スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【不思議な黒石-(Kenta)】全11-9

9.原始人蛯子&晃平

今日は久々に本を読んだ「イリュージョン・退屈した救世主の物語」 
題名が面白いのでつい買って読んでみた。

面白い!読んでビックリ!ガンジと雰囲気や口調がよく似ていると思った。 
「全ての人は救世主だ」いいフレーズだなあ。 

町のパン屋だって自動車の整備工だって救世主なんだ。

人の役に立つということはそれだけで救世主。 

リチャードバックって上手いこと言うな。
 
僕もテーマを決めてタイムスリップしようかな。  

よし、原始地球ケンタは瞑想に入った。


だだっ広い草原が見える。

人らしき存在が石で作った武器のような物を持って茂みに潜んでいる。

十メートルほど離れたところで餌を食べている鹿を狙ってるようだ。

「あっ!」つまずいた。 

気配に気づいた鹿は一気に逃げ去った。

ヘマをした人間は悔しそうに宙を仰いでいた。 

あれ誰かに似てるな??髭を剃ったら蛯子にソックリだ。

ケンタは腹を抱えて笑った。

あいつは原始人のままで、今も進化してねえのかよ。

こいつエビコってよんでやろ。

エビコはまた動物の気配を探ってるようだ。

この時代の人間は半径一キロ先まで動物の気配を読み取ってるのか?
感覚が非常に発達してるのが解る。 

ていうか現代の人間は感覚が退化してると思った。 

おまけにそれだけじゃなさそうだ。動物のオーラも見えてるようだ。オーラの違いが動物の違い。
この感覚は人間というよりも動物に近いな。

ケンタはエビコを思い出した。コンタクトとりたいな。 

とりあえず念じてみよう。おっボディーがある。 

ケンタはエビコの前に出てみた。 

エビコは驚き手を合わせて拝んでるようだぞ。 

なんだ?どうしたんだ?・・ケンタはとまどった。

「それわね、あなたを神と思ってるのよ」

また、ガイドか?

「こんにちわ。私アケミ宜しく」 

「あっハイ」

久々のガイドとの対話だった。

「彼らは感覚で生きているのよ。余計な理屈はないの。だからあなたの
何倍も感覚は発達してるわ。でも動物とは違うのよ、れっきとした人間よ。

感情はあるし考えるのよ。

武器を作るときとかね。 

基本、その日に食す物はその日に捕獲するの。

作物を植えるようになるのはまだずっと先なの。

水のそばに定住するようになった頃に農耕の始まりがあるのよ。

定住すると不作の時もあるから食物の保管も考えて不作の時に補うの。

文明は生きるため必要に応じて進化してきたの」

ケンタは原始人エビコを見た。 

震えてる。

そうか、神が目の前に出たらあせりまくるよな・・・ 

そう思いながらケンタに良からぬ考えが浮かんだ。 

ちょっと念を送ってやろう。 

「その者、今日の日没までに鹿を五匹仕留めて我に捧げよ。
さもなくば汝の命をもらう」

原始人エビコは震えていた。 

そこに、ちょうど通りかかったのがやはり晃平ソックリの原始人。

なにやら会話をしていて二人して震えていた。

「こいつら二人はこの頃からつるんでるのか・・・」

ガイドのアケミがいさめた。
 
「ケンタくん遊ばないで下さい。この二人にとっては大問題なのよ。
まさにあなたは神的存在なの」

「すみません」

「僕は訂正して一匹でよい!と念を送った」

二人は必死になって狩りを始めた。 

日没間近、何とか仕留めたが鹿でなく猪だった。 

猪と鹿を間違えたのは晃平の方だとエビコは責任をなすりつけていた。
原始人晃平は半ベソをかいてうなだれてしまった。 

「なんとかしなさい」とアケミに言われた。

ケンタは二人に念を同時に送った。 

「もうよい。私は二人の真剣さを見たかった。合格した。二人にはご褒美をあげよう」
偉そうに言ってやった。
 
「よけいなことは言わないの」アケミからまた注意を受けた。

この時代の人間的純粋さには頭が下がる。

今の時代の人間は知恵はついたけど肝心なものが忘れさられた。

それはたぶん人間にとって一番必要なものだろう。

ケンタは改めて勉強になった。

その後この時代に再び立ち寄ったら、

あの二人は自分達をシャーマンと称し神を語っていた。

もう一度喝を入れてやろうとケンタは思った。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。