スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【HisaeⅡ(ピリカ)】全14話-10

10,「モモの死とミルキー」

Hisaeは翌昼頃に目が醒めた。

布団から出て第一声が「寝て起きたらアイデア忘れた~~~~。
ガ~~~ウ~~~げ~~~ビ~~~・・・・まいっか、又考えよ」

朝食を食べ心を落ち着けてパソコンに向った。


 ピリカと佐伯が札幌駅で別れて数ヶ月が過ぎた。空には冬の空特有の
重そうな雪雲がそろそろ白いものを下界に降らせましょうかね・・・
と言ってるような感じがする。ピリカと佐伯はラインで近況報告をしていた。

ピ「今日、天気予報で今年初の雪マークを見ました」

サ「こちらは銀杏の葉が黄色く色づいて綺麗です」

ピ「ところで卒業後はどうするんですか?」

サ「オジンなので就職に難儀しております。
  今日も不採用通知が来ました。これで三十九社目です」

ピ「ガンバです・・・」

サ「頑張ります」

ピリカは思った。佐伯さんは良い人なんだけど若さが・・・
例の能力を活かした仕事に就いたら最高だと思うんだけどなぁ。

例えば、動物園・ペットショップ・警察犬訓練士・馬関係・牛関係
けっこうあると思うんだけど・・・。

そんな時だった。

佐「就職の内定通知が来ました!」

ピ「やったぁ↑↑おめでとうございます。で、どんな仕事ですか?」

佐「農家です」

ピ「家畜農家ですか?」

佐「いいえ、普通の果物農家です」

ピ「なんで農家なんですか?」

佐「これからは農家の時代です」

ピ「どこで農家しますか?」

佐「余市町です」

ピ「余市って小樽の隣の余市町?」

佐「そうです」

ピ「ゲゲッ・・なんで余市町なんですか?」

佐「知り合いが余市町に住んでいて紹介していただきました」

ピ「春から働くの?」

佐「そうです。二年間は給与をもらいながら実習生として地元の農家さんに
  世話になり、その後は町の援助を受けて独立し畑を持ちます」

ピ「頑張って下さい、応援します!因みに私の実家は同じ後志管内
  の倶知安町で、余市から車で四十分の距離です。今度、案内します」

そっかぁ・・・余市で農家か・・・思い切った選択したのね。


そして春になり、佐伯は余市町に移住してきた。引越しの手伝いで
ピリカは余市を訪れていた。

「佐伯さん、本当に余市で良いの?農家はどこにでもあるのよ」

「余市じゃあ駄目なのかい?」佐伯は怪訝そうに言った

「駄目というよりも、北海道の農家って半年は収穫が無いの。それが大変で
跡継ぎが無く離農する農家が多いの」

「そこが良いのさ。半年一生懸命働いて半年は自分の好きなことやって暮すんだ。
僕にはもってこいの仕事さ。そして、出来るだけ沢山の動物を飼うのが夢なんだ。
動物といっても食用とは違うよ」

「わかってます。私達にそんなこと出来ないよ」

「私達ってどういう事だい?」

「私達のような能力者のことよ。それ以外に何か?」

「あっ、いや・・・僕が自立する頃はピリカさんも卒業だね。ところで、
これから余市神社にお参りに行こうと思うんだけど、ピリカさんも付き合わない?」

「いいよ」

二人は車で出かけた。

余市町の象徴シリパ岬、その下場にその神社は位置していた。

「へぇ・・・ここにも龍が関係してるんだ」ピリカが呟いた。

「なんか言った?」

二人はお参りを済ませ神社の境内から港を眺め唖然とした。

ピリカには港に浮かぶ数隻の船の上にそれぞれ小さい龍が、船を見守るように
浮かんでいるのが視えた。

「余市ってチョット不思議な町ね・・・」

「えっ、?何が??」

「何でもない。でも、私は山の生まれだから海の事よくわからなかったけど、
どこか心引き締まる思いがしていいわね」

「何が?」

「いいの・・・特に視界が広いのが良い。あの水平線の向こうはロシアよね・・・
なんか不思議」

「そうだよね、ロシアか・・・僕達本州の人間には無い感覚だ・・」

「そうだ私、倶知安経由で札幌に帰る。駅まで送ってください」

「ああ、また遊びに来てよ」

「わかりました。今度は近いから、たまに顔出します」

そう言ってピリカは倶知安に向った。


「只今帰りました」

小屋から愛犬モモと猫のユメとミロが顔を出した。

「みんな、ただいま」

「ピリカおかえり」モモが言った。

ユメとミロが同時に「ピリカお姉ちゃん、おかえり」と挨拶した。

「ユメもミロも大きくなったね、元気だった?」

三匹とピリカはしばらく笑いながら話しをした。

「おや、ピリカおかえり」

「お父さん、ただいま~~」

「どうだね調子は?」

「うん、変わりないよ。そろそろ卒業後の進路決めようかなって
思ってるんだけど・・・なかなか思うところが無くって」

「そうか、もうそんな時期なんだ。五年なんてあっと言う間だね。
もう就職の事考える時期なんだ」父は時の早さを感じた。

「な~~にお父さん・・・チョット爺くさいけど」

そこに母親が声を掛けてきた。

「何ですか・・・お父さんに向って爺くさいなんて」

「だって、お父さんが爺ちゃんみたいな表情するから・・・」

「今日は連絡も無しにいきなりどうしたの?」

「うん、用事で余市に来てたから、そのまま帰って来たの」

「じゃあ、泊まっていくのかい?」

「うん、泊まっていきます。で、ミミは?」

「相変らずミロと不良してるよ・・・」

「ミロはさっきモモの小屋にいたよ」

そんな時だった。ベランダのガラスをユメとミロが開けろと叩いていた。

「ハイハイ・・・どうしたの?」ピリカはベランダを開けた。

「お姉ちゃん、モモが・・・どうしよう・どうしよう」

ピリカは咄嗟に玄関に向った。

そこには、長い舌を出し泡を吹いているモモの姿があった。

「モモ!どうしたの・・・?」

軽く目を開けた。

「どこが痛いの?」

「・・・・・・・」

「ねえ、どこが痛いの?モモ!」

「・・・・・」

「ユメ、お父さんとお母さん呼んできて!」

ピリカは眼を閉じた「ルーお願い!教えて下さい!」無我夢中でルーに
語りかけた。

応答がなかった。

「ルー教えてお願い・・・」

やはり返答がない。

次に取った行動はモモの心臓の辺りに手を添える事だった。

ピリカはモモの身体の中に入っていったが疾病ヶ処がわからない。

「ルーどこが悪いの?教えて!」

「寿命」

「なに?寿命ってどういう事?嘘でしょ・・・さっきまで
あんなに元気だったのに、ルー!嘘と言って・・・ねぇ・・・」

ピリカの意識が戻った。

「ピリカ、どうかしたのかい?」母親の声だった。と同時にモモの異変に
ふたりは気が付いた。

「モモ・・・どうした?・・おいモモ・・・」父親の呼びかけにもなんの
変化もなかった。

小屋の上ではミロとユメが心配そうにしていた。

ピリカが口を開いた「ミロ、お願いあるの。ミミを急いで探してきて!
モモが死にそうだって伝えて・・・」

ミロが「ピリカお姉ちゃん、モモ死んじゃうの?」

「わからないけど、とりあえずミミを呼んできて。ミロならミミがどの辺に
いるかわかるでしょ?早く!」

そのやり取りを見ていたユメが小屋から飛び降りモモの頭を小さな舌で
舐め始めた。

母親が「ピリカ、何があったのか説明して」

「心臓が弱ってるの。この様子だとたぶん明日までは持たないと思う。
リビングにモモ運んで良い?寒がってるから毛布を何枚か持ってきて」

モモはリビングに移されたが様態に変化はなかった。

その時、ベランダのガラスを叩く音がした。ミミだった。

ピリカが窓を開けミミとミロをリビングに入れた。

ミミは真っ直ぐモモのところに向った。

「モモ・・モモ・・ねぇモモ。なんか言ってモモ」

横たわっていたモモのシッポが微かに動いた。

モモの身体を三匹の猫が舐め回す光景がいたいけだった。

ミミが「モモごめんね・・・いつもミロとユメの面倒を・・・ありがとうね。
大好きだよモモ・・・」

ピリカはミミ達の会話をそのまま両親に伝えた。

父と母はモモと猫たちの光景を泣きながら見ていた。

母親が「ピリカ、本当にモモはもう駄目なの?」

「正直、大学でこんな光景は何度も診てるけど大方が無理だった。
たとえ今、薬で持ちこたえたとしても長くは持たないと思う・・・」

「だってお前のあの能力があるだろう?」母親も泣いていた。

「やったわよ!」ピリカの強い語気だった。

「でも、たぶん無理・・・ガイドが寿命って教えてくれたの・・・」

部屋には沈黙が走り三匹の猫がモモを囲んでいた。

ミミが「ピリカ姉ちゃん、モモ何とかして。ねぇ治して、ねぇ・・」

ピリカには返す言葉がなかった。

そして三時間後そのままモモは旅立った。

ミミ・ミロ・ユメは、その後も寄り添いモモの遺体を舐め続けていた。

「みんな、モモは遠くに行ったよ・・・」ピリカはそれ以上の言葉が
出てこなかった。

ピリカは翌日の昼頃札幌に戻りモモの写真を写真立てに入れて机の上に飾った。
瞬間脳裏にはピリカが小学生の時、モモが家にきた日の記憶が鮮明に甦ってきた。
涙が溢れ出た。

動物の死には幾度となく出くわしているが、我が身に起こった時の衝撃は
特別のものがあった。
ペットを連れてくる家族はみんな同じ思いなんだと、生命に携わる仕事の
その重みをモモが教えてくれたのだ。


それからしばらく勉強に専念し六年の大学生活を終え獣医師免許を取得した。

合格の報告のためしばらくぶりで倶知安町に帰省した。

家の横にあったモモの家は撤去され花壇になっていた。

「ただいま~~~」

「ピリカ帰ったの?」出迎えたのはミミだった。

「ミミ、ただいま。ミロとユメは?」

「最近、家に帰ってこないの」

「へ~~何処かに彼氏でも出来たかな?ミミは元気だった?」

「うん、元気」

「あんた、何歳になるの?」

「この家に来て九回雪降った」

「じゃあ九歳半くらいか・・・婆ちゃんジャン」

「べ~~~・べ~~~」

「は・は・は久々にミミのべ~~べ~~聞いたね。あんた変わらないよ」

「おや、おかえり」母親が言った。

「何かいいこと、あったのかい?」

「ミミが可笑しいのよ・・・」

「あんた、ちょうど良いところに帰ってきたよ」

「何かあった?」

「うん、お父さんが仕事帰りに犬を連れて帰ってくるの。
ヨークシャー・テリアの子供なんだけどね。知り合いの人が譲ってくれた
みたいなの。またメスらしいの」

「へえ~~ヨーキーか・・・楽しみ・・・」

そこにミロが帰ってきた。

「わ~~ピリカ姉ちゃんだ!何かちょうだい」

「あんたねぇ・・・挨拶無しにいきなり何かちょうだいなの?」

「べ~~~」

「始まった。都合悪いとすぐべ~~~ね。あんたら親子は」

「ユメはべ~~言わないよ」

「ユメはモモに育ててもらったからそんなこと言わないの」

「はは~~ん、ピリカ姉ちゃんまだ知らないんだ・・・」

「なにがよ。ユメがどうかしたの?」

「ユメねぇ、近所でも有名なゴン太と付き合ってるのよ」

「へぇ~~、ゴン太って言うの・・・別に良いじゃない?」

「ゴン太って子供三十四匹いるんだよ!」

「へぇ~~やるもんね」

「もう出来てるかもね」

「ミロ、それ本当なの?」

「しらな~~~い」

ミロはそのままいなくなった。

「ねぇお母さん、ユメに子供出来るかも知れないってミロが言ってるよ」

「うっそでしょ・・・」母親のコーヒーを入れる手が震えていた。

それから数時間後父親が子犬を連れて帰ってきた。

「ただいま~~」

「お帰りなさい、お父さん」

「おう、ピリカ来てたのか。ちょうど良かった。今日から我が家の家族になる
ワンちゃんだ」

父親が段ボール箱をそっとピリカに手渡した。

ピリカが取り出したのは生後三ヶ月のヨークシャーテリアの子犬。

「わ~~!あんた可愛いね・・・」

子犬はピリカの顔を不思議そうに眺めた。

「驚かせてごめんね、私はピリカ。あなたと話が出来るの宜しくね」

「ここどこ?・・・お母さんって帰る」

「今日からここがあなたの家なの。他にもあなたの仲間がいるのよ」

「か・え・る・もん」

「お母さん、みんないないの?」

「さっきミロがいたけど・・・チョット見てくるね」

母親がミミとミロを抱えてきた。

ミミが「ピリカ、この犬なに?」

「今日から仲間になる子」

「名前は?」ミロが聞いた。

「そっか・・・チョット待ってね」

「お父さん、この子名前は?」

「前の家ではミルキーって呼んでたみたいだけど。なんか適当に考えようか?」

母親が「ミルキーか・・・それでもいんじゃない?」

ピリカが「可愛い名前ね。私も賛成」

「じゃあ、我が家もミルキーで決定!」父が言った。

「ミミ、ミロ、この子はミルキーです。宜しくね」ピリカが言った。

「いやだ帰る。お母さんって帰る」小さな声のミルキーだった。

ミロが「この家は楽しいよ。遊ぼうよ」

「お母さんって帰る・帰る・帰る・・・・」

その日、ミルキーは一晩中リビングで鳴き通した。


翌朝、ユメが顔を出した。

「ユメお帰り、朝帰り?」ピリカが言った。

ユメはピリカを無視して「おはよう、ミルキーちゃん。私、ユメだよ」

「帰る・・・お母さんって帰る」相変わらずのミルキーだった。

ピリカが言った「夕べからずっとこの調子なのよ」

「なるほど。ミルキー、あなたはこの家の子になったのよ。
だから私達と暮すの。わかりましたか?」

「暮らすの?この家で?・・・お母さんは?」

ユメが「そう、暮らすの。でも、ミルキーのお母さんは、
もうミルキーとは別に暮らすの・・・わかった?」

「ハイ」小さな声で呟いた。

ピリカが「ユメ、ミルキー今なんって言ったの?」

「ハイって・・・」

「うっそ・・・・???」なんでそんな簡単に??

「この子、自分の状況がわからなくて不安だったみたい。
だから、この家の子になるんだよって・・・それだけ。
そしてらハイって言ったの」

「ユメ、あんた凄いね・・・」

「だって・・・私の彼、子だくさんだから色々子育てのコツ聞いてるもん」

「たしかゴン太とかいう子だくさんの猫よね?」

「ピリカ姉ちゃん、誰に聞いたの?」

「ミロだけど・・・どうかした?」

「あいつ、ゴン太にふられたもんだからそんな言いかたして」

「なんにもゴン太の悪いこと言ってなかったよ・・・っていうか
ミロはゴン太にふられたの?」

「そう・・・私が勝ったの」

「あんた達ね・・・姉妹でしょ?・・・まったく。それより、これからは
ミルキーの面倒見てね」

「うん、わかりました」

「ミルキー良かったね・・・ユメ姉ちゃんが面倒見てくれるって」

ミルキーが「ユメ姉ちゃんが私の新しいお母さんになるの?」

「私、あんたのお母さんではないけどよろしくね」

「ユメ母さんって呼んで良いですか?」

「まぁ、勝手にしな・・・」

それからのミルキーはユメにべったりだった。

事の経緯を父と母に報告し札幌に帰った。

その後、ユメはミルキーの面倒と躾に忙しく、ゴン太が誘っても拒否することが
多くなり別れた。妊娠はしていなかった。

ユメは死んだモモがやっていた犬の習性を熟知していたので、
犬らしさをミルキーに教えていた。

父親がある時「母さん、ミルキーって死んだモモにどことなく習性というか仕草が
似てないか?」

「私もそんな気がしてたの。もしかしてユメがミルキーの躾してるから?
でも、どっちにしろ我が家に馴染んでくれて良かった」

「本当だ・・・家に来た日は一晩中鳴いてどうなることかと思ったもんなあ」

「本当ね、ユメに感謝よ。そうそう、ピリカに電話しなくちゃ。あの娘心配してたから」

Hisaeは泣きながらキーボードを叩く手を止めた。
モモを殺してしまった・・・嗚呼、どうしよう・・・

私、モモ好きだったのに・・・勝手に手が動いてしまうんだもの。
ミルキーを登場させて何とか慰めにしたつもりだけど・・・でも・・・

これからどういう展開に持っていこう?ピリカは少し良い子ちゃん過ぎね。

少し刺激を与えようかしら?・・・フフ・・私ってサディストかも?・・・

END
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。