スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【不思議な黒石-(Kenta)】全11-11完結

11、マッチママ(最終章)

久々にケンタ・晃平そして詐欺師蛯子と三人で夕食をする事になり、
小さな小料理屋リンちゃんという店で飲んだ。  

そこのママさんは痩せて穏やかな感じのする人だったが時折、
人を射貫くようなするどい目をした。
 
詐欺師蛯子はなにを感じたのかママさんと目を合わせようとしないので僕は蛯子に聞いてみた。

するとひと言「怖い」 

「えっ?」聞き直した。

「目が怖い」 

僕と晃平は思わず声を出して笑った。

晃平が「ママさん、こいつ詐欺師蛯子っていう名前なんだけど、
ママさんの目が怖いって下向いてしまったよ。失礼でしょ」 

ママはにこやかに「マッチっていいます。宜しくね。私も昼間は詐欺師してます」

三人はママさんの人柄に和んだ。久々に蛯子の笑顔を見た気がした。

ママさんを気に入ったのか詐欺師蛯子は得意の蛯子節を発揮して皆を笑わせた。

晃平が「京子ちゃんでも誘う?」 

蛯子のテンションが急に下がった。


それから数日が過ぎケンタはひとりakubiでコーヒーを飲んでいた。

後ろから女性の声がした。

「こんにちは」振り向くと小料理屋リンちゃんのマッチさんだった。 

「あれリンちゃんのママ・・・」

「ケンタさん久しぶり、偶然ね。私akubiのコーヒーが好きで良くここ来るのよね。
ケンタさんもよく来るの?」

「いや僕はどちらかというと札駅のミルキーコーヒー派かな」

「先日はありがとうございました。また皆さんで来てね」 

「はい、是非また寄らしてください」

マッチさんがいきなり真顔になり「気に障ったらごめんなさい。
ケンタさんは何か特殊なことやってるの?例えばヨガとか座禅とか?」 

ケンタはビックリした。 

「僕、宗教苦手だから、どこにも属してないよ」

「実は私、他人の意識の形が視えるのよね。人って意識に形があって
オーラとチョット違うんだけど、その形は意識によって全然違うのね、
ヨガとか禅を組んでる人の形に視えたか・・・いきなりごめんなさい」 

「意識の形ですか・・・?」 

「そう、形は丸が基本なんだけど歪みや輝き度なんかが人の意識に
よって全然違うのよ。ケンタさんはそういうこと無いの?
人の作った物や本を書いた人のその時の意識が解っちゃうの」 

マチコは続けた「先日、店に三人でこられたでしょ。初めての人って
どうしても視ちゃうのよね。普段は見ようとしないから見えないけど、
お初の客さんは視ちゃうのね。

そしたらケンタさんは今まで視たこともない輝きと綺麗な形だったのね。
とっても印象的だったの。

今度ゆっくり話してみたいと思ったの。願い叶ったわ。なんかお話ししてくれない?」

「僕が話すことなんて・・・」と言いながら一通り語って聞かせた。 

「・・・」マチコママはしばらく黙した。

「そんな世界もあるのね・・・」 

感心していた。

「私もその石、是非貸して欲しいな~~」

ケンタは「マチコママは大丈夫だよ、石に頼らなくても出来ると思うよ。
石に頼ると石がないと出来ないって思っちゃうんだよね。

石も方法のひとつなんだけど、石に頼らないほうがいいと思うけど
コツを教えるよ。

僕の場合は、まず大きく深呼吸を三回し、楽な姿勢で意識を眉間に集中し息を整える。

次に自分の観てみたい世界を心に強く思い浮かべる。

そして意識は完全にその世界に入ること。

ここでのコツは瞬間的に意識をその世界に飛ばすこと。

時間は絶対かけない。刹那!それがコツ。

あと、もうひとつの方法は自分のガイドに頼んでその世界に誘導願う方法。

これはあくまで僕の場合なんだけど、その人その人によって個性や癖が
あると思うんだ。他の人に試したこと無いから自信ないけど」

「私に出来るかしら?」ママが言った。

「そう思うことは禁物。否定的考えは能力に制限や限界を付けるから。

例えばママに駄目だったら石があるからねって言ったら
ママは出来なかったら石を借りればいいと思っちゃうでしょ?

僕がそう言い方をするとママは石という保険をかけちゃうんだよね。
するとママは出来なくても石があるという意識になる。

言葉って時として人の心を誘導するし制限を植え付けるから・・・
生意気云ってごめんねママ・・・」なおもケンタは続けた。

「石に頼らなくても出来ます。僕が断言します。ママは僕の意識を
認めたんでしょ?だったら信じて下さい」


「なんかいつの間にか先生と生徒になった感じ」ママが笑った。


それから、ひと月ほどして、ケンタは一人でリンちゃんに顔を出した。 

「いらっしゃい」

「ママ来たよ」

ママは挨拶もそこそこに語り出した。

「それが出来たのよ。但しこっちの意識はちゃんとあるのよね。
でも向こうの世界にもあるの。つまり同時に私が二人存在するのよね。不思議・・・」 

「体外離脱なんだけど魂が二割はこっちの世界に残って、残り八割が
別世界を観てるんだよね。僕もそうだよ。ママ、コツをつかんだね。
あとは慣れだよ。もっとハッキリとしてくるよ。
それにどんどん使う癖付けないともとに戻るからね」

「ケンタさんに教わってから毎日トリップが楽しいのよ!
ありがとう。今日は全部私のおごり。まずはビールで乾杯!」

「ママ、ダークな世界はお奨めしないからね。戻ってからも暗い
気持ちのままになるから」

「了解」 

「ところで今日は晃平さんと詐欺師蛯子さんは一緒じゃないの?」

「今日は京子ちゃんという女友達とここで待ち合せなんだ」 


「思い出した!この前、蛯子さん、その名前出したら急におとなしく
なった人の名前だ・・・」 

「そっ、その京子ちゃん。ママにだけ話すけど京子ちゃんが例の石
持ってて、何年か前に金星に行った経験あるんだ。それはいんだけど・・・
その金星に出入り禁止くらった地球人なんだよね。すんげえキャラの
女性なんだよ。それと待ち合せなんだ」

マチコママはお目に掛かりてくてワクワクした。

「こんにちは」店の格子戸が開いた。

京子だった。ベレー帽をかぶっていた。

「いらっしゃいませ!ケンタさんのお友達?」

「はい」女性っぽく言った。 

「あら、可愛いかたね」 

「皆さんにそう言われま~~す」

ケンタは久々にむかついた・・・ 

ケンタが「何にする?」

「まずはビール!」

「画家はどう?」

「いまいちってとこかな?」

「なんで?例の意識と重なってないの?」 

「やってるんだけど絵の世界って複雑みたいなのよ。音楽だと聞く人に
素直に伝わるけど、絵の場合は名前が物言うみたいなのね。

つまり何々先生に師事してましたっていうと、絵を見てそれなりの
評価もらえるけど、独学ですっていうと態度が変わるの、
もう少しタッチの勉強をしろ・・・とかなんとか偉そうなのよ。

東山魁夷風の意識に重なって書いたのよ。絵そのものよりも誰に師事
したかとか、日展はどうだとか肩書きが好きみたい。

絵の評価なんて二の次みたいなとこあるの。そんな日本が嫌で海外で
活動する芸術家が多いんだって。

名が売れると逆輸入してチヤホヤよ。私もまさか東山魁夷に学んで
ますって云えないでしょう?あっちの世界の人だから・・・

何とか画壇の何々派みたいな。画壇って肩書きばっかで腹立つわよね!まったく!・・・」

ママが言った「お客様、画家なの?」

「さっきまでね」 

「えっ?さっき?」ケンタは目を丸くして言った。

「いま、ケンタの顔見て辞めようと思ったわ。どうせ今話した事情で
半分あきらめていたし。今日はケンタしっかり酒付き合いなさいね・・・私今日は飲むよ・・・」 

「わかったよ付き合うよ。でも、京子ちゃんでも普通に落ち込むことあるんだね?」 

ケンタは口を滑らしたと思った。 

「なにてめえ、こらケンタ!!」 

ママは笑って見ていた。

「この娘さんおもしろい。私ねぇケンタさんから色んな世界の話し聞いたのね。
だから貴女にも会って色々聞きたかったのよ。

ママもまだ全然初心者だけど経験してるのよ。
私、京子さんのような女性の話し相手が出来てよかった」 

「あっ京子ちゃん、紹介遅れたけど、こちらこの店のママでマッチさん」

「私京子です。よろぴくね」

京子は続けて「今夜は飲むぞ~~」

その数年後、日本では東山魁夷の再来か?

と京子の絵が評判になっていた。

でも京子は絵にはもう興味が無く小説を書いていた。

             
The END
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。