スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Amatel】全十夜-8

第八夜「不思議な町」

祝津をあとにしたアマテルは海岸沿を西に移動した。オタモイ・塩谷
・桃内・蘭島と漁港を探索しながら小樽の西の外れまで足を伸ばした。

蘭島の小さなトンネルを抜けるといきなり視界が開け、砂浜が続き遠くに
切り立った岬が目に入った。

小樽とは異質で独特のバイブレーションを感じた。

 ここはなんていう町?その小さなトンネルが異世界を繋ぐゲートのようにも
思えた。あのユラユラと少し違うけど共通する空気感があった。

さらに足を進めると民家の数が次第に増えてきた。歩きながらさっきの
空気感はなんだったの?

以前のアマテルなら感じないことでも、今のアマテルは感覚が研ぎ澄まされ、
ちょっとした異変を見逃さない。

町に入ったところで一件のほったて小屋が目に入った。
歩き疲れた身体を横にして砂浜の波を見てるうちに寝入ってしまった。

目が覚めたときには辺りが暗くなっていた。海には水平線にイカ付け漁の
明かりが横一列に並び、空は満点の星空。
こんな穏やかな気持ちで観る景色は久しぶりだった。

以前、子供の頃母親と祝津で経験して以来。いや、景色が穏やかではなく
観ている自分が穏やかなんだ。
心の穏やかさが受け止める景色も変えて観せるるんだ。アマテルは思った。


 「ねぇ、そこの猫さんここでなにやってらの?」声の主はマメ柴だった。

「景色を見てました・・・ニャ」

「楽しい?」

「はい」

「なんで?」

「綺麗だから」

「綺麗なの好きなんですか?」

「はい、あなたは?」

「どうでもいい・・・」


「毎日見る当たり前の景色だからそう思うのよ・・・」

「今日ここに泊まらない?」

「ありがとう。でも今まで寝てたからもう眠たくないの」

「なんだ、つまんない・・・」

「どうして?」

「わたし、知らない動物の話し聞くのが好きなの・・・」

「どんな話ししたらいいのかな?あなた猫の友達いるの?」

「いない・・・噛みつかれたことならあるけど・・・」

「あら・・・」

「猫は何であんなに運動神経が好いの?」

「犬だって鼻が良いじゃない」

「猫はジャンプ力も凄いよね」

「犬は噛む力が猫の数倍強いじゃない」

「・・・・」

アマテルは笑顔で「動物というのはそれぞれ特性というものがあるのね。
トンビや鷹さんは走るの遅いけどその分空を飛ぶことが出来るし、
遠くまで見える目がある。爪も鋭い。フクロウやテンは暗闇でも目が見える。
だからみんな自分の特性を心得て上手に生きてるの」

「そっか・・・おねえちぇん頭良いね・・・」

「あなたもすぐ分かるわよ。動物の中でも犬・猫は昔から人間に飼われて
食事を与えられているけど。カラスをごらん。毎朝人間の捨てたゴミを
あさって生きてるのよ。人間に嫌われながら。どう思う?」

「かわそう・・・」

「でも、私たちと違い大空を自由に遠くまで飛んで好きなところに
自由に行けるよ」

「そっか・・・」

「猫さんはなんでも知ってるね・・・」

「あなたより少し多く生きてるからね。せっかく人間に飼われてるのだから
人間の生き方も楽しんだらいいのに。」

「ワン、ありがとう。私、猫さんと話せてよかっ・・・」

「楽しんでね・・・さようなら」

「あっ、そうだ猫さんこれからモイレの辺り行くと楽しいこと
あるかもね・・・」意味ありげに言った。

「モイレね、分かった。行ってみるありがとう・・・」

歩き出したアマテルは立ち止まり振り返った。今話したばかりのあの
犬が消えていた。

「えっ・・・どういうこと???なんなの??・・・」


 少し歩くと????ただならぬ気配を感じていた??
今まで感じたことない悲しみが伝わってくる。その瞬間「死」の感覚を
味わった。ここは豚の食肉加工場だった。

初めての感覚を感じながら歩き続け、民家を抜けた辺りで大きな川に
ぶつかった。そこを跨ぐ大きな橋を渡り、小高い山の陰を歩いていると
大きな蛇が声をかけてきた。

「猫さん、どこ行くの?」

「モイレというところですけど」

「ここがモイレだよ」

「そうですかここがモイレですか・・・ありがとうございました」

「モイレになんの用が?・・・」

「分かりません。今さっき柴犬さんに『モイレで面白いことあるかも』って
聞いたので寄ってみました」

「この辺は面白いことなんかなんにも無いよ。あるのは防波堤とヨット
ハーバーと昔の番屋と夏場の海水浴所ぐらいさ」

「そうですか・・・急ぐ用事がないからゆっくり見て回ります。
ありがとう、さようなら」向きを変えて歩き出した。

「ちょっと待ってよ」

「なにか?」

「僕がなにも無いって言ってるのになんで行くの?」

「・・・理由がないと行ってはいけないの?」

「僕はここで色んな動物と話しているけど、この先なにも無いって
説明したらみんな引き返すけど・・・」

「引き返す理由がないから行くの・・・それがなにか?」

「行く理由もないでしょ・・・」

「理由はないけど、私の足が行きたがるから行くの・・・」

「行っても意味がないのに行くの?」

「行く意味があるか無いか、今なぜ分かるの?」

「今までもそうだったからさ・・・」

「今まではそうかも知れない、でもこれからは違うかも知れないよ・・・」

「なんで?」

「未来は決定してないから」

「だって今まではなにも無かったんだから、確率的にこれからも
無いはずでしょ・・・」

「なぜ決めつけるの?」

「確率的に・・・」

「今こうして私があなたに会った確率は?
北海道の全部の猫と、全部の蛇の中から私とあなたが出会う確率は?」

「・・・・・」

「確率だけでいうと天文学的確率よ。こんな出会いは確率で
解決できないよ・・・」

「・・・・・」

「だって二匹がこうして出会ったのは偶然じゃなく必然だから・・・」

「必然・・・?なんで?」

「あなたはここから離れることが出来ないでいる。あなたをここから解放
してくれる誰かを待ってたからよ。そこに私がタイミング良く通りかかった。
あなたが引き寄せた必然的確率なの」

「私は解放を望んでないよ」

「そう、それはよかった。じゃあなぜ私に声をかけたの?」

「通りかかったから・・・」

「あなた、ここを通りかかったものには全員声をかけるの?
私に声をかけたのは無意味なお節介なの?」

蛇は返答に困った「・・・・」

「本当は色んな地方を旅して、見聞したいのでしょ。その一歩が踏み
出せない・・・本当はあなたを縛るものなどなにも無いのよ。初めから・・・」

「無いの?」

「そう、無いの」

「初めから?・・・本当に?」

「本当に。っていうか最初から無かったのよ。自分で作った幻影なの」

「私が作った幻影?」

「そう、幻影。最初からなにも無いのに、あなたはその幻影をでっち上げて
しまったの。そして自分自身を縛り付けてしまった。でも、もう大丈夫です。
そのことに気づいたあなたは自由にどこへでも行けるの。
長い間お疲れ様でした・・・」

「ありがとうございました」蛇の顔が明るく輝いた。

蛇はこの場から一瞬で姿を消してしまった。

また消えた・・・・この町はいったいなんなの?
今のもわたしの幻影なの?・・・


 アマテルはまた歩き出した「まだまだ理解出来ないことがあるんだ・・・」
ワクワク感をおぼえた。

砂浜を歩いているとヨレヨレの一匹のカラスが、人間のゴミカゴをひっくり
返していた。次の瞬間カラスも一緒に転げ落ちてしまった。

「いでで・・・」

通りかかったアマテルがとっさに声をかけた。

「カラスさん、大丈夫?」

「ありがとう。わしは大丈夫だで・・・ほらこのとおり」

カラスは羽をひろげてみせようとしたが、右の翼が思うように開かない。

「いででで・・・」

アマテルはそっと駆け寄り「大丈夫?」

「いででで。年を取ると動きが鈍くてかなわんのう・・・
猫さんありがとうね」

「いえ、本当に大丈夫ですか?巣まで私が運びましょうか?」

「どやって運ぶんじゃ?」

「私の背中に乗ってくれたらいいですよ」

「わしがお前さんの背中に乗って、隙を見て首にくちばしを立てたら
お前死ぬぞ・・・それでも乗せるのか?」

「いいですよ」

「なにがいいのじゃ?」

「くちばしを立ててもいいですよ」

「お前は馬鹿か?カラスが背後からくちばしを立てるということは、
殺すという事ぞそんなことも分からんのか」

「カラスさんは私を殺したいの?」

「わしだって年老いてもカラスじゃ、猫の一匹や二匹やろうと思えばまだまだ
やれるで・・・」

「やるって、殺すっていうこと?」

「そうだ・・・」

「わたしを殺すの?カラスさんが?」

「・・・・・」カラスは返答に困った。

「ねっ、だから背中に乗ってもいいわよ」

「お前さんは変わった猫よのう・・・」

カラスは未だかつて出合ったことのないタイプの猫に興味を覚えた。

「わしが背中に乗ると爪を立ててしまうから、背中に傷がつくので出来る
限り歩くからその横をトンビや鷹から護ってくれんかのう・・・」

「はい、わかりました。気をつかってくれてありがとうございますニャ」

(今度は、こいつの方から礼を言った。なに者?馬鹿猫?)
カラスは心の中でで呟いた。

「はい、ただのメス猫です。馬鹿猫もあってますけど・・・ニャ」

カラスは立ち止まりアマテルの方を向いて「わしの心が読めるのか?」

二匹は山の方角に向かってしばらく歩いた。大きな鉄塔の下を通りかかった
その時だった。後方から黒い影が爪を立ててカラスに襲いかかってきた。

「あぶない」叫びながらアマテルは猫パンチで相手を威嚇した。
襲いかかってきたのはトンビだった。

トンビはそのまま舞い上がり上空から鋭い目で隙を狙い、
円を描いて飛んでいた。

「猫さんありがとうね、あいつは昔からわしと仲悪いのよ。
隙を見せたらいつも襲いかかってくるんじゃ」

アマテルはカラスを巣に送り届け、もどってくる途中で空から声がした。

「おい、おまえさっきは何でカラスをかばった?」

声の主はカラスに襲いかかってきたあのトンビ。

「だって、カラスさんがケガしてたから私が巣まで送る約束したニャ」

「お前は猫だろがなんでカラスを守る?」

「だから、守る約束したからニャ」

「あいつは悪いカラスなんだぜ・・・」

「私には悪いかどうかなんて関係ありません。ケガをしてたから送り届けた
それだけニャ」

「じゃあ私がケガしたら同じことするのかい??」

「希望とあればします」

「なんで?」

「断る理由がないから」

「普通断るでしょ。私は猫の天敵なんだから」

「あなたもカラスさんと一緒ね」

「失礼な・・・私とカラスを一緒にするな」少し威圧的な口調になった。

「なぜ怒るの?」

「当たりまえだろ・・・わたしをカラスごときと一緒にするな・・・殺すぞ」

「殺す?どうぞ」

「本当に殺すぞ」

「だから、どうぞ・・・」

トンビはアマテルの目の前に勢いよく降りた。

「怖くはないのか?」

「べつに・・・」

「お前は死ぬんだよ」

「はい・・・」

「変わった猫だねえ」

そこにもう一羽のトンビがやってきた。

「お母さんどうしたの?」トンビの息子だった。

「この猫殺されてもいいって言うのよ」

「そうなんだ。母さん良かったね、じゃあ殺そう」

アマテルが「どうぞ殺してください」

母トンビが息子に「ねっ、言ったでしょ」

息子は「じゃあお言葉にあまえて・・・いただきま~す」

そう云ってアマテルに近寄ってきた。


END

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。