日本はおろかアメリカからもオファーが入
るようになり、原宿にアトリエを設け夢が叶う事となった。

順風満帆の日々が10年ほど続いた。

そんなある日Sのもとに一通のメールが舞い込んだ。

「拝啓 S様 私は以前からSさんの作品のファンです。
あなたの斬新で革新的なデザインを楽しく拝見しております。

私事で恐縮ですが先日主治医から癌の告知を受け、余命3ヶ月から
6ヶ月との診断を下されました。

そこでSさんへの仕事の依頼なんですが、私のお墓の制作をお任せしたく、
メールいたしました」

Sにとって墓のデザインは初めてだった。

そこからSの人生が一変する出来事に出くわすことになる。 以上
                       

 Hisaeは話しを止めた。

まっ、こんなあらすじを提出したわけよ。

そんな細かいことまでわかるの?

そこまではわからない。わかるのはSのパラレルセルフの一人に、
長崎生まれで高校時代になんかの作品展で賞をもらいそれが切っ掛けで
上京した子がいるの。

そして、初めに勤めた会社を辞めて独立しまあまあ成功した。

この辺までとその心の動きはわかるの。

あと具体的にはピンポイントでチャネリングしないとわからない。
チャネリング能力の限界ってやつかもね。

パラレル小説ではそこに脚色しないと作品にはならないの。

音楽でもアレンジが欠かせないでしょ?・・・同じ理屈よ。

いくら私でも他人のパラレル・ワールドを映画やTVドラマ
を見るようにハッキリとは表現出来ないわ。

そのまま書いたんじゃ全然味気ないよ。

だから私のような人間が必要なのね・・・きっと。

霊界を視たり、ガイドやハイアーセルフとの会話なんて本当に素朴よ。

こう思ったとかああだろう・・・なんて人間的な言葉遣いや感情移入なんて無いから。

聞いたら答えるけど答え方は簡単明瞭。

だろうとか、かも知れないとか、そう思う・・・なんていう曖昧な言葉は使わない。

チャネリングは電話同士の会話とそこがまったく違う。早い話し要点だけなの。

TVに出るような事細かに話す霊能者さんって、事実を大げさに
脚色してるかデタラメかもよ・・・

あるいは力ある制作ディレクターからの指示ね。

早い話し、やらせかも・・・これはここだけの話しよ。
目に見えない世界を操る人はインチキか狂言者か妄想癖人間が多いの。
残念だけど・・・くれぐれも他言しないでね。

Hisaeさんはどうなの? 

当然、狂言者って言われたら反論できないよ。だって実証出来ないもの。
だから霊能者やチャネラーって言われるの苦手なのよ・・・

じゃぁ何て呼ぶかって・・・?

うんっ??・・・感応能力者かな?

人間ラジオか人間チューナーかしら?

なんでもいいけどね。

話し長くなったけど、わかってもらえたの?

わかりました、デタラメって事でしょ?

てめぇぶっ飛ばすぞ!顔貸せ!表に出ろ、オラ!!


Hisaeは心落ち着けた。ふと我に返り・・・

で・・??今のあいつ誰??何処から入ってきたの?

なに?今の??もしかして私は病気か??

気持ち悪いから風呂入って屁こいて寝よっと。

南無阿弥陀仏・南無妙法蓮華教・南無大師遍照金剛
アーメンそーめんチャーシューめんってね・・・チョット古いか・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。