スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【不思議な黒石-(Kyoko)】全12-12完結

12、ケンタ危篤

 ケンタと京子が打合せをしていた「それじゃあ、そう言うことで京子ちゃん
頼むね、それと話があるんだけど、まだ時間ある?」

「なに?結婚の申込なら順番待ちだよ。ケンタは4番目になるけど何?」

「僕もさ、旅に出ようかと考えてるんだよね・・・一年ぐらい」

「で、何やるの?」

「沖縄辺りに住んでみようかなって思うんだ」

「なぜ、沖縄なの?」 

「沖縄で誰かが待ってそうな感じがするんだ。人生に関係する人がね」

「なに・・・それってケンタの嫁さんてこと?」 

「まだ解らない。嫁さんなのか?魂の兄弟なのか?なんのか?」

「じゃあ、会う為だけに沖縄へ?」

「そうとも云える」 

「ふ~~ん。解ったけど必ず戻ってね。約束だよ」


 それから3ヶ月後ケンタは那覇市の隣町浦添市にいた。

12月、札幌の街は師走の忙しい時期に入りどこの家庭もせわしなく動き廻っていた。 

そんな年の瀬の12月の23日の事だった。

京子に電話が入った。

京子の母親だった「京子、聞いた?ケンタくんの事」 

「イヤ、何がさ?」 

「ケンタくんが那覇市内でトラブルに巻き込まれ、拳銃で撃たれて
意識不明の重体なんだって・・・」

「ごめん、母さんもう一度言って?」 

「詳しくは知らないけど、那覇の酒場で口論になり地元の不良っぽい青年三人に
絡まれ、ピストルで撃たれたらしいの。それ以上のことは知らないけど」 

「母さん連絡ありがとう。取り合えあえず電話切るね」 

京子はテーブルに伏した。

それを見ていたマチコママが事の重要性を察し「京子ちゃん何があったの?」

京子は目を赤く潤ませながら「ケンタが那覇で青年三人に絡まれピストルで
撃たれ重体らしいの」

ママも青ざめた。 

京子が言った「ママ、ケンタが重体だって言うから会のメンバー全員に指令を出しましょ。

ケンタはまだ逝くのは早いはずなの。だからケンタの意識に繋がりこの世界に
止まるように語りかけたいの。・・・ママどう?」 

「京子ちゃんよく思いついたわね。そうよね。それがいいわ」

一斉に伝言が関係者80人に伝わった。

『ケンタにパワーを一人でも多く送ってほしい。ケンタの意識が戻るまで
続けて欲しい』という内容だった。
 
「ママ、メメちゃん、ナベくん。私、このまま沖縄に飛ぶから
後の事はお願いします。会員さんの支持は任せます」

京子はそのまま飛行機に乗った。 

どこをどう乗り継いで、今どこを飛んでいるのかのか自分でも定かでない。

飛行機の中で突然「京子ちゃん、僕ケンタだけど」ケンタの意識が京子の
意識にコンタクトをとってきた。

「ケンタ?ケンタなの?大丈夫?」 

「身体の機能がダメみたい」

「私より先に逝ちゃあ駄目!承知しない!絶対ダメだから・・・」

「どうかな?」 

「なに言ってるの。今、飛行機の中なの。あと1時間位で着くから。
私の持ってるエネルギーとシリパの会、90名のエネルギーを、直接ケンタの
肉体に送るから待ってな。絶対回復させてあげる」

京子はママにメールした

「ケンタが語りかけてきた。ケンタの意識は良好です。

でも、肉体が今ひとつ良くないみたい。 

今から2時間後の16時ちょうどにケンタの肉体が回復するように
全員同時にパワーを私に送って下さい。
 
そして私がそのパワーを集約し、一気に直接ケンタに照射します。
みんなのパワーを私に送ること・・・

出来れば強制してほしい。ママお願いケンタを助けて・・・」

京子の悲痛な叫びの文面だった。 

ママがメメにそのメールを見せた。 

ママもメメも泣いた。事務所に集まった会員さん35人も泣いていた。

各々が2時間後に備えて瞑想していた。

16時10分前になった。

ママが口を開いた「さあ、皆さん時間。ケンタくんを救うためパワーを
京子ちゃんに集中して送ってちょうだい。

京子ちゃんが直接ケンタくんの身体にそのパワーを届けるから。
 
私からもお願いします。ケンタくんを救ってちょうだいお願い!始め!」

無言の1時間が過ぎた頃、突然薄暗くしていた部屋にどこからか光が
入ってきた。

会員のひとりが「もしかして今のケンタさんでは?意識が戻ったのかな?」
静寂が途切れた。

京子からママに電話が入った。

「今、ケンタが永眠しました・・・みんな、どうもありがとう。
これからケンタの魂を送るから、私の携帯は繋がらないの・・・
みんなによろしく・・お礼を言ってください・・・」
 
メメが「みなさん、ケンタくんが残念ながら永眠されました・・・・」

「みなさんご苦労様でした。忙しいところ突然ありがとう
ございました。後のことは追ってメールで知らせます」 

会員のひとりが「マチコママ、シリパの会での見送りだとかしませんか?」 

「ごめん、今、私も何も考えられないの。あとにしてちょうだい・・・」

余市の家族はまだ病院に着いていなかった。

京子はケンタと二人霊安室にいた。 

『京子ちゃん、京子ちゃん』

ケンタの意識が京子に話しかけてきた。

「何よ、勝手に逝ってしまって・・・」

『まだ逝ってない。みんなのパワーのおかげで肉体が復活しそうだ。
足の親指と人差し指の付け根を触ってみて』 

京子はケンタの白くなった足に指を当てた。

なんと!親指と人差し指の間に微かだが脈が確認された。

京子は看護師を呼んで脈をとらせた。 

「先生を呼んできます・・・」そう言いながら急いで部屋を出て行った。 

ケンタの身体は処置室に戻された。 

その時、ケンタの母親と妹がちょうど駆けつけた。 

「あら、京子ちゃんも来てくれてたの?ありがとうね、すみません」 

京子は事の次第を話した。

処置室の前で沈黙は続いた。

その間に京子はマチコママに経緯を話した。 
会員さんには期待を持たさずに結果を見て伝えることにした。
 
医者が言った「とりあえず肉体の死は無くなった。あとは意識を取り戻したらひと安心です」

京子は思った。ケンタはどこほっつき歩いてるんだ?探してみよう。
 
・・・すぐにケンタを見つけた。

「何やってるの?早く戻れば・・・」
 
「ゴメンゴメン、この世界が居心地良くてつい」

「ばっかじゃないの!お母さんも妹のユカちゃんも心配してるでしょ」 

「京子ちゃんも一緒にこの世界を観てみない?」 

「・・・・うん、行く」 

病室では突然ベットの側にいた京子が倒れたので大騒ぎになっていた。

二人は別世界で呑気にデートをしていた。 

程なくして同時に二人の意識が回復した。

「マチコママ、連絡遅れてごめんなさい。ケンタ復活しました!
しっかり意識をとりもどしお母さんと妹さんが今話をしています。会の皆に伝えて下さい」

ケンタは2週間後、札幌に戻り事の次第を話して聞かせた。

「今回は僕のせいで皆さんにご足労願い、大変申し訳ありませんでした。
おかげさまで戻ってまいりました」

ママが「ケンタくん、京子ちゃんたら連絡があった時大変だったのよ。

親が死んでも京子ちゃんのあんな顔お目にかかれないと思う。

電話の横で私までビックリしたわよ。ねぇ、京子ちゃん」 

「私、何の事か解りませ~~~ん」

それから数ヶ月後、ケンタと京子は婚約を発表した。


おわり
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。