スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Hisae】全8話-3


3「アーティスト」

 今年も桜が咲いて綺麗・・・

桜と云えば花見酒・・・てかっ・・桜もち食いてえ~

桜餅と酒買ってこよっと。

Hisaeは桜餅を口に入れながらPCを開いた。

一通のメールが来た。

なになに?

「初めまして。私は55歳を迎えたばかりの何処にでもいる、
いたって普通の主婦で山口美和と申します。

Hisaeさんの仕事に興味を持ち主人と相談し、早速メール致しました。

私と主人の光晴は音楽を生業として食べることを夢見る2人でした。

YAMAPAミュージックコンテスト地区大会で優勝しましたが、
県大会では落選してしまいました。

以後ストリートミュージシャンを数年やって子供が出来たのを
期に普通のサラリーマンとして生きてきました。

ごく普通の何処にでもいる音楽に憧れ挫折したというパターンの夫婦です。

せめて小説の中だけでも私達をシンガーソングライターを
生業とするミュージシャンとして描いて頂きたくメールいたしました」


Hisaeはメールを返した。

「ご依頼いただきありがとうございました。この依頼、受けさせて
いただきたいと思います。

つきましては、小説をリアルなものにしたいので、
お2人で作った曲名と曲風。

書き表したい想い出に残るエピソードなどをお聞かせ下さい。

まずは、あらすじを書いてみますのでご確認ください」

あらすじ

これは、自分達の創作した音楽が、多くの日本人の心に、安らぎと
感動を提供した男女ユニットミュージシャンの物語。

昭和48年。多数の有名人を世に送り出したYAMAPA
ミュージックコンテスト。

地方予選を勝ち抜いてきた男女2人のユニットが全国大会で
見事グランプリを獲得し、日本音楽業界に数々の功績を残したした
ミュージシャンの物語。

そのミュージシャンの名はMitu & Miwaそうこれは
日本の音楽業界に多大な影響を与えたMitu&Miwaの
半生を描いた物語。

学生時代から夢見た音楽家への道。

一風、順調にみえる2人であったが他人に言えない挫折そして再起。

心の葛藤と歓喜。

そんなMitu&Miwaの物語。


昭和45年。2人は同じ中学の同級生。

隣町のレコード店で同じジャンルのレコードをMituとMiwaは
偶然探していた。

隣の女の子の顔を見てMituはビックリした。

「おや、Miwaどうしたの・・・」Mituが訪ねた。

「私、井上陽水が好きなの、でレコード見てたの・・Mitu君は?」

「僕は、岡林信康」

そんな話から2人は意気投合した。

そこからMitu&Miwaの物語が始まった。

これでどうかな?・・・と。

Hisaeは山口美和にメールした。


「ありがとうございます。あらすじだけでも何だかワクワクします。
そのまま執筆をお願いいたします。 山口」


もう一度、Hisaeは質問した。

「了承いたしました。こちらからの質問ですがお2人の作った曲名と歌詞を
差し支えなければ、数曲教えていただければよりリアル感が生まれますが・・

あと書いて欲しい事柄やエピソードがあったら教えて下さい。 Hisae」

「曲名は、『笹舟・SANGA・絆』の3曲です。

歌詞は何処にでもある内容です。恥ずかしいので勘弁して下さいませ。山口」


「Mitu & Miwa」

昭和45年、Mitu13歳 。フォークギターを抱えて札幌市の
レコード店でレコードを物色していた。

Mituのお気に入りは岡林信康。

岡林は日本フォーク界のパイオニア的存在だった。

アルバムを見ていたら隣の女性に肘が触れてしまった。

「あっ、すみません」

「いえ」

Mituが顔を上げたその先には同じクラスの女の子、
Miwaの姿があった。

2人はお互いビックリして手が止まった。

Miwaが「Mituくん、どうしたのこんなとこで?」

「どうしたって、レコード見てるんだけど・・・
Miwaこそフォーク聞くんだ・・・?」

「私、井上陽水が好きなのよ、でレコード見てたの。Mituくんは?」

「僕は、岡林信康だな」

Miwaが言った「岡林もいいよね。私も手紙やチューリップの
アップリケが好き・・関西フォークって、語りも面白いし。
ライブバージョンなんて最高よね・・」

「僕も陽水は聞くよ。今までのフォーク歌手にない
透き通った歌声とメロディーラインが好きだよ」

「Mituくん、これから用事あるの?」

「別にないけど」

「良かったら、ウエシマ喫茶店でコーヒー飲まない?」

「いいね、フォークの話しようか?」


二人は向き合って座った。

Miwaが「私、嬉しいの。私達の年代ってみんな、郷ひろみ・秀樹・
五郎の御三家でしょ。だから感覚が合わないのよね」

「同感。男も小柳ルミ子や南さおりだとかだから、
可愛いけど・・・歌の方向性がいまいち合わないよ。
まあ南さおりはオレ的には大好物なんだけどね・・」

Miwaはメロンソーダを吹き出した。

「Mituくん、面白い・・・ところでMituくん、
そのギター弾いて歌ってるの?」

「ああ、親にねだって買ってもらったばっかりなんだ。
コードは一通り憶えたよけど。少しぎこちないけどね」

「私も同じなの。ハイコードがぎこちないのよ・・・」

「ハハハハ・・・」

2人はすっかり意気投合した。

Miwaが「今度、ギター持って家においでよ。アルペジオ
教えてくれない?」

「良いけど、僕も練習中だから教えるまでいってないよ」

「いいの。二人でギターの練習しようよ」

二時間程話してから店を出て別れた。


数日後、MituはMiwaの家にいた。

「ここにあるレコード見て良い?」

「お好きにどうぞ」

「へ~~。ロックも聴くんだね」

「うん、最初は洋楽だったのね。でも歌詞が解らないから、
だんだん日本のフォークに入れ込んだの」

「解るよ。僕もそう思ってた。やっぱりダイレクトで歌詞を
味わいたいよね。

英語の字面や・発音だけじゃあ、いまいちだよね。

ツェッペリンの天国の階段や・ELP・サイモンとガーファンクルや
ボブディランなんて特にそう思うんだ」

「Mituくんは感性まで私と似てる・・・うけるんだけど・・」

「本当だね。岡林も良いけど、五つの赤い風船も好きなんだよねぇ」

突然Miwaが「今度、私と曲を作ってみない?私が作詞するから
Mituくんが作曲ってのはどう?」

「オリジナル・・?」Mituの顔が輝いた。

「うん、好いかもしれないね。僕、作ってみるよ」


「楽しそう・・オリジナルなんて考えてもみなかったもん」
Miwaも心が弾んだ。

Mituが「アップテンポの曲ととバラード調の曲を作るね」

Miwaが「ところでどっち先に作る?作詞?作曲?」

Mituは「出来れば作詞を先にして欲しい。その詩をイメージして
曲作りをしたいんだけど」

「解ったわ。その代わり、絶対笑わないって約束して・・・いい?」

「了解。出来あがったら学校で渡してくれる?なんか楽しみだな~」

「私もう緊張してきた・・・」

二人は、同じ趣味を語り合える人間と出会った喜びに感動した。


数日後の放課後、MiwaはA4の封筒をMituに恥ずかしそうに
渡した。

「これ・・・宜しく・・・」

「ああ、お疲れ・・・」受け取ったMituも照れていた。


家に帰ったMituは部屋に入り封筒を開けた。

レポート用紙2枚が入っていた。女の子らしい丸い文字が印象的だった。

「どれどれ・・・笹舟とSANGA」


Hisaeは手を止めた。

今日はこの辺で勘弁してやる。

アタシは屁こいて寝る!

Hisaeはベッドの上で瞑想に入った。

瞑想はHisaeの日課。急に心にある思いが沸上がってきた。

私が簡単な作詞をするか・・それともメールで問い合わせして
実際の詞を組み入れるか???


とりあえず本人にメールしてから寝ようっ・・・と。

Hisaeはメールをしてから寝た。

「Hisaeです。小説は順調に進んでおります。

これから作詩りに入ります。
実際の笹舟はバラード調でSANGAはUPテンポで良かったですか?

それと作詞は実際のものをリアルに使った方がよいのか?

架空の作詞にした方がよいのか?(私が勝手に作ります)

その辺を確認して欲しく、メールしました」 


Hisaeは屁こいて寝た。


翌朝PCの電源を入れるとメールが一通来ていた。

Miwaさんからだった。


「お気使い、ありがとうございます。

メールの件ですが若き頃、私が書いた詩を添付いたします。
とっても恥ずかしいです。

でも、折角の小説の為、恥を忍んで送ります・・・
Miwa」



笹舟(バラード調)

今も心に残る
あの日、あなたが最後に作ってくれた笹舟
夕日が眩しい川面の中で
あなたは、呟いた。
これで最後だねって
私の頬に止めどもなく流れ落ちる涙
もういいの、私は決めたの
私は思いをこの笹舟に乗せて
旅立つことにするの

私の思いはずっとあなたと一緒
あなたが逝ったその時から
私はあなたと一緒なの
だから私は旅立つ この笹舟に乗ってあなたのもとへ
だから私も旅立つ この笹舟に乗ってあなたのもとへ

etc

SANGA(UPテンポ)

都会が闇に包まれた時
お前は俺に語りかける
自由の長い旅に出てみよう
束縛のない自由な旅
そこに、お前を狂わす何かがある
そこに、お前を狂わす人が居る
そうさ、お前は旅に出るんだ
そうさ、お前はあるがままに あるがままに
今まで、見つけられなかったお前だけの居場所さ
お前らしく、お前らしく

ジャンプ、今、旅に出よう
ジャンプ、今しかない
ジャンプ、自分に帰ろう

ジャンプ、今、旅に出よう
ジャンプ、今しかない
ジャンプ、自分に帰ろう

etc

メールに詩が添付されていた。

ベタだけど、中学生の少女が書いた詩にしてはけっこういいジャン。

この詩にどんな曲がついたのかな?

Hisaeは、曲も聴いてみたい衝動に駆られた。



Mituは読み終わってからひと息ついた。

「これ中学女子の詩?今の日本フォークの連中に通用する詩だよなぁ・・・」


Mituは、わずかな重圧を感じ曲作りに入った。

1週間で完成した。

学校でMituはMiwaに報告した。

「出来たよ。でも僕、楽譜に出来ないから・・・」

「解ったわ。今日、私の家に来れる?」

「うん、了解。掃除当番だから若干遅くなるけど、それに家から
ギター取ってだから4時迄には行けるから」

「解った。待ってる」

緊張した面持ちの二人だった。

ピンポーン・ピンポーン

「ハイ、どうぞ」

Miwaの部屋に通された。

「なんか緊張するよ」Mituが呟いた。

「私だって緊張してます」Miwaが自分の胸に手を当てた。

「じゃぁ・・笹舟からいくね」

Amから始まるしっとりとした前奏から入った。

ギターテクニックはまだまだ荒削りだったが笹舟が川面に揺らめく
様子と、詩の内容のようにどこか淋しげな感じが伝わってくる
メロディーラインだった。

Miwaは拍手した。

「続けるね・・・SANGA」

曲のはじめはアルペジオでしっとりとバラード調。詩の変わり目から
ストロークで激しく表現した。

「Mituくん、凄い・・私、感動した。Mituくん、お世辞抜きで
作曲の才能あると思う」

「いやぁ、詩の内容がボブディランや岡林風だったから、
いちじはどうなるかと思ったんだけどなんとか出来たよ」

「私、譜面に起こすからコード進行教えて」

これがMitu&Miwa、初の合作であり処女作でもあった。

2人なりにアレンジをして曲は新たに編曲も加わり、素朴でありながら
力強さの感じられる曲となった。

2人は、週に2~3度笹舟とSANGAを練習した。

そして自然の成り行きで、お互いに意識し合い交際するようになっていた。

2人は同じ高校に進学した。

高校三年の春。MiwaがMituに提案をした。

「ねぇ、オリジナルの中からどれか一曲選んでYAMAPA
ミュージックコンテストに応募しない?」

その頃には30を越えるオリジナル曲が出来上がっていた。

「えっ、あの中島根雪も出たYAMAPAの・・・?
冗談だろ・・恥ずかしいよ・・」

「何よ、思いで作りでどう?」

「想い出?もうMiwaとの想い出は十分出来てるよ」

「高校生最後のよ」

MituはMiwaに押し切られる形で渋々了承した。



Hisaeは休憩した。

よし、順調と。久しぶりに風呂入るか・・3日ぶりだった。



ここは、YAMAPAミュージックコンテストの地区予選会場。

2人は「Mitu&Miwa」という名でエントリーした。

曲は2人の処女作「笹舟」を選んだ。

YAMAPAミュージックコンテストには、この歌が審査員受けするかも・・
という理由だった。

コンテストは同世代から20歳代後半と思われる人達がエントリーしていた。

出番を待つ2人に突然後ろから女性が「ねえ、君達も出るの?私もなの。
緊張するわよね」

Miwaが応えた「はい、そうです。緊張しまくりです」

「お互い、本選に向けて頑張ろうね」

女は勝手に言って勝手に去っていった。

Mituが言った「あのオバサン・・感じ悪・・」


「次はエントリーナンバー18番、大友祐子・・・曲名、傷心」

Mituが「あっ、さっきのオバサンだ・・・」

「あなたの~~燃える背中。だんだん小さくなる」

会場はその曲と歌声に魅了された。

Mituは呟いた「何という出だし。そして歌唱力と雰囲気この
オバサンすげ~~っ」

曲が終わると今までで一番盛大な歓声と拍手。


「なにパワーに飲まれてんのよ。そろそろよ」強気なMiwaだった。

「Miwa、あんがい冷静だね・・」

「だってしかたないでしょが・・・あの人はあの人なんだから」

「まっ、そうだけど・・・」


「エントリーナンバー、22番、Mitu&Miwa・・・曲名・・笹舟」

アナウンスが流れ2人はステージに立った。

Miwaがマイクに向かって「笹舟、聞いて下さい」

編曲されたイントロは川のせせらぎを感じさせる調べ。
アコスティックギターの繊細な金属音が会場に響いた。

「今も心に残るあの日 あなたが最後に作ってくれた笹舟・・・」

出だしは、Miwaの繊細な声で始まった。

曲半ばからMituがハモりを入れ歌い出した。

全体にまとまりのあるアレンジで詩の内容のような繊細さが
アコスティックギターの音色で表現され観衆の心に届いた。

会場は大友祐子の時とは違った意味で、拍手と歓声が響きわたった。


2人は高校生らしく深々とお辞儀をし楽屋に戻った。

また、後ろからあの声がした「良かったわよ」大友祐子だった。

Miwa「あ・ありがとうございます」


発表の時が来た。

地区予選の2組が全国本選への出場資格をもらえる。
選ばれたのは大友祐子とMitu&Miwaだった。


帰りの列車の中で「どうする?」Mituが言った。

「どうするって?」

「本選に出るかってこと」

Miwaは「ここまで来たら出るのが当たり前じゃないの。
それともMituくん、びびってるの?・・・もしかして」

「いや、僕達まだ未成年者だし。親の承諾をもらわないと・・」

「いいわ、Mituくんに任せる・・断るならそれでもいいけど・・・
私たち当選で、他の落選した人たちに申し訳ないよ」

Miwaは憮然とした態度で沈黙した。

後日、MituがMiwaの両親の了解を得ようとMiwaの家に
訪問していた。

緊張のMituは「お父さん、お母さん。・・・と言うわけで本選に
東京まで行かせて下さい。僕達2人、悔いを残したくないんです」

「お願い」Miwaも頭を下げた。

父親は2人に「いい想い出を作って来て下さい。結果に囚われず
2人で楽しんで来て下さい。父さんと母さんは応援するよ」

2人は心がスッキリした。


東京武道館「YAMAPAミュージックコンテスト全国大会」

Miwaが「とうとう東京本戦に来たのね私達」

「ああ、とうとう来てしまったね。最初は冗談で応募したのに
テープ審査2回と地区予選、県大会、そして全国大会か?
なんかあっという間にここまできたよね」

「ほんとね」


Miwaの後ろから肩を叩く人がいた。

振り返るとあの大友祐子だった。

「大友さん、お久しぶりです」Miwaは親しみを込めて挨拶をした。

「とうとう本選まで来たわね。笹舟、あれはいい曲よ。お互い
頑張りましょうね」

「大友さんこそ傷心最高です。ガンバって下さい」


大友祐子は2番目の出場だった。

大友の堂々たる雰囲気とそれを上回る声量が観衆を引きつけた。

遠くで見ていたMituとMiwaは大友の素人離れしたステージに
感心していた。

そしてアナウンスが入った。

「つぎはエントリーナンバー28、北海道Mitu&Miwa・曲名・笹舟」

会場に拍手が響いた。 

「高校生、ガンバれよ!」


Mituのアコスティックギターの前奏から入った。

やはり本選は音が桁違いに良い。

2人は音楽の神に取り憑かれたように歌った。

練習では絶対に出ないギターの音が2人の心を高揚させた。

音そのものを楽しそうに身体で感じていた。

地区予選とは何かが違う?やっぱり本選のパワーは凄い。
MituとMiwaはそう感じていた。


コンテストは終わった。

2人は「審査員特別賞」を受賞。

帰郷した2人は翌日双方の家に結果報告の挨拶に向かった。


Mituが「しばらく会うの、よそうよ。今回のことで頭が真っ白に
なったんだ」

「私も真っ白になってるの。なんか、心にぽっかり穴が開いたようなの・・・」

2人は連絡を取り合うのを控えた。

ふた月程経った頃学校から帰ったMituを待ち受けていた人間がいた。

「こんにちは、突然ですみません。私はムーン・ミュージックの林と申します。

先日のコンテストを見まして、君たちとお話しがしてみたくて
お邪魔させてもらいました。
この後Miwaさんのお宅にも電話して伺う予定です」

「で、ご用件は何でしょうか?」Mituが言った。

「早速ですが、社でも今回の笹舟という曲が非常に評判が良く、
レコーディングの話が出てるんですよ」

「はぁ・・?」

「それで、君たちが良ければ、我が社で用意したスタジオで本格的に
録音してみないかと思いましてここに来ました」

「レコーディングですか・・・笹舟を・・」

突然のことでMituは呆然としてしまった。

「条件等について詳しくは後日正式にこちらから連絡します。
今日は挨拶だけということで、この足でMiwaさんの所にも
顔出して帰るつもりです」

「あっ、はい、解りました」一緒に居た母親は急なことで戸惑いを
隠せなかった。


「ご主人にも宜しくお伝え下さいませ。では、今日は失礼いたします」

翌日、2人は久々にMiwaの家で話をした。

「Miwaはどう思う?」

「Mituくんが良ければ、私はOKだよ・・このまま進学して就職するのも
良いけど、自分の好きな音楽で食べていくのも良いかなって思ってる」

「僕も同じ意見なんだ。万一売れなくて他の道を行くようになったって全然、
遠回りとは思えないんだ。

やらないで後悔するんだったら今やって後悔したい。
たぶん、やったら後悔しないと思うけどね」

「じゃあ、決まりだね。後は未成年だから親の承諾ね」

Miwaの声は弾んでいた。

2人の心はコンサート以降穴が開いたままだった。

やっと2人はやる気が出て来た。


Hisaeは手を止めた。
ここらで何か企んでいたのだった。

ここまでは順風満帆ね。  

さて、どうしたものか??


その後、2人はデビューをして順調に10年が過ぎた。


2人は10周年コンサートの打合せをしていた。

林が言った「君たちのデビュー10周年コンサートを全国ツアーという
形でやってみないか?どう?」

「そっかあ、デビューして10年経つのか・・」Mituが呟いた。

「ほんと、あっという間に過ぎたのね。がむしゃらに歩んだ10年だった・・
本当に早かった」

そんな矢先だった。ムーンミュージック倒産の連絡が林から2人にあった。

負債総額30億円の倒産。緊急会議が行われた。

役員の1人である林が2人に説明した。

「今回の件は僕も寝耳に水で、最近の音楽業界はCDが全然、
売れなくなっていたらしい。

その事は聞かされていたが、倒産の憂き目にあっているとは・・知らなかった。

おまけに、経理の山田くんが2億円の横領をしていたらしいよ。

とりあえず君たちはヒット曲があるから、どこかのレコード会社が
拾ってくれると思う。明日から意識を切り替えて頑張って欲しい」


2人は自宅に戻った。

「Miwaはどう考える?」

「まだ30歳だし多少の蓄えもあるから子供作ろうかな・・」

「それも良い考えだ。子作りは早いほうがって言うからね」

Miwaは臨月を迎えた。分娩室に行く前に2人は顔を見合わせ
アイコンタクトを交わした。

どのくらいの時間が経っただろう・・依然、産声が聞こえてこない。

Mituは看護婦さんに訪ねた。

「奥さん、がんばってますよ。もうすぐです」

看護婦さんが走り出した??ただ事ではない雰囲気がMituに
伝わってきた。

「ご主人さん、先生から緊急にお話があります」

別室に通されたMituが聞いた事とは。

「ご主人、お子さんの首にへその緒が絡まっていまして
危険な状況にあります。 

このまま帝王切開に切り変えますが、母子共に無事という保証はありません。

万が一の状況も考慮して下さい。

全力を尽くします。やむを得ず選択する場合当医院では母親を優先します。
ご了承していただけますか?」

「はい、お願いします。意義ありません」

Mituは初めて「神」に祈った。

「神様。どうかどうか2人を無事生かして下さい」


「おぎゃ~~~っ・おぎゃ~~~っ」元気な産声だった。

「生まれたか・・妻は???」


「奥さん、無事出産なさいましたよ。頑張りましたよ」

「ありがとうございます。で、妻は?」

「はい、今、処置をしてますからお待ちくださいね。もうすぐ会えますよ」

2人の顔を見るまで安心できないMituであった。

30分して看護婦が呼びに来た。

「ご主人さん、お待たせいたしました。こちらへどうぞ」

2人は部屋にいた。

「おう、お疲れさん・・頑張ったな」

Miwaの胸に抱かれた子は女の子だった。

「こんにちは、あなたの父親です。初めまして」


30分程して看護婦さんが病室に来た。

「ご主人さん、奥さんお疲れのようですのでこの辺で」

「あっ、はい」

Mituは部屋を退室した。


マンションに戻り、Mituは名前を考えていた。

その時、電話のベルが鳴った。

「はい」

「山口さんですか?」

「はい、そうですけど」

「こちら、西南産婦人科ですが」

「はい、お世話になってます」

「今すぐ病院に来ていただけますか?」

「何かあったんですか?」

「奥さんの出血が止まらず様態が急変して一度、心肺停止したんです。
今は蘇生してますが不安定な状況なんです。至急、病院にお戻り下さい」

「はい、解りました」

MituはMiwaに念をとばした。

「頑張れMiwa!!・頑張れMiwa!!
 
子供がお前の胸に抱かれたがってる。

頑張れMiwa!!・頑張れMiwa!!子供がお前の胸に
抱かれたがってる。

頑張れMiwa!!・頑張れMiwa!!
子供がお前の胸に抱かれたがってる」

Mituは病院に着いた。

医師が「ご主人、今は身体は安定してますが意識が混乱してるようです。
声を掛けてやってください」

「Miwa、Miwa・・・Miwa」

遠くで赤ん坊が鳴き声を上げた。

Miwaの眉が微かに動いた。

Mituが「看護婦さん、娘をここへ連れてきてもらえないですか?」

赤ん坊が看護婦に抱かれて入ってきた。

「看護婦さん、娘を泣かせて下さい」

医者が頷いた。

看護婦は医者の指示に従った。

赤ん坊は大きな声で泣いた。

Miwaの眉が動いた。赤ん坊の鳴き声に反応していた。

医者が看護婦に指示した「この際、赤ちゃんを大泣きさせなさい」

看護婦は「ごめんね・・・」と小声で言った。

赤ちゃんの尻を3回叩いた。

「おぎゃ~~~ ・おぎゃ~~~ ・ おぎゃ~~~」

Miwaの目から涙が流れた。

次の瞬間、Miwaの目が微かに動いた。

そして、手が動いた。何かを探しているようだ。

Mituが「赤ん坊をMiwaに・・・・」

泣いている赤ん坊をMiwaの横に寝かせた。

確実にMiwaは赤ん坊を捜していた。

Miwaの指と赤ん坊が触れた瞬間Miwaの目が開き赤ん坊を見た。

Miwaの強い母性本能だった。

母性本能がMiwaの意識を呼び戻したのだ。

Miwaは「Mitu・・・どうしたの?さっき帰ったんじゃ?」

医者は「もう、大丈夫!」と無言でMituに目配せした。

退院の日にはMiwaの両親が来ていた。

2週間、Miwaと赤ん坊は里帰りだった。

赤ん坊はピリカと命名した。


それから月日が過ぎ、

MituとMiwaはデビューして37年経過した。


一人娘のピリカも25歳になり一児の母親になっていた。

母親になってからのMiwaの詩は深みが増した。

MituとMiwaは数多くのヒット曲を世に送り出し、

日本音楽業界で揺るぎない地位を確立していた。


その後もMituとMiwaの活動は生涯続いた。
END


よし出来た。

Hisaeはキーボードを叩く手を止めた。

早速製本し表紙を付けて送った。


山口美和 様

一通の手紙が入っていた。

この世で1冊だけの本「アーティスト」出来上がりました。
Hisae


山口美和からメールが入った。

この度はありがとうございました。

作品の内容にとても感動いたしました。

でも、読んでいて驚いたことがあります。

私の出産の描写ですがこの小説と同じだったんです。

お話ししていないのに出産シーンが克明に一致している事にビックリです。

そう、私も帝王切開、しかも心停止してるんです。

驚きました。

思い描いていた世界がそこにこの本の中にあるんです。

とっても感激してます。ありがとうございました。

追伸
主人のMituは昨年、心筋梗塞で他界しました。

息を引き取る前「僕達、あのまま歌い続けてたらどうなったかなぁ。
今度、生まれ変わったら本当に音楽で飯、食っていこうよ」と話していました。

その言葉が頭から離れず今回は小説の中ですが主人の意向に沿った人生にしたく、
お願いいたしました。

この小説はレクイエムでもあるんです。

本当にありがとうございました。                         

山口美和


END
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。