スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【不思議な黒石-(Kyoko)】全12-11

11、パラ職

帰郷してからひと月が経過した。札幌での生活リズムを取り戻した京子だったが、
何かいまひとつ空虚感を感じていた。

旅に出る前と後では何か違っていた。

その事を考え部屋で伏せる日も多くなった。 

そうだ、ケンタだ!こういう時は彼に合うのが良策。

ケンタをミルキーコーヒーに呼び出しひととおり説明した。

「うん、それは燃え尽き症候群だね。この数年、僕達は目まぐるしく動いてきた。
特に京子ちゃんは長い旅もして人の死とも向き合った。 

いつも何かを作りそれを達成し、それを繰り返してきた。ここに来てそれが
無くなったから空虚を味わったのさ、京子ちゃんは魂が男性的だから常に変化を好むのさ」

「なるほど、さすがケンタくん。私のことよく視てるね。私のこと好きなんじゃないの?」 

「京子ちゃん殴っていい・・・」


京子はそれから次の目標を模索した。

ひとりで夜の狸小路を京子はぶらついた。

ここも、なんにも変わらない・・・そう思いながら狸小路2丁目にさしかかった。

相変わらずミュージシャンや宝石細工、絵、など知った顔が集まっていた。

中には顔見知りもいた。 

「おう、元気だった?」 

「シリパさん、帰ってきたんですか?」 

「いや、今日は散歩・・・」 

「そっすか、お元気そうで」 

「お前もな」 

「ハイ」

まるでヤクザの頭と舎弟みたいな挨拶だった。 

おや、京子は眼を疑った?・・・私が歩いている、え??

なに?

どうして?

京子は追いかけた「ねえ、チョット待って、チョット待ってよ、
ねえあんた・・・あんただよっ!」

創成川を抜け二条市場の辺りで見失った。 

なんだよまったく・・・辺りを見渡しても人影は無い。
 
すると後ろから突然ボブマーレーのような髪をした男がす~と現れた。

「こっちに私とそっくりな顔した女を見かけなかったかい?」 

男は笑みを浮かべて「僕は君で君は僕なんだよ」どっかで聞いた台詞だ。

懐かしい!京子は思わず叫んだ「ガンジさんだ」 

「そう僕ガンジ」

「ケンタくんって知ってますよね」

「うん知ってる」

「私ケンタくんの同級生で京子といいます、ケンタくんからガンジさんの
話し聞いてます。初めまして」

「うん、僕もケンタから君のこと頼まれたから会いにきたよ」 

「えっ??いつケンタくんと会われたんですか?」 

「さっきだよ」

「???」 

「ふふ、あっちの世界ではよく会ってるのさケンタとは。さっきまで一緒で、
君のこと頼まれたのさ。こっちの世界ではもう彼と何年も会ってないけどね・・・」

「そういう意味か・・・」京子は納得した。

ガンジが言った「なるほど、燃え尽きか・・・」

ガンジは優しい眼差しで言葉を続けた「京子くん君はアイヌのシャーマンの
想い出が強く残ってるようだね。楽しい一生を過したんだね」 

「あっ解った・・・!」京子は最後までガンジの話しを聞かないうちに何かをさとった。 

「ふふ・・・そういうことさ。じゃあね京子くん。いい顔してるよ」 

「あっ、ありがとうございます。ガンジさんもステキよ」

京子は胸の仕えが落ちた。あのガンジっていう人、神様みたいだ・・
生き神様ってことばピッタリ。

ケンタが影響受ける訳だ。凄いのがいるもんだね。この札幌でもあんな人が
いるんだね。そうだ、ケンタに電話しておこうっと。 

「ケンタ、今ガンジさんと会ったよ。ありがとうね。ケンタくん愛してるよ。じゃあまたね!」

また一方的に喋って一方的に切った。 

「なんなんだ・・・ま、いっか」


京子が、会に顔を出した。水を得た魚のように昨日とは格段に違っていた。

京子は電話をかけ「ケンタくんまた話があるの。チョット耳貸してくれる?」 

ケンタ顔を見るなり京子は「私に毎週一日だけこの会を使わせて欲しいのよ」 

「・・・どういうこと?」 

「専門講習よ。例えばパラレルの自分の仕事をこっちの世界で実現させるの。
つまり今の自分がやってみたい仕事は、パラレルの自分が既にやってるでしょ。

その自分と重なるのよ。その技術は当然こちらの自分は短時間で習得出来やすいのね、
自分の事だから。つまりパラレルを利用した職業訓練。どう思う?」

「面白い、京子ちゃん、その発想は凄いよ。なるほどね・・・早速三人には
僕から説明する。京子ちゃんは実践プログラムを組んでもらうね。さっそく実行」

毎週火曜日はパラ職の日という名で開催することになった。

講師は京子とケンタが受け持つことになった。

やがて、このパラ職が人気講習となり本来のシリパの会の趣旨とは違う意味で噂が広がった。

このパラ職は最低知識と体験が必修とされるため、門外不出の受講生専門の
プログラムとなっていた。


 そんなある時ひとりの男が入ってきた。

「あのう、パラ職の噂を聞いて来たんですけど・・・」 

メメが応対した。 

数分後その男性の声がした。

「解りました失礼します」

その時、後ろから京子の声がした。 

「チョット待って」

スタッフルームから京子が出て来た。

青年の顔を確認しながら「あんた、最近沖縄の国際通りを歩いてなかった?」

「え・・・???あっはい」 

「どうりで私、あなたの声を覚えてるのよ。で、今日は何?」

「パラ職の件で来ました」 

「そっか、時間あるならチョット話していかない?」

「ハイ!」

京子は受講室に招き入れた。

「田舎は?」

「東京は葛飾区です」 

「そうですか、葛飾の小さい矢沢永吉さんね!小さい永吉さんはなんで札幌に?」 

「急に北海道に来たくなって昨日沖縄を出てその足で札幌入りしました」

「就職?観光?」

「解りません。とにかく札幌に来たかったんです」

「なんでここに?」

「コーヒー飲んでたら隣の席の人がパラ職の話をしてて興味持ったから、
その人達に教えてもらい訪問しました」 

「小さい矢沢永吉さんは異次元空間にトリップした経験あるでしょ」 

「はい!なんで解るんですか?」 

「だからすぐパラ職に食らいついたのよ。せっかく遠くから金かけて
来たんだからパラ職のコツだけ教えるね。受講費は240円です」 

「・・・240円?」 

「そう、タダっていう訳にいかないのよ。私とここにいるメメちゃんの缶コーヒー分」 

「はあ・・・ありがとうございます」

「じゃあいいかい?この石持って」 

「はい!」

「コツその一、自分のやりたい職業を心に思う。 

その二、別世界でその職業をしている自分を探す。 

その三、その自分に重なり技術を身につける。 

そして最大のコツはその技術ををぶち壊すこと。
 
それ以上になるためには、そこで止まってられないの。だから粉砕するの。
そしてそれ以上を目指すのね。 

これは一回2回では無理だから何度も習慣づけするのがポイント。

内容によって習得時間は変わるけど自分の思いつくことはパラレルの
自分がやってることだから、習得は可能なのよ。

それがコツ。小さい矢沢永吉さんは自分でトリップ出来るんだから
あとは訓練よ。自宅に戻っても続けてね、あなたは必ず出来ます」

「ありがとうございました」

「はい、受講費は240円です機会があったら、またお会いしましょう」

そう言ってシリパの会をあとにした。

「ゴメンね、メメちゃん勝手して。彼ね、那覇の国際通りで私が座ってた時、
本当に眼があったのよ・・・その時、彼のガイドが私に話しかけるように依頼してきたのね。

だから私から彼にどうですか?って声掛けたのね。彼、無視して行ちゃったのよ。

彼は結局、札幌まで来るようになったみたい、金と時間をかけてね。そういう訳だったのよ」

「ガイドの話しは聞くべきね!」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。