スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Akemi(ハーデス観光)】全10-9

9「意識変化とハーデス越え」

社長と山田は第4ハーデスに移行した。

「山田さん多少馴れるのに時間が掛かりますがすぐ馴れますから」

「さて、お二人の所を視てきましょう。但し、お二人が一緒とは
かぎりません。このハーデスは意識の合う者同士が一緒に住むところ。

そこが一番落ち着くからです。その意識とはもともと個人に備わってる
意識の事をいいます。たとえそれが親子であっても意識が違う、つまり
波長が合わないと一緒に暮らすには窮屈というか落ち着かないんです。

ずばり親子関係は肉体だけの関係。我々の住む世界限定の関係を言います。
奥様や娘さんは、肉体として縁ある関係です」

「また、さっきみたいに『あんた誰?』みたいになるだか?」

「いえ、それはありません。ここでは生まれる以前の前世もすべて
把握しておりますから、そういった心配はありません。

でも、今は子供でも妻でもありません。みんな対等な魂ですから、絶対に
上から目線の話し方はしないで下さい。

言い方を変えると、今現在は肉体のある山田様の意識レベルの方が下です。
それが嫌ならこのまま身体に戻りましょう。コマを回すと戻れます」

「社長さん、ここまで来たら視てみたいですだ・・・」

「では、娘さんの意識を念じて下さい」


 次の瞬間小さな集落に出た。ここは花が咲き乱れて動物たちがのどかに
遊んでいる。その横では人が農作業をしていた。

「なんか、のどかで良い感じだな、空気も花の香りで心地良いな」

「ここは俗に云う天国に当たります」

「これが天国か・・・いいな~~」

「山田様、あちらに視える女性風の方が紗英さんだった魂ですよ」

「なに言ってるだ。さっき社長さん娘と会った時視たんべよ。
娘はまだセーラー服着てたべ。その目で視たべ・・・」

「もうひとつ説明します。魂は年齢というものが無いのです。
年齢という概念は肉体があった時だけのはなし。ここは肉体がないから
年齢というものが無いのです」

「な~~るほどね。なんか俺わからねえだ・・・」

「いいです、とりあえずあの人の前に行ってみましょう」

瞬間二人は移動した。

「こんにちわ」社長が意識を飛ばした。

「こんにちわ。そのせつはお世話になりました」

「お父さんをお連れしました」

山田を視て「人間世界では大変の世話になりました。ありがとう
ございました。おかげで楽しい人間生活を送りました」

「あんた・・・紗英だか?」

「はい、人間界では紗英という名前でした」

「人間界っておめぇ、そんな他人行儀な・・・」

「名前は必要ないのです」

「なんか、さっきと別人だな~~や。紗英じゃねぇみてぇだな」

社長が「情の絡みは人間界だけです」

「ほんだかね?・・・オラおっかぁのとこ行くべか・・・」

「よろしいですけど、娘さんに挨拶されて下さい」

「わがった、紗英・・父さんは帰るからな。俺が死んだらまた会おうな・・・
それまでお別れだ。達者でな・・・??達者も変だか??」」

「ありがとうございました。また会える日を楽しみにしてます」

 社長と山田は移動した。

次に向った世界は高い山の頂にある集落だった。

「ここが奥様の選んだところです。さっきと同じように情のような
ものは無いかも知れません。情は人間特有の感情だからです。
奥さんと会われますか?」

「はい・・・ここまで来たらあっ会います」不安そうに返事をした。

そこは山小屋のたくさん建ち並ぶ別荘地のようなところだった。

「あそこで犬とお話しいてるのが奥様だった方です」

「おっかぁ」山田が意識を掛けた。

「はい・・・山田さん?」

凄く若くて綺麗な装いだった。

「???・・・悦子???」

「そのせつはお世話になりました」

「悦子おめぇ若くなって綺麗になったな。眩しいくらいだ」

「あなたもここに来たらそうなりますよ。自分の意識の世界だから、
自分にあった顔かたちが表現できるの」

「そんなもんだかねぇ・・・なんか・・・味けねぇべ」

「楽しいのよ、全ての動物と話が出来て。夜がないからず~~と
楽しんでられるの。あっごめんなさい、人間の時の記憶が薄れていくの」

「うん、楽しいならそれが良いやね。オラもそのうち来っから
そん時は案内してけれや。悦子世話になったな・・・
社長さんもう帰してけろ。もうオラ帰りたいてぇだよ・・・」

山田の期待は裏切られた。もっと喜んで迎えてくれることを
期待していただけに、落胆が大きかった。

「はい、戻りますからコマを回して下さい」


 「はい、お疲れ様でした。どうでしたか?」理恵の声だった。

社長が「理恵さん、山田さんのケア頼みますね。第3から第4にそのまま移行したの。
例の結末だったの」

「はい、解りました」

理恵が「山田さん、大丈夫ですか?聞こえますか?」

「おう、だいじょ~~ぶだ~~~」

「あんたは志村けんか?」

「姉さんどうもお世話無いなりましただ、おかげで吹っ切れました」

「そうですか。お役に立てて良かったです」

「姉さんにひとつ聞きたいことあるんだけんども・・・」

「?・・・私の解ることでしたらなんなりと」

「今、第4ハーデスに行って、二人と会って来たんだけんども。
あの二人は成仏してるんだよな」

「はい、そうです」

「じゃぁ、仏壇にお詣りしたりって必要あるのけ?なんか意味あるだか?」

「そうですよね、心の問題だからハッキリ言えませんけど。
私の場合は拝むという行為は一切しません。人間より境涯が上の魂に
なんにも言うことありませんから。なにを言って良いのかも解りません」

「そうだよな・・・オラ帰ったらそういう物お寺に預けて処分するだ。
あんな幸せそうな二人視てたらそう思っただ。逆に向こうがオラに向って
供養して欲しいくらいだ・・・」

「山田様、素敵です。分ってもらえたんですね」

「あれを視て考え変えなかったらどうかしてるべさ・・・」

山田は高橋社長にも丁寧に礼を言って会社を出て行った。


 社長が「今日は気になることがあるからミーティングします。
理恵さんみんなに声かけておいてね。お願い」

「はい、解りました」

社長室に集合した。

「今日、一日ご苦労様でした。急に集まってもらったのは、
今日のお客様のことで気になったことがあったの。

奥さんと娘さんを3.11の時に津波で亡くされたの、それで
何処かでうちのこと聞きつけて青森から来たお客様なの。

ハーデスには興味ないの、目的は奥さんと子供さんに未練があって
会いたいだけなの。いつもは断ってるケースなんだけど、

今日はどうしたことかそのお客さん青森訛りで、私も死んだ婆さんが青森でね、
訛りが懐かしくってつい受けてしまったの。

私が添乗したんだけどね、二人は第3ハーデスにいたのよ。そして案内したのね、
3人が話してるうちに奥さんと娘さんが気付いて、目の前で第4に移行したの。

そこまでは良かったんだけれど。

お客様、今度は第4に生きたいということで私も簡単に請負ったの。
あまり深く考えなかったの。

第4は別々の集団に別れてたの普通のことなんだけど。お客さんが
コンタクトとった時娘さんが『あんた誰?』ってなったの。

奥さんもそうなんだけど、数時間前の事なんだけど二人には遠い記憶に
変わってたの。そのお客さんはすっかり落胆してしまったの。

そして理恵に仏壇とかもう必要ないから処分するまで言ってたらしいの。
これからもありえる事なんだけど、みんなで決めたいのは二つあるの。

一つ目は、今後このようなケースにどう対応したらいいのか。

二つ目は、今回は第3だったけど、意識体も身内の話だと多少聞く
耳をもつのかもしれないの。聞いたら必ず上に移行できると確信してるの
前回も無関係の女の子が移行したのを視てるの。案外そんなに難しくないの。

この二点に絞って協議して欲しいの 以上です」

水上が「一つ目の場合、今日は上手くいったケースですけど第1なんて
全く自信ありません。というか人の話し全然聞きません。
だから私は今のままで良いと考えます」

理恵が「確かに第1と第2は聞く耳をもたないですけど、第3はまだ
可能性があるかもしれません。だから第3は場合によっては良いかと」

真智子が「もし請負うと言うことになったら、なんかその辺の祈祷師と
同じというか・・・考えがまだまとまりません」

社長が「確かにそれだけでこられても困るよね・・・うん。

ごめん、この提案は撤回今まで通り原則禁止。決定

じゃぁ、二つ目も原則として禁止。あとはケースバイケース
ということで・・・ということでこの後みんなで、焼き肉食べに行こうか」

全員「さんせ~~~い」

 それから数日後青森の山田さんから手紙が届いた。

「拝啓、高橋社長様 先日はありがとうございました。
おかげで二人の成仏をこの目でみられて良かったと思っています。
行くまで半信半疑でした。これで思い残すことありません。
残りの人生は神様の決めた定めに従い生きていきます。

一緒にリンゴも送りました皆さんでお召し上がり下さい。
今度お金が貯まったらお釈迦様とキリストさんに会いたいと思います。
その日を励みに頑張ります。 山田秀樹」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。