スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Amatel】全十夜-6

第六夜「心身脱落と親方」

 「ミルさんただいま戻りました」

「おう、戻ったか」

「母親を見送ることが出来ました」

「そっか、お母さん亡くなったか。心ゆくまで母親を偲んであげなさい・・・」

「はい、ありがとうございます。そうさせてもらいます」

そしてアマテルは自分の住みかに籠もってしまった。


 幾日も幾日も外に顔を出さない。アマテルは絶望の淵にいた。
身も心も疲れ果てて生きる気力も死ぬ気にもなれない。

そんな絶望の日が何日も何日も続いた。

もはや、頭の中は「死か生か」この選択しか無かった。

ハッキリ言ってそのどちらもどうでもいいと思った。

表に出て死のう。死んでどうなるのでもないけど・・・とりあえず死のう。
お母さん、ミルさん、祝津のみんなありがとう・・・・わたし旅立ちます。

この辺で一番高い場所を探した。この上から飛び降りよう・・

一本の背の高いポプラの木を見つけた。一番てっぺんに登った。アマテルは
死を選択したのだった。

「本当にみんなありがとう」手足の爪を納め、目を瞑り、足を踏ん張って
飛ぼうとした次の瞬間だった。

アマテルの胸にどこからか声が響いてきた「アマテル!」心の奥深くから
聞こえる声だった。

その瞬間。こみ上げるような熱いものが胸を突き上げ弾けた。
生まれてから今日までのこと。今回の猫生のずっと前の猫生これから
生まれる予定の猫生と場所。

猫族の仕組み。犬族の仕組みそのほかのことが一気にアマテルの中を
過ぎっていった。

なんか全部理解できる。

世界が変わった。

次の瞬間涙が流れだした。

ポプラの先端で一匹の猫が大泣きしてると顔見知りのスズメがミルに
報告に来た。ミルはポプラの先端を眺めた。

「超えたな」ミルは呟いた。

しばらくしてアマテルは木から下りてきた。下ではミルが待っていた。

アマテルが地に足をつけたのを見計らい声をかけた。

「やったな、おめでとう・・・」

「ありがとうございます。切っ掛けを与えていただき感謝します」

「超えたあとの世界をゆっくり楽しみなさい」

「はい、そうさせていただきます」

それが二匹の最後の会話だった。

 
 数日間籠もったアマテルは、今まで疑問に思っていた事など答えを一つ一つ
味わい、そして楽しんだ。

七日目の早朝、小屋から出て、ミルの休む小屋の方角に頭を下げそのまま
天狗山を下りた。

 
 今のアマテルは恐れや不安など一切感じられない。あるのは歓喜だけ。

総てはあるがままにある。

あるべくしてある。

世界は実に上手くできている。

なんの問題もない。

すべてが完璧。

これが今の心境。

このまま他界して元の世界に戻ろうか。そう考え始めた。

そこに一匹の老犬が通りかかった「のう、そこの猫さん」

「はい」

「この辺にミルというヨークシャーテリアは知らんかね?」

「ああ、あの天狗山のスキー場のリフトの下に行ってください。
あの辺にいつもいますよ」

「そうですか、ありがとう・・・」

「気をつけて下さいね」

「ねえさん、何があったか解らないけど生きてくださいな」そう言い残し
天狗山の方に歩いていった。

「あっ・・・ハイ??ん??・・・えっ?」

アマテルが振り返るとその老犬は既に消えていた。

「・・・・生きろということか・・・ニャン」同時に心の奥底から笑いが
こみ上げてきた。

とりあえず行く当てがないから、もとの世界に戻ろうと色内神社の
鳥居のところでユラユラを待つことにした。

前回来た時と今回の自分ではまったく違う。

 
 港を歩き始めてすぐに呼び止める声がした。

「おい、アマテル・・・アマテルじゃねえか」声の主は犬のクニオだった。

「久しぶりだな・・・その節は世話になったな。元気にやってるか?」

「クニオさん久しぶりです。わたしは元気です」

クニオは職業上相手の態度や口調から相手の心境を読み取るのが早かった。

「アマテルさんよ、あんたにいったい何があった?尋常じゃねえなその目・・・
話してみねえか?」

アマテルはうっすらと笑みを浮かべながら「自分が見えたんです」

「なんだい・・・坊主の問答みてえな言い方だな。俺難しいこと
解らねえけんど、お前さんには世話になったからなんか困ったことあったら
言ってくれ。俺に出来ることなら何でもすっからよ」

「はい、ありがとうございます。いまのところ間に合ってますから・・・」

「そっかい、いつでも言ってくれよ。じゃあな」

そう言ってクニオは去っていった。


 祝津に戻ったアマテルは岸壁で佇んでいた。

「アマテル・・・アマテルさん」

空の方から声がした。声の主は例のカモメだった。

「アマテルさん久しぶりだね」

「はい、カモメさんお久しぶりです」

「アマテルさんの雰囲気が前と違うのでどうしたかなと思い声をかけました」

「なにも変わりませんよ・・・今も昔もね」

「そうですか・・・海がしけて高波になります。気をつけて下さいな・・・」

「はい、ありがとうございます」

みんな気にしてくれてありがたいニャ・・・

それから漁協に顔を出した。

ハチが「アマテル元気になったかい。お母さんは残念だったね。
あんたはお母さんの分まで長生きしなさいね」

「はい、ありあとうございます。ハチさんも」

数匹の猫がアマテルの周りに集まってきた。

「みなさん、母が生前大変お世話になり本当にありがとうございました」

ニャン吉が「なに、堅苦しいことは抜きだ、また一緒にここで俺たちと
暮らそうニャン」

アマテルにたいする純粋な気遣いが感じられた。


 それから数日が過ぎ祝津に三十匹ほどのガラの悪そうな猫達が突然現れた。
いきなりジン平を取り囲み顔に傷のある身体の大きな猫が威嚇してきた。

「おい、この港の頭は誰が仕切ってるニャ?・・・」

ジン平が「ニャン吉さんですけど・・・ニャン」

「ニャン吉さん・・・けっ・・ちんけな名前だぜ・・・そのニャン吉さんと
やらををここに呼んでこいや」

「あ・あ・あんたは誰だ?」

「雑魚は黙ってろ。そいつに話すから呼びな・・・」

「お・お・俺はあんたの手下でも何でもねえぞ・・・」

「今はね・・・とっとと呼んでこいや。毛抜くぞ・・・髭も全部
取っちまうぞ・・・オラ」

ジン平はシッポを下げたままニャン吉を探しに行った。

しばらくしてニャン吉がその猫たちの前に現れた。

「おう、あんたがニャン吉さんかね」

「・・・あんたは?」

「俺はゲン、今日からこの港を仕切らせてもらう」

「なに?ゲンとやら、何に寝言いっとる。お前は馬鹿か」

「ニャン吉ちゃんさあ、俺の云ってること・・聞こえなかったようね、
ちゃんと聞こえるようにしてやろうか?聞きたくないならその耳必要ないから
切り取ってやろうか?どうする?返事しろ・・・コラ・・・」

「お前らさっさと札幌に帰りな・・・」

ゲンは「おいっ」周りにいた数匹の猫に合図をした。

待機してたその猫達がが一斉にニャン吉を取り囲み噛みついた。
ニャン吉は抵抗出来ず、血だらけになりその場に倒れ込んでしまった。

ジン平が「ニャン吉大将・・」側にかけ寄ったが既に虫の息。

ゲンは淡々と話した「おい、ジン平よ、俺たちが何を言いたいのか
理解できるよね・・・聞こえてるニャ?」

「はい、・・・解ります」

「じゃあここの港の猫をみんな呼んできてくれるかな?」

「はい・・・」ジン平はシッポを下げたまま歩き出した。

十数匹の猫が集まってきた。

ゲンの前には血だるまになったニャン吉が放置されていた。

「みなさん、俺はゲン。札幌から今来たところなのね、ここ祝津港は
このニャン吉さんから俺が任された・・・
今日からここは俺たちが仕切るニャン。文句ある猫いる?」

横たわっているニャン吉に後ろ足で砂をかけた。

「俺に従ってくれないニャン子ちゃんは、ニャン吉さんみたいに
こうなるかもね・・・どうするニャ」

「なぜそんなことする・・・」アマテルだった

「おや?聞こえない猫ちゃんがいるのね・・・感心感心オイお前ら・・・」
ほかの猫たちに目配せをした。

猫たちはアマテルを一瞬で取り囲んだ。

アマテルはその場に座り込んみ取り囲んだ猫たちの目をじっと凝視した。

すると取り囲んだ猫達が徐々に後ずさりを始めた。そのうち震えて逃げ出す
猫も出てきた。

ゲンが猫達に向かって「おい、おまえら何やってやがる・・さっさと
けりつけんかい・・・」

ゲンが話し終わる前に取り囲んだはずの猫は全員いなくなっていた。

その様子を見たゲンはアマテルに向かって歩き出した。

「おい、こら・・・」

アマテルはゲンを凝視した。

アマテルをみたゲンはその目が異様に思えた。大鷲が小動物を狙うような
鋭い眼光。同時にアマテルの顔がデコボコに見えたり鬼の形相にも見えた。

ゲンは足がすくみ始め、そして「おい、お前らこの島はやばい、
とりあえず帰るぞ」こうして猫の集団は退散した。

みんながニャン吉大将のところに駆け寄った時には既に息絶えていた。

みんなは何が起こったのか?どうしてあの悪猫たちが退散したのか、
理解できないまま呆然としていた。

一匹の子猫が「お母さん何があったの?親方どうしたの?」

母猫は返事をしなかった。正確には母親も何が起こったのか理解できない。

アマテルは「さっ、親方を家に運んであげてください。奴らは戻らないと
思うけど、念のためわたしがここに残って番をします」

こうして祝津の悲惨な一夜が明けた。

アマテルは「なんでこんな惨いことを・・・何のために・・」

この世の無常を感じていた。

END
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。