スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【不思議な黒石-(Kenta)】全11-10

10.詐欺師蛯子

ケンタは通販でパソコンを購入し、朝からネット検索をしていた。

リンクしてるうちに日本のパワースポットなるサイトに目が止まった。
最近はおもしろおかしく紹介されている。

パワースポットって和製英語らしいがそもそもなに・・・?

地球自体がパワースポットでは? 

チョットした疑問が湧いた。 
 
するとガイドが「人間の身体にもツボと呼ばれるヶ所が点在する。
そのツボはみんな役割が有り、そこを鍼灸師や指圧師が刺激を与える
ことで身体にいい効果を与える。
当然人間にとって致命傷になるツボもある。ツボは急所でもありうる」 

なるほど

「地球も日本も同様、地域・地域にツボ(パワースポット)は点在し、
そして役割がある。但し、今流行の意味合いと違う場合がある。

商売で恐怖心をあおったりする場合も多い。

太古よりそれを知る神官などは、社を建て試行錯誤しながらその場を守り、時には浄めてきた。

ケンタは最近石を使わなくても速攻でガイドとコンタクトを取れるように
なっていた。しかもネットよりも早く正確。

ある時ガイドの存在のことを尋ねた。

ガイドの存在は複数存在し臨機応変に対応してるようだ。 決して出しゃばらず、
でいて要所要所で助けてくれる。いわば縁の下の力持ちだそうです。 

そしてその存在は未来世の自分だったり、違う世界(パラレルワールド)
の自分だったりするみたい。

今の自分だって同時にどこかの世界の自分を守護してると教えてくれた。 

そして同時期にこの世に同じ記憶を持った魂が複数存在することも
教えてくれた。潜在意識はだれでも悟っている、とも教えてくれた。 

魂というのは本当に思ったより自由で凄いと感じた。 

そして複雑に入り組んでいた。 

従来の古い習わしの内容との違いが解った。

男女の結婚もお互いが魂レベルで了承しあって婚期が来たら出会って
認め合うようになっているとも教えてくれた。

自分は結婚する自覚が無くても結ばれるケースは当たり前にあるとされる。

当然結婚予定のない人もいる。

新世界は旧意識の終焉を意味しているかもしれないとケンタはこの旅を通して思った。

携帯が鳴った。京子ちゃんだった。

「ハイ・・・」

「久しぶりケンタくん元気?」 

「相変わらずだよ。そっちは?音楽活動続けてる?」

「うん、それがねえ私の作った音楽が結構人気あるみたい」

「なんだ、他人事だね?今度聞かせて」 

「うん良いよ。それよりおもしろいこと見つけたの」 

「何が?」 

「例えば、ジョンレノンと繋がって彼風の曲を作ったのね。当然曲風がそうなっちゃうの。
レイチャールズやボブマーレなど亡くなった有名人の意識に繋がってやったのね
当然モーツアルトも。みんなの個性らしい曲が作れちゃうのよ」 

「まっ、当然といえば当然だよね」 

「それで、いざ自分流の曲に取りかかろうとしたら、それまでチャネリングした人の曲の
イメージが全部混ざりあってしまって、とんでもない曲が出来たの。
その曲が気持ち悪いのよ。笑っちゃわない?」

「なるほど」 

「だから私ミュージシャン辞めるの」 

「なるのも早いけど辞めるのも簡単だね。京子ちゃんに辛抱という言葉はないわけ?」 

「・・・無い」 

「そんで今度は絵描きになろうと思うのね」 

「画家?絵心あったっけ・・?」 

「無くても良いの。繋がるから」 

「誰と?」 

「今あがってる候補は東山魁夷かゴッホなんだけど」 

「僕的には棟方志功が好きだな・・・」 

「や~だ、創作してる時の見てくれがどうも・・にがて、
私があの様子で作品作ったらと思うと・・・嫁に行けない」

「結婚しようと思ってるの?」 

「それどういう意味?今度会ったら殴るよ!」

「小説家はどうなの?」

「わたし好きな小説家いないのよね。でも強いて言えば大槻ケンジかな」 

「それって小説家?」

「いいの!まっそんなことで音楽辞めたから」 

「それよりも京子ちゃんの自分流はないわけ?」 

「めんどくさい」 

「はっ?」

「めんどくさいの」 

「今度会ったら殴ってやる」ケンタは初めて京子に刃向かった。

「ケンタ!なんか言った?」

「いや!なんでもない・」すぐに撤回した。

「でも収入になるまで時間掛かるっしょ?どうすんの?」 

「私の作った曲全部をまとめて、ひと山70万円で売ったのよ。
それが狸小路二丁目で路上ライブやってるチャライ男に売ったの。
泣きながら喜んで買ってたわよ。笑えるでしょ。

本当は最初150万円で売るって言ったのよ。予算がないって言うから
値引きしてあげたのよ。感謝されたわ」 

「京子ちゃん抜け目ないね」

「あたり前田のクラッカーよ」

「絵が出来たら一番先にケンタくんに売ってあげるね。安くするわよ。
私の絵、値打ち一気に上がるんだからね」 

「ぼく先行投資しないタイプだから・・・それに石貸したままなんだから、
お礼にこれ差し上げますとか言えないわけ?」

「だれが?どうして?」
 
「いや、何でもありません」 

「じゃあケンタくんまた連絡するね」

「京子ちゃんも頑張ってね」

携帯を切り終え天性の楽天家をはじめて見た思いがした。

携帯がなった。 

「ハイ、ケンタ」

「ケンタ?おれ晃平だけど」 

「おっ珍しいね。久しぶり」 

「あのさっ最近蛯子から連絡無い?」

「蛯子?・・・全然無いけどなんかあった?」 

「あいつさあ、結婚詐欺みたいなことやって警察から逃げてるっていう噂があるんだ。
俺、心配で携帯してるけど不通なんだよね。

店はホストクラブだから行きにくくって。もしかしたらケンタに
連絡無いかな?と思って電話した・・・」 

「そっか。誰か女の人にホストクラブconaに行ってもらったら?」 

二人同時に「京子ちゃん!」声が揃った。決定した。

京子は渋々行くことになった。


「いらっしゃいませ」ここはホストクラブcona 

「お客様、初めてですか?」見るからにホストらしい男が言った。

「はい」促されるまま京子は店に入った。 

二時間ほどして上機嫌で京子は出てきた。 

店のホスト8人がやはり上機嫌で京子を見送っていた。
 
京子は全員にチップまでやって店をあとにした。

ケンタと晃平と待ち合せしている居酒屋番屋に京子は向かった。

「京子ちゃんごめんね」晃平が言った。

「うん、噂は本当みたいだよ。」

「あのね、相手はconaの客で30才くらいの看護師のアンナちゃんだって」

なんか蛯子が『親の遺産なんだけど、小樽に大きい畑があって、
将来売って悠々自適に暮らすんだ』ってほら吹いたらしいのよ。

それで、登記上の区画をハッキリするための費用が100万円掛かるけど
蛯子は『俺、日本の国債を頼まれて2000万円ほど買ったばっかりで、
今現金が無いから貸して』ってアンナちゃんに100万円借りたらしいのよ。

その時にあの馬鹿が余計なこと言ったのよ」 

二人は真剣に京子の話を聞いた。 

「将来その土地を売って札幌のマンションを建てて暮らそうって言ったらしいのね。

金を貸してから急に蛯子と連絡がつかなくなったらしいの。

店も無断欠勤で。慌てて女が中央警察に被害届を出したんだって。
だから警察では結婚詐欺扱いで蛯子を探してるって・・・」

何を思ったか晃平が言った。

「それ本当なんだ。あいつから小樽に土地あるって聞いたことあるよ。
でも蘭島に50坪って言ってたよ」 

「あの超ど田舎の蘭島かよ・・・!」

二人はこけた。 

「でも、たった100万で詐欺の前科がつくのかよ?」晃平が言った。 

京子が強い口調で言った「70万円は私出すから、あと30万は二人で何とかして」

残りは僕と晃平が折半で出し、京子ちゃんがアンナという女性に謝り、
被害届を取り下げてもらった。

そのことを蛯子は知らず、その後2年半ほど逃げ回った。 

結婚詐欺騒動から3年が過ぎた頃、北24条の繁華街で偶然晃平に発見された。

その後、蛯子は解体屋で下回りの見習いとして日雇いアルバイトを
させてもらいながら三人への借金返済を始めた。

京子は利息が1ヶ月10%と暴利を請求し、脱走の2年半も含め膨大な金額になっていた。

「勘弁して下さいよ~~」蛯子はいつも京子に会うたびに謝っていた。
 
京子も蛯子を詐欺師蛯子と呼び捨てにしていた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。