スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【不思議な黒石-(Kenta)】全11-1

1、「不思議な黒石」 

 ここは、北海道余市町、北の都札幌市から東へ車で走ること一時間半の
田舎町。ここで産声を上げたのが嶋守ケンタ。

どこにでもあるごく普通の家庭で育った普通の人間のチョット奇異な物語。

が、それは新時代の幕開けの予兆となる出来事。ごく普通の嶋守ケンタの
お話しがここに始まります。


 「お母さんおはようございまぁ~す!」

いつものように大きな声とともにケンタの1日が始まった。
ケンタ18才の朝。

「ねえ お母さんなんか変、僕の眼がなんか変なんだけど・・・」
ケンタはそう言いながらリビングに入ってきた。

「あらそう・・・いいから早く座ってご飯食べなさい」母の夏美は
素っ気なく云った。 

「ねぇ、お母さんちょっと聞いて・・・ねぇ!ったらぁ」 

「ハイ・ハイ、そんなことより、宿題やったのかい?昨日は夜遅くまで
起きていたようだけど学校で眠くなるわよ」

夏美は味噌汁の入った鍋を混ぜながら、全然ケンタの言葉に耳をかそうと
しません。

ケンタは続けて「なんか解らないけど朝起きたら急に眼が変になった
みたいなんだ、僕の目か頭がおかしくなったのかもしれない」 

目をこすりながら部屋を見渡していた。

ケンタの目には、リビングのテレビやテーブル・イスもリビングの中が
みんな光って見えた。ケンタはひと通り母に説明をした。

「お母さんはどう思う?お母さんはどう?」

「はい、光ってます。それより朝食早く済まして下さいな」

母は全然取り合ってくれない。

狐に摘まれたかのように釈然としないまま朝食を済ませた。

もしかしたら学校に行ったら同じ経験をしてる友達がいるかもしれない
と思い足早に家を出た。

登校途中、歩いていると小鳥のさえずりが聞こえたので目を向けた。

改めて景色に目を凝らすと、街路樹や小鳥も全てが光り輝いて、特に植物
は輝きが強く、生きているのが手に取るように実感できた。

それだけではない、その小鳥の意識が伝わってくる。
 
いつも観ている景色なのに・・・・今日は不思議だ???

一見優雅に歌を歌いながら自由に飛んでいるように見える小鳥たち。 

でも人間には、そう映るだけで小鳥たちは捕食しようと目をこらし、
意識の一部では鷹やハヤブサの外敵に気を配りながら飛んでいる。

優雅に飛んでいると思っているのは人間側から見た勝手な思いこみなの
かもしれない・・・

ど・ど・どうしよう・・・僕って本当に頭が変?・・・早く校に
行ってみんなに聞いてみよう。急いで学校に向かった。

 
 朝礼が終わり親友の蛯子くんに聞いてみた。

「僕さあ、朝起きたら全てが光って見えるんだ。鳥を見ても鳥の意識
みたいなのが伝わってくるんだ。なんか僕お頭変かもしれない。
どう思う?蛯子くんはそういう経験無いの・・・?」

じっと聞いていた蛯子は「そういう時は牛乳に紅茶のティーパックを入れて砂糖を
大サジ2杯入れて飲むと治るよ」

??わけ解らない・・・聞く相手を間違ったかもしれない。
彼にはもう二度と聞かない・・・そう心に決めた。

次にクラスで一番の秀才で博識家の晃平君に同じことを聞いてみた。

「その光って何ルクスくらいの強さで光っていた?・・・色は?
光の方向性は?・・」

めんどくせ~~。何でこいつは理屈っぽい、秀才っぽい聞き方を・・・
こいつにももう聞かない。

僕は今朝の事は心の中に封印しておこうと思った。

そしてあの二人とは距離をおこうとも思った。

そのうち光る現象も無くなり、ケンタは一過性の不思議体験と自分に
言聞かせ封印した。

でもその体験が嶋守ケンタの一生に大きな影響を及ぼすことになるとは
その時のケンタには予想しなかった。


 高校を卒業したケンタは地元で、農家と魚の加工場で2年ほど
アルバイトをして多少のお金を蓄え、札幌にアパートを借り自活を始めた。

実家から離れた開放感で毎日が新鮮でワクワクしていた。
親からも学校からも束縛されない生活って夢みたいで楽しい。
そう思っていた。

とりあえずやってみたい仕事がないので、軽くアルバイトで生計をたてようと思い、
サッシ屋さんでアルミサッシの取付加工助手のアルバイトに就くことに決めた。

仕事で、札幌神社の社務所の引戸を取替えに行ったときだった。
社務所裏で作業中にビスを落としてしまい拾おうと屈んだときだった、
そのビスの脇になにやらウズラの卵大で黒光りした石が落ちていた。 

ケンタは「あっ綺麗」と思い、その石をポケットに入れ神社をあとにした。

帰宅後、その石の汚れを綺麗に洗いテーブルに置いて眺めていた。
でも仕事の疲れからかそのまま寝てしまいました。翌朝には昨日の
石のことなど脳裏にありません。

この日も仕事を終え疲れて帰宅し、入浴後に夕食をとり横になった。
視線の先に石が目に入った。その石のちょっとした異変に気がついた。 

「あれっ?なんだ・・・光ってる?・・うっそ!?・・・えっ??」

そう、石が微かに光っているのです。

それも物質的な反射の光ではなく、石自ら淡い光のような何とも表現
しがたい光を発しているのです。

瞬間「あっ思い出した・・・」

高校三年生の時にこんな光を見たことがある。忘れていたけどこの光は
あの時と似ている・・・

蛯子と晃平くんの意表をついた言葉に、むかついたことも思い出した。
この光があの二人の事も思い出させたのか?思い出したらまたむかついた。

不思議に思い、しばらく観察していたが、疲れのせいか石を握ったまま
眠りに入ってしまった。


 「おっと寝過ごすところだった」身支度をし食事もせず、バイトに
向かった。途中歩きながらなんか見慣れた町並みの雰囲気なんだが???
どことなく変?と多少違和感をおぼえた。
 
会社のタイムカードを押そうと手をやった。あれ?無い???。

タイムカードの位置が全然違う位置にあった。受付カウンターの柄も
違う??あれっ?何か違う・・・しっくりこない。

いつもの会社と雰囲気が・・・?ケンタは外に出て看板を見て驚いた。
 
(株)アルミ技研と書いてある??

えっ・・・僕が勤めている会社は(株)アルミ建具という会社名のはず。

「どうなってる・・・?」

もう1度社内に入ってみた。

「嶋守くんおはよう」社長室の方から声がした。 

「おはようございます」そう言いながら見てびっくり。 

社長室から出てきた人は、いつも偉そうな小黒部長だ??
・・・でも???いつもの小ずるそうなあの部長と何かちがう?

ネームには代表取締役と書いてある。えっ?なんで小黒部長さんが・・・

あの小ずるそうな小黒部長がなんでいきなり社長に?・・・
看板といい社長といい部長といいこれって何に???

ケンタの頭の中は完全にパニックをおこしていた。

僕は誰かに担がれている・・・?

でもこんな手の込んだことまでして、しかも金のかかる悪戯をして
メリットはなにも無いし・・・??こんな事をして誰が徳をするというんだ?

伊藤社長はどうしたんだろう? 

その時、後方から「嶋守くんおはよう、今日も昨日の続き頼むよ」

「お・おはようございます」 

伊藤社長だ。ネームには経理課長と書いてある。いったいどうなって
しまったんだ?何が何だかさっぱり解らない。理解不能。

ケンタは呆然と立ちつくした。

仕事の内容には大きな変化がなかったので、とりあえ終業時間まで勤め上げた。

即刻アパートに戻り部屋を確認することにした。 

表札は「嶋守」よし。 

部屋の雰囲気は?・・・ちち違う。何かが違う。なんか所帯じみている? 

なんだこのピンクのコップと歯ブラシ?クローゼットを開けてビックリ。 
女物の服がハンガーにたくさん掛かってる?

だ・だ・誰の服だ?これは?朝は時間に余裕がなく不覚にも部屋の異変に
全然気付かなかった。

次の瞬間、玄関先で物音がした。 

ケンタが返事をする前にドアの開く音がする。

「ハ~イ誰ですか」ケンタは声をかけた。

するとピンク色の服を着た若い女性が部屋にいきなり入ってきた。 
女性は年の頃なら同じくらいかチョット上? 

「ねぇ、帰ってたの?今日は早いのね」その見知らぬ女性が親しげに言った。  
だ・だ誰・・・??この女性は?ケンタの知らない女性だった。
これって結婚?同棲?今交際している相手さえいないのにどうして・・? 
何もかもが意味不明だった。

彼女が「今、食事作るから先にシャワー浴びてちょうだい」 

「うんそうだね」内心冷や汗ものだった。すぐにこの場を離れたい・・・そう思った。 

脱衣室に入りシャワーを浴びてパジャマに着替えようとした時、あの石が
パジャマのポケットから落ちた。

???思い出した、昨日、この石を見ていて寝てしまったんだ。 

今日も同じように寝てみよう、その日は彼女には失礼だが悟られない
ように、今日は仕事で疲れて体調も悪いと早く布団に入った。

翌朝起きてみるともとの世界に戻っていた。会社もいつも通りだった。 
いったいあの経験は何だったのか?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。