スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【不思議な黒石-(Kyoko)】全12-7

7、 設立と死

 シリパの会の発足から半年が過ぎ会員数も22名とふえた。

一回の受講者が制限しても10人を越える時がある。10人を越えると
ママの居酒屋さんでは手狭になり会場を借りることになった。 

緊急にママの処に集まって相談した。

ケンタが「シリパの会も発足以来、半年で22名。我々含め26名か。
先週も人数制限して断った会員さんも出る程だったよ。

それでも8名、新しい人を僕は優先させたいけど調整が取りにくいのが
現状なんだ。僕達も休み返上なんだよね。

それで今後の方向性を確かめたくて集まってもらったんだ」

京子が「私もそれ考えてたよ。新しい人も会員さんもおろそかに出来ないよ」 

「僕は誰か専属に受講者の振り分けや会場の手配や三ヶ月に一回の
ミーティング会などを取り仕切る事務局を置いたらどうかなと思うんだ。
それと毎週四人でなく二人とかの当番制にしたらと思うけど?」

京子が「ケンタくん適任者は絞ってるの?」

「京子ちゃんかメメちゃんと思ってるけど・・・」

「私、性格上似合わないよ。メメちゃんはどう?」

「私、毎週この仕事楽しみにしてるのね。でも毎日仕事となると暇な時間が
多くなると思うのね。あんまり暇だと正直、耐えられないわ・・・」

ママが「こういうのはどう?15名ほど楽に入るくらいの店舗を借りるのよ。
そして例えばメメちゃんが普段は10時~19時迄とか常駐するの、

ただ常駐するのでなくメメちゃんが一般相手のチャネリング相談もするのよ。

当然手の空いている人も自由に手伝うのよ。土曜日は全休で日曜日は
講習会場にするのよ。その運営費の中からメメちゃんの給料分、
当然今と同額かそれ以上の給金で働いてもらうっていうのはどう?」 

京子が「そっか、そしたら1回の講習も人数制限無く出来るし、
合わせて一般相談も出来る。それ好いわねママいい考えよそれ・・・」 

ケンタが「で、メメちゃんはどう?」 

「面白いです。この会が本業になるなら会社辞めてもかまいません」

京子が「じゃ、決定」

「ママ凄いよ!さすが商売人」ケンタが言った。


 北海道大学の通りで札幌駅と地下鉄12条駅の中間に学生が集まりそうな
もと喫茶店を居抜きで借り、簡単な手を加え全15坪の手頃なシリパの会
の事務所が出来た。

初めは京子も夕方までチャネリングの手伝いに来てくれて順調な走り出しが出来た。
会員数は50名を超していた。

ほか、毎日のチャネリング相談者数は10名前後で、ひと月200名の
相談者を数えるまでになった。

京子はしばらく狸小路を留守にした。

そんなある日、狸小路の仲間で絵描きのセキロウが事務所に遊びに来た。 

髪の毛がピンクでヒッピー風の出で立ちで「あの~~~う、
こちらにシリパさんってオバサンなんだけど~~いませんか?」

奥の方から声がした「いませんけど・・・」京子の声だった。 

髪をかき上げながら「おばさんってだれのことだい・・・?」 

「セキロウです」 

「おうっセキロウか?お前誰のことをオバサンて言ってんだ・・でどうした?」 

「シリパさんが最近来なくなったからみんな心配っすよ・・・」 

「セキロウ、お前ハッキリ喋りなっていってんだろうが」 

「オス!スイマセン。どうっすか?」 

「なにが?」 

「あっいやっそのう・・」 

「ふふ、相変わらずだな、お前は。 メメちゃんこいつ絵描きのセキロウって
言うんだ。普段はこうだけど絵は抜群。そうだセキロウこの事務所に合った絵を
描きな。私が三万円払うよ。予算はそれしかない。いいね!セキロウわかった?」

「・・・」 

「なに?聞こえない。返事は?」 

「ハイ」 

「よしコーヒーでも飲んでけよ。それと来週からまた狸小路に座るよ。
セキロウからみんなに伝えておいてよ。解った?」

「ハイ!」 

「よし、いい返事」


 それから数日が過ぎた。京子にとって久々の狸小路だった。

「おう、久しぶり。みんな生きてた・・・?」京子が狸小路をぶらついた。

「おう、新入りさんだね。こんばんわ。私シリパって言います。
占いしてます。宜しく」

「あっダイスケって言います。お噂は聞いてます」 

「いい噂?悪い噂?」 

「そりゃあ、いい噂です。会えて光栄です」

「よろしく・・・じゃあね」シリパはいつもの場所に座った。

シリパが座ってすぐだった。突然遠くから大きな声が聞こえた。 
程なくして救急車の音が狸小路に響いた。

「誰か刺されたぞ!絵を描いてる男だって・・・」

シリパは胸騒ぎを感じ走った。 

現場に駆けつけた。

辺りは血が散乱していた。

人をかき分け運ばれる男を見た。

セキロウだった・・・シリパは愕然として声が出なかった。

知ってる顔を探した。

いた。似顔絵描きのムラだ。

「おいムラっ!セキロウはどうしたんだ?説明しろ・・・」

「シリパさん、セ・セ・セキロウが・・」

ムラはそのまま下を向いてしまった。

シリパはムラの頬を殴った。

気を取り直したムラは深呼吸してから話し始めた。
 
「セキロウはシリパさんが店持ったからって、その店尋ねて行ったんだって。
そしたらシリパさんが出て来ていつものように相手してくれて、事務所に
セキロウの絵が欲しいっていうから、俺の絵を贈るんだってハリキッテたんだ。

あいつは何日か前から根詰めて一生懸命書いてたんだ。

そしたら・・・そしたら・・・さっき、たまたまその絵を見た客がその絵を
売れって言ったらしい。この絵は大切な人への贈り物だから違う絵にしてって
言ったら、その言い方が悪いって言い掛かりつけてきたんだ。

そしたら、そいつがいきなりジャックナイフ取り出してきてセキロウの胸の
辺りをいきなり刺しやがったんだ・・・」 

ムラはそのままヒザをついてしまった。

その絵はそこにあった。
  
南国の明るい日差しとヤシの木を描いたセキロウ風のいい絵だった。

「ムラ、この絵がそうか?」

「はい」 

「すまないけどムラ保管してくれ・・・また連絡する」

シリパは下を向いたままその場を立ち去った。

翌朝、セキロウは絵をシリパに渡すことが出来ずにこの世を去った。
 
シリパは一週間誰とも連絡を取らずにいた。

ふら~~っとシリパは夜の狸小路を歩いていた。

「ムラッ!おいムラ!」

「あっシリパさんどこ行ってたんですか?」

「セキロウの弔いだよ。すまなかったな。絵ある?」

ムラはどこからか出してきた。

「すまないね。これで酒と肴でも買ってみんなでセキロウのこと弔ってやって。
もともと三万円でこの絵買う約束してたから、これ使ってあいつの弔い頼む」 

そう言って三万円を渡した。

シリパは誰もいない事務所に帰って絵を飾った。 

そこに待ってたかのようにメメとケンタが酒と肴を用意して入ってきた。 

メメが「シリパさん飲みませんか?」 

ケンタも軽く頷いた。

絵を見ながらシリパはセキロウのことを話していた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。