スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Amatel】全十夜-9

第九夜「死への意識」

トンビの子供がその鋭い爪でアマテルに襲いかかろうとした、その瞬間
黒い影がさえぎった。

「殺すならこのわしを殺しなカァ~~」さっきのカラスがトンビとの
アマテル間に割り込み、翼をひろげアマテルの盾になって立ちはだかった。

アマテルが「カラスさんどうして?・・・」

「どうせ、わしはもう長く生きられないからさ、あんたの代わりに死んでも
いいかなって・・・思ったんじゃ」

母のトンビが「あんたも、ようやっと覚悟を決めたのかい、じゃあ二匹とも頂こうかね」

カラスは「それは、わしが許さない」

トンビの息子は「お母さん僕は猫食べる・・・」

その時だった不穏な気配を感じた母トンビが上に目をやった。上空には
数十羽のカラスが下の様子をうかがっていた。

そのうちの一羽が勢いよく両者のあいだに降りてきた。

「そこの二羽、お前達なにをやろうとしている。なんなら私たちが
全員相手になろうか?」

子供のトンビが母親に「お母さんこの状況って、僕たちまずくない・・・」

「チッ・・・行くよ」二匹のトンビは飛び立った。

そのカラスが「猫さん、さっきその爺さんを助けたところからずっと観察してたけど、
あんたやるねぇ~本当に死が怖くないんだね。どうやって死を克服したんだい?」

アマテルは「わたし自殺を考えたときに死を見つめたんです。そして死を
素直に受け止めました」

「どうりでね・・・私たちカラスは死というものにたいして敏感なのさ、
死に行く者は死の臭いがするんだ。

あんたは臭いがしないのに死を受け止めてる。そんなこともあるんだねぇ・・・
不思議な猫だ。爺さんが世話になったな」

その場からカラスはいなくなった。アマテルは何事もなかったようにまた歩き出した。


 丘を越え平地に広がるリンゴ畑の下をのんびり歩いていると、今にも
息絶えそうな死直前の狐と出くわした。狐は横になり死を待っていた。

「狐さんどうしました?」

「・・・猫さんかい?私はここで死を待ってるんだ」

「リンゴ畑が好きなんですか?」

「そうだよ、甘い香りを嗅ぎながら死ぬのも良いかなって」

「甘酸っぱい良い香りですね・・・」

「好いだろう・・・死ぬにはもってこいの場所だ・・・この辺では見かけない
猫だけど、あんたはどうしてここに?」

「私はアマテルって云います。小樽の方から来ました。この町がちょっと
不思議な感じがするので散歩してます」

「そっかい、小樽からわざわざここに・・・気をつけなさいよ。ここらは
山犬が多くいるから。あいつら凶暴だから・・・」

「はい、ありがとうございます」

次の瞬間、狐は大きく息をして旅立っていった。

アマテルは地面に落ちているリンゴをひとつ、狐の顔の所にそっと置いてその場を立ち去った。

喉が乾いだので近くの小川に水を飲みに下りた。今まで感じたことのない獣の臭いがした。

「おい」いきなり、アマテルめがけて襲いかかる犬がいた。

アマテルは瞬間的に攻撃をかわしたが犬の勢いに対処できず、木に頭を打ち
付けて気を失ってしまった。

身体から抜け出たアマテルの意識は死んだ母親と一緒に、祝津漁港で海を眺めていた。

「母さん、ただ今」

「おやアマテルかい、毛繕いでもしてあげようか?」

「ありがとう。でも自分でやるからいいニャ」

「そっかい、じゃあ母さんの毛繕いやってちょうだいニャ」

「はーい・・・」

「ところで、お前はまだまだやることあるんだから、お前を必要としてる
動物がいるんだからもうすこし頑張りなさいよ」

「必要としてる動物ねぇ・・・」

「生きてるうちは、みんな助け合って生きるんでしょ」

「そうだよねぇ~~~戻ろうか・・・」瞬間アマテルの意識が戻った。

アマテルが気がついた。あの獣くさい臭が鼻をさした。野犬の巣に
運ばれていたのだった。

「????ここどこ?」

側で子犬が一匹寝ていた。瞬間すべての記憶が蘇った。そうだ犬に襲われ
そうになって避けたとき頭を打ったんだ。ここは?・・・犬の巣?・・なんで?

「お姉ちゃん、起きたの?」子犬の声だった。

「ええ・・・」

「ぼく、お姉ちゃんをもらったんだ・・・」

「誰から?」

「お母さんからだよ。僕の自由にしなさいって」

「そうなの?」

「うん、だから遊ぼうよ」無邪気に言った。

「いいけど、なにやって遊ぶの?」アマテルに野犬の巣から逃げようとする気配はなかった。

「ぼく、おっかけっこ大好き・・・」

「いいけどその前に、私はアマテル。あなた名前は?」

「ぼくはフォーだよフォー」

「フォーくんか強そうな名前だね」

「うん、僕お父さんみたいに強くなるんだ」

「そっか~~強くなってね。じゃあ鬼ごっこしようね」

二匹は畑に出た。

「どっちが鬼になる?」

「お姉ちゃん」

「はい、分かりました。じゃああそこの木の所まで行ったら追っかけるね」

こうしてアマテルとフォーはしばらく鬼ごっこをした。二匹は疲れるまで走りまわった。

フォーが「あ~~楽しかった。僕早いでしょ?」

「フォーくん凄く早いね~~私、何回も捕まったもんね」

「僕、そろそろ眠くなってきたから帰るもん・・・」

「はい、分かりました。じゃあ巣に送るね・・・」

二匹が巣に戻ったときだった。母犬が勢いよく飛び出してきた。そしてアマテルの後ろに
回り込み首をくわえた。相変わらず無抵抗のアマテルだった。

「私の子をどうしようというんだい・・・」今にも飛びかかりそうなけんまくだった。

「お母さん、このお姉ちゃんたくさん遊んでくれたんだよ。お姉ちゃんを殺さないで・・・お願い」

母犬はアマテルを解放した。

「おまえ、いつでも逃げる隙あったのになんで逃げない?」

「わたし、フォーくんを家まで送る約束したから・・・」

「おまえは馬鹿かい?こんな子供との約束なんかどうでもいいだろう。
食われるかも知れないというのに」

「フォーくんとの約束ですから」

「???わたしは、おまえの言ってること理解できない。気持ち悪いから
さっさと行ってしまいな」

アマテルは「フォーくんまたどこかで会おうね。楽しかったよ。さようなら」

「お姉ちゃんどこ行くの?」

アマテルは振り返らずに無言で歩き始めた。

「お母さん嫌いだ。いつも僕が友達作ると首を噛んで僕から離すんだもん。
いつまでたっても友達出来ないじゃないか」

「私たちは家畜や家で飼われてる動物と違い、嫌われ者なの仲良くしたら駄目なのよ」

「いつもそう言うけど。僕だってみんなと遊びたいもん」

「親の言うこと聞かないと、あんたも噛み殺すよ。私たちはその辺の犬と違うんだ。
覚えときな・・・」


 その頃アマテルは、ここに来てたった数日だけど、いろんな動物と巡り
会ったことなどを思い起こしながら歩いた。大きな橋で、今日はここで休もうと決めた。

橋の下で一晩明かしたアマテルが水を飲みに川辺に来た時だった。
いきなり魚が空から落ちてきた。上を見上げるとカラスが旋回していた。

「カラスさん、魚落としましたよ」

「いいや、君に上げたのさ」

「ありがとう・・・でも、どうして?」

「きのう仲間の年寄りカラスを助けてくれたお礼さ」

「ありがとう」

「そっちに下りても好いかい?」

「どうぞ」

カラスはアマテルの前に下りた。

「僕はカイだよ」

「私はアマテルです」

「僕は昨日、君と野犬が遊んでるところ見たんだ?不思議な二匹だなって思ったんだ。
普通、犬と猫は仲が悪いだろ、なのに一緒に楽しそうに遊んでるんだもの。君はいったいなに者?」

「私はただのどこにでもいる普通の猫」

「僕をからかうのかい・・・普通の猫がカラスをかばったり、野犬と
仲良くしないぜ・・・一舜で食われておしまいさ」

「私は魔法使いでもなんでもありません」いつもの口調で淡々と答えた。

「あれだけ、生き死に関わることをやっておきながら、なぜ、そんなに落ち着いてられるの?」

「死が怖くないからかな・・・」

「それってどういうこと?」

「私たち動物にとって最大の問題は死なの。どんな動物も例外なく死にます。
それを知りながら誰もがその死に逆らって生きてるの。厳密に言うと逆らう
というよりも死を遠くに置いてると言った方が分かりやすいかしら。

でも、その死を超越することが出来るの。私のように・・・たったそれだけの違いかな・・・」

「どうやって超越したの?」

「色々あるけど私の場合は、死のうと木から飛び降りようとしたのその瞬間死を飛び越えたの」

「僕も死を超越出来るかな?」

「出来るかも知れないしそのまま死ぬかも知れないよ」

「死ぬんだ・・・・怖いな・・・僕には出来ないよ」

「わざわざ超越しなくてもいいと思うけど。時期が来たら自然と受け止めますよ」

「そっか、じゃあもう考えない」

「そうよ、いつかそういう時が必ず来るよ、今から焦らないの、楽しく今を生きてくださいな」

「うん分かった。でも君って不思議な猫さんだよね」

「不思議でもなんでもありません。只の普通の猫です。もし、違うとしたら
自分らしく生きてるっていうことかな」

「自分らしくって・・・みんな自分らしく生きてるでしょ」

「他の目を気にしないで生きてる?誰かに合わせようとかしてない?
私が言ってるのは本当の自分らしくっていうことだけど」

「本当の自分らしくね・・・そっか・・・そういえば、仲間のカラスに合わせてるかな・・・
合わせないと自分だけ取り残されそうで不安かも・・・なるほどね。ついでにもう一つ質問していい?」

「はい」

「アマテルはこれからどこへ行こうとしてるの?」

「決まってません。風の吹くまま・・・」

「僕もそうやって生きてみたいな・・・」

「生きてみたらいいじゃない」

「僕たちカラス仲間にはしがらみが多くてね・・・」

「そのしがらみはみんな自分で作ってるのよ。そこも私と違うところかな?」

「だって僕だけ勝手なこと出来ないじゃないか」

「あなたは何のために生まれてきたの?自分を楽しむためじゃないの?
他人に合わせたり、しがらみに従うために生まれたの?」

「でも、そうしないとカラス社会で生きていけないよ」

「そこなのよ・・・そこが私とちょっと違うところかな」

「猫社会で生きられるの?・・・」

「はい、ちゃんと猫社会でも生きてます」

「だって一匹で行動してるじゃないか・・・」

「今は一匹で旅を楽しんでるの」

「旅してどう?楽しいかい?」

「いろんな動物と話せて楽しいよ。ここであなたと会話してることも旅の途中の楽しみ」

「僕も出来るかな・・・ひとり旅」

「旅をしたければ、まず一歩を踏み出すのよ簡単なこと。旅は誰でも出来ます」

「・・・・・」

「今、わたしが言ったでしょ、しがらみからの解放」

「・・・考えてみます。今日は話が出来て楽しかった。気をつけて旅して
ください」カラスは空へ消えていった。

さて・・・・一回小樽へ帰ろうかな・・・

来たときのトンネルをくぐって小樽へ戻っていった。

END

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。