スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Hisae】全8話-8

8「1000分の1㎜」

HisaeはヘアーサロンKONAにいた。

 「KOHEIくん、最近元気だったの?」

「はい、Hisaeさんこそ久しぶりですね」

「景気悪いから久しぶりの美容室なの」

「今日もいつも通りのカットで良いですか?」

「そうねぇ。今日はボンズ頭で」

「ハイ解りました」

「待って、普通・・本当ですか?とか?どうしました?
何かありましたか?とか、聞かない?普通・・・」

「Hisaeさんには無駄な言葉を吐かないようにと思って」

「・・・あんた正直ね。思ったことすぐ言葉に出すタイプでしょ」

「えっ!」

「フフッ・・いつも通りでいいわよ」

「はい!」


部屋に戻るとメールが入っていた。

Hisae様

SF小説を書いて下さい。

私は長年入院生活をしております。

たぶん一生涯病院もしくは、何らかの施設で余生を送ると思います。

このメールも通常のキーボードではなく、口に咥えた特殊なペンで操作しています。

私、視神(ミカミ)美子を主人公にした小説をお願いいたします。

内容は、スーパーマンです。

但し、映画のスーパーマンの様に自由に空を飛び、人間の役に立つというものではなく、
ミクロのスーパーマンになり人間の体内に入って、人間の身体にダメージ与えている
様々な菌やガン細胞を撃退するという能力を持った人間、そんな女の子視神を描いてほしいです。

Hisaeさんならではのタッチで、リアルに描いてくれると信じて申込いたします。

余命少ない私の願いです。どうでしょうか?執筆して貰えますか?

視神 美子



重そうな仕事ね。

風呂入って考えるか。浴室から大きな声がした。

「アチャァ~~失敗した。髪洗ってもうた・・・今日、
美容室行ったばっかりだぁ~~が~~~っ」



風呂から出たHisaeはキーボードに手を置いた。

初めまして、視神様

仕事のご依頼ありがとうございます。

検討しましたが内容が難しい(重い)ため、少し考えさせて
下さいませ。私に書ける内容かどうか考えさせて下さい。

後日、メールで返答させていただきます。 Hisae



翌日、視神から又メールが入った。

お考えいただきましたでしょうか?

Hisaeは「コイツ、せっかちなやつだな・・・」と思った。

「昨日の今日では、まだ結論、出ませんよね。」

あったり前田のクラッカーよ・・・。

早速、返信した。

「視神様、仕事のことはもう少し時間を下さい。

視神さん、あなたに一度お会いしたいのですが、面会は出来ますか?」

「無理です。私は、とある病院の隔離病棟におります。下界とはメール
でのみ意思の疎通を図っております。ご勘弁下さい」

「では、視神さんの構想にある小説の概略をお知らせ下さい。Hisae」


視神からメールが入った。

「私は普通の高校生で、通学途中に交通事故に遭うんです。

それは生死を彷徨う事故で、それを契機に私は、特殊な能力に目覚めるんです。

その能力とは・・・私の身体が小さくなるというもので、小さくなった私は、
医師から見放された患者さんや、現代医学では解決できない病気を癒す
人間になるというものです」
視神

HisaeはPCの前にいた。

う~~~ん・・・今までには無い発想ね・・・。


視神様、お受けしたいと思います。

最後はどのような結末にしたいですか?  Hisae


ありがとうございます。感謝いたします。

最後は○○○でお願いいたします。 視神

解りました。努力いたします。 Hisae


よっしゃ、頑張るべあk!

その前に屁こいて、シャワー浴びようっと。



「1000分の1㎜」

あらすじ

これは普通の女子高校生Yosikoに起きたちょっと奇異な物語。

Yosikoは通学途中交通事故に遭った。

それは生死を彷徨う事故で、医者から両親に「覚悟して下さい」
と宣告されるほどの重体だった。

しかしYosikoは事故から2週間後奇跡的に意識を回復した。

その意識不明の2週間にYosikoは様々な体験をしていた。

退院後、Yosikoは自分の不思議な能力を駆使し、様々な敵と戦う様を描いた物語。



私は視神美子16歳高校生。

普通の女子高校生なの。学校も普通学校の普通科。

父親が普通のサラリーマンで、母親はパートでスーパーのレジ打ち、これも普通。
どこにでもある普通の3人家族です。

私にとっては普通が一番安心だった。でも、そんな普通がある時奇異な生活というか
体質になってしまったの。

これから話す内容は、そんな私の普通ではない体験の話しです。



それは下校途中に起こったの。

友人のアケミとリエと3人で、山中牧場のソフトクリームを食べながら
歩いていたら急に左から子供の三輪車が飛び出してきたの。

私はそれを避けようと咄嗟に後ろに飛んだの。そこから意識がないのよ。

話しでは、後ろに飛んだ時、頭を電柱に強打したらしい。

そして、病院に救急搬送された。それから2週間点滴だけだったの。

痩せるかと思ったら全然痩せなかった・・・

えっ!その間、何やってたかって?

そこなの!そこが肝心な話しなのよ!

病院に運ばれた時、私は病室の上にいたのよ。

で、もうひとりの私はベッドの上で体中に管やらいろんな医療具くっつけて寝てるの。

その横には両親と私の大好きな真智子婆ちゃんが居たわ。

そしたら、その浮いている私に「こっちにおいで」ってどこからか声が聞こえたの。

私が振り向いたら次の瞬間景色が変わってたの。

何処だと思う?

途中で解ったけど、私の身体の中だったのよ。

不思議でしょ?

そして、その声の主が「いろいろ、見てこよう」っていうの。
次の瞬間心臓の中にいたのよ信じられる?

でも私、見たんだもの。この目でちゃんと。

そして血管を通って上に流されたのよ。

次に出たのが脳だったの。そしたら又、声がしたの。

「この辺に血の固まりがあるから、自分で綺麗に掃除しなさい」って。

私は、云われるままにその血栓を取ったわよ。

時間は解らないけど最後の血栓を取除いたら急に意識が無くなったの。

そしたら、私ベッドらしき上にいたの。体中に管が付けられているし「なんだこりゃ?」と思った。

そしたら看護師さんが来て、次にお医者さんが来たの。

しばらくして、お母さんと真智子婆ちゃんが来て・・・

2人は泣いてたわ。

それから、私が二週間意識不明だったって聞いた。

内心「違う!私は意識あったのよ」って思ったけど結局云わなかった。

「どうしてって?」だってその間、自分で頭の血栓取ってたって 
言えないでしょ?

話しはこれから。

そして医者は「もう血栓はないし、意識もしっかりしてるから、
退院を許可します」って言ったので退院したの。

母と婆ちゃんは「先生のおかげです」と頭を下げてた。

でも私は「血栓を取ったのは・・・あ・た・し。この手で取ったの」って言ってやりたかった。

しばらく静養してから学校に行く事になったの。

これで、以前と変わらず普通に戻ったと思った。

そしたら、ある日の放課後。アケミちゃんがお腹を押さえて、
その場にうずくまったの。

私は、ただ事ではないと思ったわ。そして、アケミちゃんの肩に
手を置いたの。

次の瞬間、また、景色が変わった。

そこの雰囲気はまだ記憶に新しいのよ。そう!入院中に体験した
私の身体の中と同じ感じ。

そして、「アケミちゃん」って思った瞬間景色が変わったの。

そしたら、何かの管のような中にいた。その管には大きい固まりがあったわ。    
私が経験した固まりとは違うけど、これが痛さの原因!と思ったの。

私は又、手で取ることにしたのよ。そしたら案外簡単に取れて流れたの。

そして私が気が付いたら、アケミちゃんケロッとしてたの。

「アケミちゃん、大丈夫?」ってリエちゃんが聞いたら「急に痛みが取れた」って言ってたわ。

その時、私はまだ気付いてなかったのよ自分の能力に。

自覚したのは、それから数日が過ぎたころだった。

今度は、父が風邪を引いて会社を休んだ時。
                    
風邪の咳にしては、変な咳だなって思った。

母も父に「ちゃんと病院に行ってちょうだい」って言ってたわ。

私も母もそのまま家を出たのよ。

学校から帰宅すると父がぐったりしてたの。

私の呼びかけに反応しないし、凄い熱!私はビックリしてお母さんに電話したの。

その後、父の額に手をやったの、またあの光景だったのよ。

又、移動したの。今度は音がうるさいの、台風の風の様な、
びゅーびゅーとした音だった。

そしたら、たくさんの菌みたいな連中が、集団で透明な集団と
戦ってるのよ。

私は「これって、なんかマズくない?」って思ったわ。

だから、透明な集団に加勢したのよ。片っ端から手で叩いたり、
足でキックしたりね。そしたら、その菌がだんだん減ってきて、終いにはいなくなったの。

私の意識が戻ってすぐ母が帰宅したの。

私は何だか凄く疲れて、部屋で着替えてから父の所に戻ったら、
顔色が良いのね。ほっと一安心。

母は呑気に「熱も微熱だし、大丈夫よ」・・・だって。

私は「さっきは大変だったのよ!」って言ってやりたかった。

その時、気が付いた。もうひとりの「超!小さい私」が、病人の身体の中に入って、
悪いところを癒してるんだって。はっきり自覚した。



Hisaeは手を止めた。

肉体的にはこれで良し・・・と。

精神疾患には???今日はとりあえず屁こいて寝よっと。



Yosikoは月一度の検査で病院にいた。

待合室の向こうには、母に付き添われた娘さんが見えた。

青白い顔をしたその子が患者らしい。

その子は母に付き添われ心療内科に入っていった。

「18番さん」Yosikoの番だった。

例の医者が「Yosikoさん、その後どうですか?
レントゲン結果もなんの異常もありませんよ。来月もう一度検査
して異常がなければ、その次は半年後で良いですよ」

「お大事にどうぞ」看護師が言った。

Yosikoが会計を待っていると、隣の席に待合室にいたあの青白い顔の娘が座った。

彼女がハンカチを落としたのでYosikoが取ってやろうと
手を伸ばした、同時に彼女も手を伸ばしていてお互いの手に
触れた瞬間、Yosikoは彼女の中にいた。

「これは??彼女・・・?ここは何処?でも、なんか不安・・・」

次の瞬間薄暗い空間にいた「ここは何処?あれっ・・?」

向こうに女の子が座っていた。

その娘を見つめた瞬間その娘の横に立っていた。

自然に言葉が出た「どうしたの?」

その娘は怪訝な顔をして「あんた、誰?」

「Yosiko」

「で、なに?」

「私も解らない。気が付いたらここにいたの」

「だったら、あっちに行ってよ!」

「そうよね!じゃっ、そうする」

「チョット待って」その娘が言った。

「どうやって、ここに来たの?」

「解らない」

「あんた、自分で解らないの?面白い人ね・・フフ」

「私もそう思う」

2人は笑った。何か解らないけど笑った。

そうしてるうちに、廻り全体の空気感が明るくなってきた。

その娘が言った「あんたといると、楽しいね」さっきまでの彼女とは全然違ってみえた。

「私もあなたに会えて良かったわ。でも、ひとつ良い?」

「なに?」

「この空間、見てごらん。明るいでしょ?ここは、あなたの心なの。
本当は明るいのよ。人生楽しんでね。ガンバって!」

Yosikoはそう言っている自分に驚いた。なんで私がこんな事言うの??

次の瞬間、病院の待合室が目に入った。

あの娘が、会計している母親の後ろに立っていた。そして、Yosikoを見ていた。

Yosikoは我が目を疑った。

この娘がさっきの娘?全然、違うジャン!

青い顔をしたあの娘は何処に行ったの?・・そのくらい違った。



又、いつもの学校生活が始まった。

「Yosikoおはよう」声を掛けてきたのはリエだった。

「リエちゃんおはよう」

「Yosikoその後、からだの具合どうなの?」

「病院で検査したけど問題なかったわ」

「良かったね」

「うん、心配してくれてありがとう」

「リエちゃんはどう?」

「私は相変らず。でも、お婆ちゃんが最近元気ないの」

Yosikoが子供の頃から、自分の孫のようにリエと一緒に
可愛がってくれていた、リエの婆ちゃんだった。

「どうして元気ないの?」

「母親の話だと、一日中ぼーっとしてるって言ってた」

「ふーん」

「そうだ、今日の学校帰りに寄ってかない?お婆ちゃん、
Yosikoの顔見たら喜ぶかも」

「うん、解った。そうだ、お婆ちゃんの好きなどらやき買っていく」

「ありがとう、じゃぁ後で」


Yosikoは手みやげを持ってリエの家に行った。

「こんにちは、おじゃましま~~す」

リエが「お婆ちゃん、Yosiko連れてきたよ」

お婆ちゃんが「こんにちは、初めまして・・・」

母親とリエはビックリしてお互いの顔を見た。

リエが「なに言ってるの?Yosikoだよ、Yosiko」

「お婆ちゃん、Yosikoです。ご無沙汰してます」

「あっああ、Yosikoちゃん、ごめんね。最近、年のせいか忘れっぽいのよ。
ごめんなさいね」

「いえ。これ、お婆ちゃんの好きなどら焼き買ってきました。食べて下さい」

「Yosikoちゃん、ありがとうね・・」

「いえ」

それから2人はリエの部屋に行った。

「ごめんね、Yosiko。あんな感じなの」

「私は別に・・・気にしないで」

久しぶりのリエの部屋だった。

下から母親の声がした「みんなでどら焼き食べましょ。
お茶入れたから降りてこない?」

2人はリビングに行った。

母親が言った「頂いたどら焼き食べましょ」

お婆ちゃんはどら焼きの袋を開けるのに戸惑っていた。

「あっ!私、開けます」Yosikoが言った。

お婆ちゃんが手渡そうとした瞬間、Yosikoに手が触れた。
その瞬間Yosikoはある空間にいた。

先日の病院での空間を思い出した。今度は空気がどんよりと止まった感じがした。

よく視ると、小さい子供が4人遊んでいた。その横でお婆ちゃんが、
ニコニコしながらその子供達を見ていた。幸せそうな顔をしている。こんなお婆ちゃん、
見たことがなかった。

Yosikoは話しかけた「お婆ちゃん・お婆ちゃん」

なんの変化も反応もない。

「お婆ちゃん、Yosikoです。解ります?」

お婆ちゃんの視界にYosikoは入っていなかった。

Yosikoはその場から自分に帰った。


そして、リエのお婆ちゃんはまもなくして他界した。


Yosikoはこの特殊な能力を母親に話して聞かせた。

「そういう事なの。お母さんはどう思う?」

「本当なの?それ」

「だって、お父さんだって回復したじゃない。リエのお婆ちゃんだけは、
私が見えなかったみたいなの。どういう事かまだ解らないけど・・」

「じゃあ、お母さんで試してよ」

「お母さん、具合悪いの?」

「肩こり」

「肩こり?、それって病気なの?」

「頼むわよ、痛いの」

「じゃあ、肩に触るね」

Yosikoは母親の右肩に手を置いた。

肩に意識を集中させたら、また違うところに移動した。何処?ここ・・

Yosikoの意識に「視神経」と浮かんだ。
そこがパンパンに張って炎症を起こしていた。

Yosikoは手でさすり始めた。まもなく神経が弾力性を
取り戻しピンク色の状態になった。

こんな感じかな?と思ったら勝手に違う部位にYosikoは移動した。

あれ??何処?・・「卵巣」えっ?

心にまた浮かんだ。

なんだろ?「卵巣のう腫」あの声が聞こえた。

Yosikoが聞いたことのない病名だった。とりあえず腫れてそうな所をさすった。

意識が戻った。

「肩こりは視神経の炎症だって。視神経の辺りが腫れてたから、
私がさすっておいた。あと、卵巣のう腫って云うのがあって、それもさすっておいた」

「さっきから肩の痛みが取れたよ。目が原因だったの?
それと・・・なんで卵巣のこと解ったの?まだ誰にも言ってないのに」

「目をさすり終わったら、急に何処か解らない場所に移動してたの。
そしたら卵巣って教えてくれた。そして「卵巣のう腫」って声がしたの。
そこに大きな腫れがあったから、さすっておいたの」

母親は最初、半信半疑だったが、信用せざるおえなくなった。

「解ったわ、私は信用する。但し、この事は家族だけの秘密にしておこうね。
あんたも他言したら駄目よ。こういう事は慎重にね」

「はい」


Yosikoはやがて高校を卒業し、OLをして結婚。
25歳で第一子を出産し2児の母親となった。

絵に描いた様な、ごく普通の平和な4人家族だった。

Yosikoが40歳の年だった。16歳になった長女が下校途中
ビルの屋上から落下物があり頭を強打した。

その場から救急搬送された。奇しくも母親のYosikoが24年前
交通事故で運ばれたあの病院だった。

訪れた家族は医者から宣告された。

「お嬢さんは、頭部の延髄、つまり生命維持を司る部位が損傷してます。
残念ながら時間の問題と思われます。我々も全力を尽くしますが
最悪の状況も覚悟しておいて下さい」

Yosikoは思い出した。私の時と同じ医師だった。
これも何かの運命なのか?。

同時にYosikoに長年、封印していた遠い記憶が甦ってきた。

「先生、私をこの子に付き添わして下さい!お願いします!」

「許可します」母親の気迫に押された医師は許可した。

「まゆみ・・・」Yosikoはそっと娘の手を握った。

24年前のあの感覚が蘇ってきた。

次の瞬間、意識はまゆみの頭部にあった。

Yosikoは所かまわず、必死に神経組織をさすりまくった。
みるみる間に腫れが引いてきた。

でも、肝心のまゆみの意識が見あたらない。

その時、リエのお婆ちゃんのことが思い浮かんだ。次の瞬間意識に繋がった。

そこに声がした 「旅立ち・・」

「イヤ!イヤ!イヤ!だ・だ・駄目!まゆみ、逝かないで・・」

「神様、まゆみと私の命を交換して下さい。どうかお願いします」

「まゆみ、聞いて。返事してちょうだい。ママよ。返事してちょうだい!」

遠くにぼんやりと明かりが視えた。

Yosikoは近づいた。

「まゆみ?」

「お母さん?」

「まゆみ!」

「お母さんどうしたの?」

「まゆみ、みんなの所に帰ろう。あなたには沢山やることがあるの。
ここで止まるわけにいかないの」

「やること?」

「そう、やること」

その時、まゆみとは違う意識をYosikoはキャッチした。

「役目終わり」

「待って下さい!この子はまだ16歳。まだなにもやってません。
これからです。どうか許されるなら私の寿命と取換えて下さい!」

「ちがう」

「えっ・・どういう事ですか?」

まゆみは蘇生し目を開けた。

「お母さん、お母さん」突然、まゆみは声を出した。

まゆみは意識を取り戻した。

横ではYosikoが倒れていた。

看護師が「お母さん、娘さんの意識がもど・・・???」

看護師は母親の異変を感じた。

「お母さん、どうしました?お母さん!」

Yosikoは反応しなかった。


娘のまゆみは退院した。

Yosikoは植物人間となり闘病生活に入った。

病名「くも膜下出血による意識障害」

END



Hisaeは手を止めた。

製本して送ろうと住所を聞いた。

数日経ても返信がない。

「どういう事?」

もう一度メールした。

返信が来た。

私、視神まゆみと申します。

PCメールを見て母宛にメールが届いていたのでびっくりしております。

母は、十数年前より意識がありません。

この度、私のPCに母、美子宛の着信があり返信しました。

どのようなご用件でしょうか?悪戯ならおやめ下さい。  視神まゆみ


なに?・・・Hisaeは理解できなかった。

とりあえず、Yosikoとのやり取りをそのまま添付してまゆみ宛てに送った。

返信がきた。

文面からして母の可能性があります。但し、母は十数年前より意識不明です。
不思議です。どういうことでしょうか?

あなた様の執筆なさった本にも興味があります。是非一度、お会いしたく思います。

宜しければ母の病室でお会いできませんでしょうか?

視神まゆみ

私がメールしていた視神美子はいったい誰なの? Hisaeは思った。

解りました。お母さんの病院にお届けいたします。
住所と面会日を教えて下さい。

面会当日になり、とりあえずHisaeは、本と見舞いの花を持って指定された病院に行った。

待合いロビーに、まゆみらしき女性が座っていた。

「視神さんですか?」Hisaeが声を掛けた。

「はい、Hisaeさんですね」

二人は簡単な挨拶を交わしYosikoの病室に行った。

「失礼します」

そこには、Yosikoと思われる、生命維持装置を付けた女性の姿があった。

「母のYosikoです。11年間この状態です」

Hisaeは一冊の本をYosikoの枕元にそっと置いた。

「出来上がりましたよ、大切なあなたの一冊です」

その時、Yosikoの目から涙がひとしずくこぼれ落ちた。

Hisaeはそっと手で拭き取った。瞬間、薄暗い部屋に意識が飛んだ。

戸惑っていると「Hisaeさん、Hisaeさん」何処からか声がした。

「もしかしてYosikoさんですか?」

「はい、Yosikoです。ありがとうございます」

「本の依頼はあなたですよね?」

「ハイ、これで旅立てます。まゆみにありがとうって伝えて下さい。
Hisaeさん、ありがとうございました」

Hisaeは意識を取り戻した。まゆみに今、起きた出来事を伝え
本を渡し病室を後にした。

まゆみは本を読んでるうちに涙が止まらなくなった。

間違いなく母しか知り得ない内容だった。

まゆみが事故にあった時の母の心の描写が今、明かされたからだった。
まもなく、Yosikoはこの世を去った。

Hisaeがその死を知ったのは、一通のメールだった。

差出人はYosikoだった。

これで旅立てます。本当にありがとうございました。 Yosiko



Hisaeはいつもの生活に戻った。


ふと、思った。

ところで、「1000分の1㎜」の執筆代金は誰が払ってくれるの?

神様?・・・閻魔様?・・どっちでもいいから払ってよね~~!

??で、請求書はどっちに送ればいいのよ?

??で、住所は?誰が配達するの?

??これ、面白い題材ね・・頂き!

Hisaeは他人の身体の一部に手を触れると自分が1000分の1㎜になり、
身体の中に入り込み、病気を癒すという能力が備わっていた。

その力に気付くのは、ずっと後のことだった。

 The End
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。