スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Mari】全8話-8

8「私はマリ、ジッタが死にそうだけどなにか?」完結編

マリは部屋でひとり、一日が過ぎるのをじっと待っていた。
明日起床して日付けが変わっていないようだったら、とりあえず
同じ夢を視たシリパさんに連絡を取ってみよう・・・

落ち着かないまま翌朝を迎えた。

布団から飛び起きたマリは居間に下りて朝刊の日付を見た。

余市に行ってから2日が過ぎていた。正常に戻っていた。
大きく安堵のため息をついてソファーに座り込んだ。
昨日の空白の一日・・・あれはいったいなに・・・???

そうだ、あとでシリパ姉さんに電話しよう。

朝食が終わり9時を待って電話をした。

「シリパ姉さん?」

「マリ・・・そろそろ電話なる頃だと思ったよ」

「シリパ姉さんも時間が変になったの?」

「そう、私も一昨日を2回繰り返したよ。ガイドに聞いても
教えてくれないから自分で解決しなってことだよ。

昨日のことと余市の夢と必ず関係してるはずなんだ。
それが解けたら全体像が見えると思うんだ。
私とあんたは同じ事を学んでいる気がするんだ。
ポイントはそこだよ・・・」

「うん、分かりました・・・・でも、シリパさんは分かるけど何で私が?
さっぱり分かりません」

「とにかくなにかを学ぼうとしてるの、だから目を背けたら駄目」

「ハイ、分かりました」そう言って電話を切った。

マリは机に向いメモをとった。余市・ニッカ・箱・封印・
六に源せよ・・・なんだろう・・・・マリは皆目見当がつかなかった。



 それから数日が過ぎマリは街に墨を買いにやってきた。
世話になっている書道具店に入った。

「この墨下さい」

「はい、2千円です」

「はい」

「ありがとうございます。あっ、そうだマリちゃん花岡先生が入院
したって知ってる?」

「えっ、先生が?なんでですか?」

「知らないんだ・・・なんでも書道部の生徒の話だと、一ヶ月前に
札幌医大に緊急入院したって聞いたけど病名は詳しく知らないって」

「そうですか・・・ジッタが入院・・・」

マリはその足でショップTGに寄った。

「店長、ジッタ入院したって知ってます?」

「いや、ジッタ入院したの?なんで?」

「私も今、書道具店の店主に聞いたとこなの」

「僕も全然聞いてないよ、どうしたんだろ・・・」

「分かりました。学校に問い合わせてみます。分かったら店長に
連絡します」

そう言い残しマリは足早に駆けだしていった。

マリは学校の職員室の引戸を開けた「こんにちは、すいませ~ん」

遠くから声がした「マリ、マリじゃないか」

英語の教師三宅だった。

「三宅先生、お久しぶりです」

「マリどうしたんだ?珍しいじゃないか。元気だったのか?」

「はい、元気です三宅先生もお元気そうで」

「うん、僕はこのとおり元気だよ。で、今日はどうした?」

「花岡先生が入院したって噂を聞いたから・・・確かめに来ました」

「そっか・・・ジッタ先生には他言するなって言われてるから」

「じゃあ、医大に入院って本当なんですね?」

「う・・・うん。実はそうなんだ。もうひとつき前になるかな。
突然、頭が痛いからって、学校を休んで病院に行くって言い出して
病院の待合室で倒れたらしい。そのまま小樽の病院から札幌医大に
搬送されたんだ。小脳梗塞だったらしい」

「脳梗塞って何ですか?」

「血栓つまり血の固まりが脳の血管を詰まらせるんだ。
詰まった血管のヶ所から後ろに血が流れないから、その先の脳が死んで
しまうという怖い病気だ。幸い生き残っても半身麻痺とか言語障害・
記憶障害などの症状が出る場合も多い。重い場合は寝たきりもあるんだ。
ジッタは右半身に麻痺が残ってるみたいで今はリハビリ中なんだ」

マリはじっと下を向いたまま三宅の話を聞いていた。

「三宅先生、話していただいてありがとうございます。
わたし医大に行ってきます」

「うん、励ましてやってくれ。学校は先生の復帰を待ってるからって。
宜しく伝えてくれ」

マリはその足で小樽駅から札幌行の電車に飛び乗った。

わたし・・・ジッタの一大事を全然知らなかった・・・
吉祥寺までわざわざ心配で見に来たジッタの一大事を・・・

地下鉄に乗り換えて病院へ駆けつけた。

1038号室・・・ここか。どんな顔したら好いの?病室の前で
もじもじしていた。
その時だった、後ろから「マリ・・・」蚊の鳴くようなか細い声だった。

マリは声のする方を振り返ると目はおちくぼみ頬もこけて
青白い顔の男が立っていた。

そう、立っていたのは痩せこけたジッタだった。

マリは力なく言った「ジッタ・・・なんで?なんで黙ってたのさ。
調子はどうなの?」言い終えたマリはそのまま顔を下に向けてしまった。

「マリ・・・見舞いに来てくれたのか・・・すまないな」

「どうなの?」

「なにが?」

「身体の具合・・・」

「ああ、今は体力無いけどすぐ回復してまた学校に復帰するよ」

「今後じゃなくて、今はどうなの?」

「うん、ハッキリいっていまいちかな・・・」

「私に出来ること無いの・・・」

「今はないけど、退院したらテージの店でまたみんなで騒ぎたいな・・・」

「そんなんじゃなく、今、私の出来ること・・・」

「どうしたマリ、いつもの元気が無いじゃないか?」

「こんな状況で元気出せないよ・・・」

「そっか、マリもいっちょまえに気を遣うんだ・・・」

「うん、使う・・・いっぱい使う。ジッタが・・・」

「ジッタがどうした?」

「なんでもない。なんか食べたい物や読みたい本とかある?」

「・・・なんにも無い・・・早く娑婆に戻りたいよ」

「うん、待ってる・・・・必ず戻ってね・・・約束だからね」

「うん、約束する。待っててくれ」

「ジッタわたし・・・」

「なに?」

「さっき三宅先生に聞いて、そのまま急いで来たからなにも
持ってこなかった。

私、これから街でなんか買ってくるから食べたいものとかある?」

「いい、遠慮するよ。退院したらご馳走してくれ」

「今がいい・・・今してあげたい・・・今させて・・・」

「・・・マリ、ありがとう・・・じゃぁ新倉屋のごま団子食べたい」

「うん、狸小路に新倉屋あるから買ってくる・・・」

マリはそのまま病室から出て行った。

遠くから様子を伺っていた看護師が「教え子さんですか?」

「はい、教え子です」

「なんか凄く気落ちして淋しそう・・・・花岡さんのこと凄く
慕ってるんですね。遠くから見ていてもよく分かります」

「そうですかね・・・ぼくには何時もため口効いてますけどね・・・」
そのジッタの表情は憂いを含んでいた。

「気のゆるせない人には、ため口き使えません・・慕ってるんですね。
とっても好いあいだがらです」


 1時間ほどしてマリが再び病室を訪れた。

「買ってきたよ」包みを差し出した。

「ありがとうな・・・マリも一緒に食べよう、一緒にどうだ?」

「うん」

「それにしても今日は、何時になくおとなしいな・・・」

「だって、ジッタの一大事だから・・・」

「なんだマリ・・・先生のこと心配してけれるのか・・・」

「だって・・・私を貰ってくれるんでしょ・・・」

「貰うって嫁さんってこと?」

「うん」

「馬鹿だね・・・お前、本気にしてたのか?」

「なんで?ジッタがそう言ったじゃん。高校の時も卒業してからも
何回も何回も云ったジャン・・・」

「マリ本気にしてたの?」

「してたもん・・・したら悪いの?」

「そっか・・・悪いけど忘れてくれ。先生馬鹿だった」

「どういうことさ?」

「うん、先生な・・・たぶん長く生きられないと思うんだ・・・」

「なにが?小脳梗塞って運動機能で生き死に
関係ないって聞いたけど・・・」

「うん、調べて分かったんだけど、他に悪性の腫瘍も発見されて
手術ができない所にあるんだ。それがたったひと月で大きくなったんだ。
このまま大きくなったら身体に麻痺がおこる可能性あるんだって・・・」

「なにそれ・・・なんか好い薬とか治療方法は無いの?」

「うん、今のところ無いらしい」

いきなり「・・・・・私帰るから」

「あっ・・・そっか、今日はありがとうな、マリ・・・」

「また来るから・・私、諦めないから・・・」

そのまま病室をあとにした。

病院を出る前に受け付けロビー横のトイレに入った。瞬間必死で
こらえていた涙が溢れてきた。マリは声を殺してただただ泣いた。


JR南小樽駅で下車しそのままショップTGに顔を出した。

アヤミは入店したマリの様子から普段と違う何かを感じ「マリ・・・
どうした?・・・なにあったのさ・・・言ってごらん・・・」

アヤミの言葉に、今までこらえていた涙が溢れ、同時に緊張が緩み、
その場に座り込んだ。

アヤミが肩に手を添えて「マリなにあった?」

「ジッタがジッタが死にそうなんです・・・」

「えっ・・・なんで?・・・」

「頭に悪性の腫瘍があって・・・手術出来ないって・・・」

「そっか、とりあえずここは人目につくからバックヤードに
入ってな。店長に私から報告しておく分かったかい」 

「ハイ・・・」

アヤミが店長に簡単に説明した。

「なんだろね・・・ジッタ、最近顔出さないなって思ったら
入院してたんだ・・・・」店長も眼を赤くして言った。

マリが出て来た「ジッタが退院したら、ここでまたみんなで
飲みたいって言ってました・・・」

ジッタは「そっか・・・僕もみんなで飲みたいよ・・・とっておきの
水晶をお見舞いに持っていこうかね」

アヤミが「そうだよ・・・絶対治すよ。なんのためにこの商売
やってるのか分からないからね。ここで力を発揮しないとね」

店長が「そうだね。・・・で、とりあえずどれにする?」

店長の一言に2人はこけた。


 マリは3日間ネットの前にいた。当然癌の克服方法だった。

たくさん考え方や方法があるけど、免疫力に惹かれるけど・・・
人間の本来持ってる治癒力・防衛能力・・・これかな・・・

マリは早速病院に向った。

「ジッタいる~~~」

「おや、マリ来たのかい」

「うん、私、勉強したから・・・」

「なんだよいきなり・・・」

「だから、癌の勉強したんだそして癌は熱に弱いことも分かったの。
それで、温熱療法も併用してやってみようよと思うの。
っていうか私がやる・・・決めたのいいでしょ」

マリの顔からその意志の固さを感じた「マリ・・・ありがとうな・・
先生とっても嬉しいよ。ありがとうね・・・

でも、こんなところでマリの大切な時間を使わないでほしい。
他の同年代の女の子と同じようにしてほしい・・・
先生はそっちのほうがありがたいけど・・・」

「なにが・・・私が好きですることに文句あるわけ?」

「もう、先生のことほっといて、マリはマリらしくしてほしい」

「バッカじゃないの、これが私の選んだ道なの、マリのやりたい
ことなの。なんかもんくあるわけ?ジッタのば~~か」

「・・・ありがとうな、マリ」

それからマリは温熱治療器を購入しジッタに買い与え、
病院に隠れて独自の温熱治療を併用しながらはじめた。

初めは違和感を感じたが日を追うごとに痛みが和らいで、
ひと月が過ぎた頃には痛みは治まり顔色もよくなった。

そして週に一度のMRI検査が実施された。

医師は「花岡さん、腫瘍が半分以下になってます。奇跡的効果です。
もう少し薬を投与してみましょう」

結果にマリとジッタは喜んだ。

「マリ、ありがとうな・・・お前のおかげだよ。退院したらもう一度
吉祥寺行きたいな。先生がマリにお礼として旅行をプレゼントするよ。
吉祥寺と横浜や京都・大阪も先生行きたいな」

「うん、分かった。明日来る時は旅行のパンフレット持ってくるからね、
全額ジッタ持ちだから。忘れんなよ・・・」

「おう、ジッタに任せなさい」

この頃の二人は兄弟・・・いや夫婦のようだった。


それからまたひと月が過ぎ検査日を迎えた。

「先生どうですか?」

「う~~~ん、花岡さん、最近首の辺りに違和感を感じないですか?」

「いえ・・・感じませんけど・・・なにかありましたか?」

「脳の腫瘍は奇跡的に確実に小さくなってます」

「はあ・・」ジッタに笑みがこぼれた。

「ただし・・・」

次の瞬間、ジッタはいや~~な感じがした。

「リンパに新たな腫瘍が発見されました。間違いなく転移と思われます」

花岡は崖の頂上目前に突き落とされた気分だった。

病室に戻ったジッタを見てマリはなにかを悟った。

「ねぇ、ジッタ聞かせて。ジッタの顔色を見たら察しがついたの。
でも、ジッタの言葉で聞きたい・・・」

「マリ、先生死にたくないよ・・・まだ、マリとディズニーランド
行ってないし。横浜も京都も、大阪ユニバーサルだって行ってない」

「ジッタ、ちゃんと言葉にして話して・・・」

「うん、脳の腫瘍は小さくなってるけど、首のリンパに転移してるって。
やはり手術出来ないらしい」

「なんで?一生懸命頑張ったのに・・・」それ以上マリは言葉に
出来なかった。

部屋には暗く重い空気が居座った。

「マリ、先生退院する・・・そして旅に出よう。
もう一度吉祥寺や横浜などふたりで旅しよう。旅費全てを
全部先生がもつ。一緒に行ってくれないか?いや、行こう。
一緒に行こう・・・いや、おれと一緒にくるんだ・・・」

マリは首を縦に振った。その肩は小刻みにゆれていた。


 そして半月後、二人は羽田空港に降りたった。

ひと月間ゆっくりと時間を掛け、関東・関西をゆっくりと周り
抱えきれないお土産とたくさんの想い出をつくり帰路に着いた。

その後、半月ほどでジッタは眠るように息を引き取った。

マリは、絶望感からかジッタの葬儀後、心臓に病を患った。
ジッタが死んで49日目に心不全で息を引き取った。

ジッタの墓の横に小さいマリの墓が建てられた。日本海の見える
小高い墓地に二人は眠りについた。

いち教師と教え子の短い人生の幕は下りた。

  THE END
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。